Hatena::Grouporiginallove
トップ 最新の日記 ユーザー登録 ログイン ヘルプ

バベルの塔または火星での生活 このページをアンテナに追加 RSSフィード



[INFO]:情報 [LIVE]:ライヴ [RADIO]:ラジオ出演 [TV]:テレビ出演 [MAGAZINE]:雑誌掲載 [WEB]:Web掲載


オリジナル・ラブに特化したブログです。最新情報から個人的な雑感まで。
最近の情報は[INFO]をご覧ください。[INFO]の日付は、1次情報の出た日付としています。
情報の内容に関しては良心に基づき正確を期しますが、一切の保証はいたしかねます。各自での再確認を切にお願いいたします。

2010年1月12日より、ID変更に伴いURLが変わりました。旧ブログは、移行作業が完了次第削除します。permalinkを使っている方にはリンク切れとなってしまいますが、ご了承ください。

2007/02/05(月)

『キングスロード』の再評価

| 『キングスロード』の再評価 - バベルの塔または火星での生活 を含むブックマーク 『キングスロード』の再評価 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

キングスロード

この「独りカラオケ」で嬉しい発見があった。『キングスロード』は、全曲歌うことができる。

1,2,3,5,7曲目だけじゃないの?と思った方は甘い。スモーキー・ロビンソン&ミラクルズの「You've Really Got a Hold on Me」、ペトラ・クラークの「Down Town」、ロネッツの「Be My Baby」、フォーククルセダースの「青年は荒野を目指す」はオリジナルとしてちゃんと入っている。ここまでは、まぁわかる。一番驚いたのが、Pink Floydの「See Emily Play」があるということ! *1さすがシングルになっただけのことはある?

で、当然のように両方を歌い比べてみた。それでわかったのが、『キングスロード』の田島の日本語は、非常に「歌いやすい」ということだった。聴いている以上に、声に出してみると非常にかつぜつ(滑舌←なぜか変換できない。理由はこちら)がいいのだ。例えば、1曲目「ヒット曲が聞こえる」の「ハチのように刺して去った」という最初の一節。「ハ」という明るい音を曲の(アルバムの)冒頭に持ってきたのは、ぜったい偶然ではなく狙ったことだと思った。実際にそう歌ってもいるし。この一節は、「"さ"して"さ"った」と同じ音を続けているのも小気味が好い。

他にも「タッチ・ミー」の「さわってさぁベイベ」は、聴いていると恥ずかしい限りだが、歌ってみるとなんとも語呂がいい。大嫌いだった「さよなら、ルビーチューズデイ」も、それらほどには開眼する要素はなかったものの、サビの歌詞は、実に歌っていて美しく自然な日本語になっているように思った。しかも原曲の意味を損ねることなく、そういう芸当をやり遂げているのだから、田島の言語能力たるや恐るべし。

そういえば、アルバム発売当初に、

このアルバムは「歌詞」を重視したアルバムであると思っている。でも実は、まだ1回も歌詞カードには目を通さずに聴いている。歌詞をじっくり読みながら聴く楽しみはまだこれから、というつもり。それによってまた違う印象も出てくるだろうと期待しているので。

ORIGINAL LOVE - バベルの塔または火星での生活 - 『キングスロード』第一印象

と書いていたが、すっかりサボってしまっていた。これはきちんとやらなくては、と痛感した。

[補記]こちらでやりました。

http://originallove.g.hatena.ne.jp/keyillusion/20070314/


恋の片道切符

恋の片道切符」は、平尾昌晃のも歌ってみたが、私情を排しても田島の訳詞の方が優れていた。平尾版(訳詞:音羽たかし)は、後半が英語のままだった。歌詞としても、何かこなれていない感じがあった。

調べていて知ったのだが、山下敬二郎、ミッキー・カーチスと並んで、「ロカビリー三人男」といわれていたそうだ。「恋の片道切符」は彼ら3人のレパートリーでもあったらしい

http://loveshop-record.com/modules/shop/index.php?main_page=product_info&products_id=57

さらに調べたら、細野さんがベース弾いているのもあった。

http://www7.plala.or.jp/keeplistening/1972rec.html

山口百恵も歌っていたりする。

http://www.who.ne.jp/modules/pukiwiki/?IdolDiscography%2F%A4%E4%B9%D4-%A4%E4%2F%BB%B3%B8%FD%C9%B4%B7%C3

*1:それよりも「Wish You Were Here」があったことの方がうれしくて、ついつい先に歌ってしまったことはナイショだ。