Hatena::Grouporiginallove
トップ 最新の日記 ユーザー登録 ログイン ヘルプ

バベルの塔または火星での生活 このページをアンテナに追加 RSSフィード



[INFO]:情報 [LIVE]:ライヴ [RADIO]:ラジオ出演 [TV]:テレビ出演 [MAGAZINE]:雑誌掲載 [WEB]:Web掲載

***このブログでは、「ひとりソウル2017」ツアーのセットリストを掲載しています。「ネタバレ」を気にする方は御注意ください。***
オリジナル・ラブに特化したブログです。最新情報から個人的な雑感まで。
最近の情報は[INFO]をご覧ください。[INFO]の日付は、1次情報の出た日付としています。
情報の内容に関しては良心に基づき正確を期しますが、一切の保証はいたしかねます。各自での再確認を切にお願いいたします。

2010年1月12日より、ID変更に伴いURLが変わりました。旧ブログは、移行作業が完了次第削除します。permalinkを使っている方にはリンク切れとなってしまいますが、ご了承ください。

2008/03/05(水)

『DESIRE』並べ替え

| 『DESIRE』並べ替え - バベルの塔または火星での生活 を含むブックマーク 『DESIRE』並べ替え - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

syonansagamiwanさんが『DESIRE』並べ替えという面白いことをやっていた。

http://blogs.yahoo.co.jp/syonansagamiwan/15584913.html

2曲目が「ブラック・コーヒー」であることに不満を持った過去の拙記事が元になっているのだが、ここまでのものになってなんだか面映い。

最終的にsyonansagamiwanさんの結論はこう。

  1. Hum a Tune
  2. 黒猫
  3. ガンボ・チャンプル・ヌードル
  4. 青空のむこうから
  5. Words of Love
  6. ブラック・コーヒー
  7. Masked
  8. 日曜日のルンバ
  9. プライマル
  10. 少年とスプーン

Hum a Tune」~「黒猫」の流れは実際にやってみるとたしかに最強。聴いていて、「これは傑作アルバムじゃないか?」という、10年以上遅れの眩暈に襲われた。まさに「欲望」というアルバムタイトルが、ストレートに響いてくるような気がした。「青空」の次の「Words」も綺麗な繫がりだし、問題の「ブラック・コーヒー」もこの位置ならピタリとハマって聴こえる。

上の並びは眺めれば眺めるほど非常に自然な流れで、田島もおそらく考えた並びのひとつなのではないかと思う。ではそれならば、逆になぜ現在のような形になってしまったのか?という疑問に思いいたる。それはたぶん、曲ができた順がそのまま並んでいるためなのではないかと思うのだが、どうか。(シングル曲と「少年とスプーン」は別として)

ところで『DESIRE』といえば、アルバムタイトルの理由がよくわからなかったのだが、最近その理由らしきものを田島が語っていたので、メモ代わりに残しておく。

結果的に『Desire』までがひとつの流れだと思います。民俗音楽的なリズムをポップスの中に当てはめていくというのが、『風の歌を聴け』から始まってるので。サンバ、ニューオーリンズのセカンドラインがあって、『Desire』ではトルコ音楽まで行っちゃうんですけど。でも当時は、そういうマニアックなことを聞いてくる人は誰もいなかったね。

特集 / ロックンロールニュース

民俗音楽のさまざまなリズムを「ポップス」という形に悪戦苦闘して纏め上げることが、'96年ごろの田島のやりたかったことだったわけだ。『風の歌を聴け』の余波は、実は『DESIRE』まで続いていて、その煮えたぎる気持ちが「欲望」というアルバムタイトルになったのか、とようやくわかった。

2008/03/01(土)

「ARABAKI ROCK FEST.08」に出演決定

|  「ARABAKI ROCK FEST.08」に出演決定 - バベルの塔または火星での生活 を含むブックマーク  「ARABAKI ROCK FEST.08」に出演決定 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

4月26日・27日 宮城・エコキャンプみちのく

出演日は現在未定。第2弾発表。

http://arabaki.com/