Hatena::Grouporiginallove
トップ 最新の日記 ユーザー登録 ログイン ヘルプ

バベルの塔または火星での生活 このページをアンテナに追加 RSSフィード



[INFO]:情報 [LIVE]:ライヴ [RADIO]:ラジオ出演 [TV]:テレビ出演 [MAGAZINE]:雑誌掲載 [WEB]:Web掲載


オリジナル・ラブに特化したブログです。最新情報から個人的な雑感まで。
最近の情報は[INFO]をご覧ください。[INFO]の日付は、1次情報の出た日付としています。
情報の内容に関しては良心に基づき正確を期しますが、一切の保証はいたしかねます。各自での再確認を切にお願いいたします。

2010年1月12日より、ID変更に伴いURLが変わりました。旧ブログは、移行作業が完了次第削除します。permalinkを使っている方にはリンク切れとなってしまいますが、ご了承ください。

2006/08/19(土)

After Summer Love

|  After Summer Love - バベルの塔または火星での生活 を含むブックマーク  After Summer Love - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

yokoさんの「田島中毒。」で、「ファン層拡大キャンペーン用CD」という企画をやっています。その人の「自身」が否応なく出てしまうところが選曲作業の面白さ(であり怖さ)ですが、実際、どの選曲も大変面白いものとなっています。ぜひ、コメント欄をご覧ください。

では自分もさっそく…と思い作業に取り掛かってみたところ、本題ではないところに頭を奪われ、その誘惑に勝てませんでした。それは、ポニーキャニオンの曲で『Summer Love』を作ったらどうなるか?ということ。てなわけで、作ってみました。

題して『After Summer Love』。

(『Summer Love』については、こちらをどうぞ。下を読む前に一読されることをお勧めします。)

選曲基準は

 1.『DESIRE』~『街男 街女』のオリジナル・アルバム7枚から。

 2.各アルバム、均等に2曲ずつ。

 3.シングル曲OK。

 4.テーマは、「夏向け、リゾート」。

1.のルールで『RAINBOW RACE』を外すわけですが、あれは「バンド時代」のアルバムだったということで見送り。2.で2曲ずつ選んだときに、CD1枚に入りきらないというのもあります。3.については、『Summer Love』に実際そういう制約があったのかどうかはわからないのですが、ここではその制約を入れませんでした。

そして、できた結果はこれ。

  1. ムーンストーン
  2. 沈黙の薔薇
  3. 日曜日のルンバ
  4. 愛の薬
  5. ビター・スウィート
  6. アンブレラズ
  7. 欲しいのは君
  8. セックスサファリ問題OK
  9. 黒猫
  10. 呆気ない幕切れ
  11. 夜の宙返り
  12. 羽毛とピストル
  13. 美貌の罠
  14. 哀しいノイズ

…自分のブログなので、恥ずかしげもなく苦心譚を書きますが、いや、これ本当に大変でした。入れたい曲、好きな曲をできる限り排したつもりなんですが、自分の感情を抑える作業は、かなりのストレスを誘います。『Summer Love』はやっぱり偉大です。

それにしても、ポニーキャニオンの曲で「夏らしさ」が出るかな?という不安は大きかったのですが、思ったよりはまとまったように思います。爽やかな夏と、暑苦しい夏とでうまくバランスを取れた…つもりです。そういう意味では、「沈黙の薔薇」は外せませんでした。「シングル曲NG」というルールだったら、もう大変です*1。『Summer Love』の2曲目「スクランブル」もタイアップ付きだったわけだから、まあいいでしょう?と勝手に納得。

「8.のどこがリゾート?」という疑問が一番あると思いますが、これは『Summer Love』における「愛のサーキット」選曲への自分なりの回答です。1→2の流れも苦心しましたが、そのボサノヴァ風のサウンドが欲しかったので、あえて1.を先頭に持ってきました。ファン目線になると、なかなか1曲目には選べないのではないでしょうか。おかげで、14.からリピートして延々と流すこともできるようになっています。

ところで、実はこの選曲には、シークレットトラックがあります。


ある曲を、「夏っぽさ」ということで最初は入れていたのですが、これが入るとどうしても全体のバランスが重くなってしまう。「クール」が身上の『Summer Love』の意図からは少し外れそうで、リゾートに行ってまでそんなに力みたくないよな、という曲だったので上では外しました。が、「自分用」ならば(そもそもこの企画自体そうなんですが(笑)、まぁあえて自分の感情を出すとすれば)この曲が入ります。

15.水の音楽

この場合、「1枚2曲」ルールを優先するならば、当然10.が外れるわけです。

*1:それにあえて挑むのが「太郎的」なんだろうな、と思ってみたり。