Hatena::Grouporiginallove
トップ 最新の日記 ユーザー登録 ログイン ヘルプ

バベルの塔または火星での生活 このページをアンテナに追加 RSSフィード



[INFO]:情報 [LIVE]:ライヴ [RADIO]:ラジオ出演 [TV]:テレビ出演 [MAGAZINE]:雑誌掲載 [WEB]:Web掲載


オリジナル・ラブに特化したブログです。最新情報から個人的な雑感まで。
最近の情報は[INFO]をご覧ください。[INFO]の日付は、1次情報の出た日付としています。
情報の内容に関しては良心に基づき正確を期しますが、一切の保証はいたしかねます。各自での再確認を切にお願いいたします。

2010年1月12日より、ID変更に伴いURLが変わりました。旧ブログは、移行作業が完了次第削除します。permalinkを使っている方にはリンク切れとなってしまいますが、ご了承ください。

2007/02/15(木)

HEIWA REAL BEAT 12/16放送分

|  HEIWA REAL BEAT 12/16放送分 - バベルの塔または火星での生活 を含むブックマーク  HEIWA REAL BEAT 12/16放送分 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.allnightnippon.com/realbeat/index?go=top&line=40

rararapocariさんのエントリ中でも触れられていた田島貴男×渋谷陽一対談(渋タジ対談)。ようやく気持ちの整理がついてきたので読んだ。

ちなみに自分にとって渋谷陽一は、ORIGINAL LOVE的大恩人である。1992年6月のこと、氏がDJのNHK-FMのミュージックスクエアで、「日本のロック特集」として「スキャンダル」をオンエアしてくれた。まさに身体に衝撃が走った。「日本にもこんなカッコイイロックがあるのか!」とシビれた。結果、今こうなっている。*1

それにしても渋谷陽一、「鍵、イリュージョン」聴きとばしてんじゃないの?と思うくらいの『街男 街女』の貶め方だ。『東京 飛行』を誉めたい気持ちと、言っていること自体はよくわかるんだけど、自分が持っている不満点については見事にスルーしている感じがした。

田島の喩えを借りれば、『東京 飛行』はチョコレート抜きのアーモンドチョコ。肝心の周りがなくて中身剥き出しっていうか。

次回作、渋谷陽一プロデュースでやってほしいなぁ。

*1:ちなみに、このとき、もうひとつシビれたバンドがいた。エレファントカシマシだった。後日、両方聴こうと行ったレンタルCD屋に『結晶』しかなかったのが、運命の分かれ道。