Hatena::Grouporiginallove
トップ 最新の日記 ユーザー登録 ログイン ヘルプ

バベルの塔または火星での生活 このページをアンテナに追加 RSSフィード



[INFO]:情報 [LIVE]:ライヴ [RADIO]:ラジオ出演 [TV]:テレビ出演 [MAGAZINE]:雑誌掲載 [WEB]:Web掲載


オリジナル・ラブに特化したブログです。最新情報から個人的な雑感まで。
最近の情報は[INFO]をご覧ください。[INFO]の日付は、1次情報の出た日付としています。
情報の内容に関しては良心に基づき正確を期しますが、一切の保証はいたしかねます。各自での再確認を切にお願いいたします。

2010年1月12日より、ID変更に伴いURLが変わりました。旧ブログは、移行作業が完了次第削除します。permalinkを使っている方にはリンク切れとなってしまいますが、ご了承ください。

2005/12/07(水)

続・ニューアルバムのタイトル

| 続・ニューアルバムのタイトル  - バベルの塔または火星での生活 を含むブックマーク 続・ニューアルバムのタイトル  - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

g:originallove:id:keyillusion:20051129:p3

バラくまさんのコメントでやっと思い出した。「キングスロード」というどこかで聞いた響き。たしかにロンドンのストリートだ。そればかりではない。ここはブリティッシュパンクの発祥の地なのだ。マルコム・マクラーレンがブティックを開いた場所。ここの常連客がジョニー・ロットンだった。パンクといえば、当人も公言しているように田島の音楽的なルーツ。POPといいつつ実はそっちの意味もあるんじゃないのかな、という妄想の真偽は、9日(金)発売の『MARQUEE』インタヴューでハッキリするのだろう。

実はロンドンのキングスロードへは行ったことがある。時代は変わり、パンクとは程遠い(というか本来の)小洒落たショッピングストリートだった。パンクっぽいイメージは、北側のカムデンの方が強かった。