Hatena::Grouporiginallove
トップ 最新の日記 ユーザー登録 ログイン ヘルプ

バベルの塔または火星での生活 このページをアンテナに追加 RSSフィード



[INFO]:情報 [LIVE]:ライヴ [RADIO]:ラジオ出演 [TV]:テレビ出演 [MAGAZINE]:雑誌掲載 [WEB]:Web掲載

***このブログでは、「ひとりソウル2017」ツアーのセットリストを掲載しています。「ネタバレ」を気にする方は御注意ください。***
オリジナル・ラブに特化したブログです。最新情報から個人的な雑感まで。
最近の情報は[INFO]をご覧ください。[INFO]の日付は、1次情報の出た日付としています。
情報の内容に関しては良心に基づき正確を期しますが、一切の保証はいたしかねます。各自での再確認を切にお願いいたします。

2010年1月12日より、ID変更に伴いURLが変わりました。旧ブログは、移行作業が完了次第削除します。permalinkを使っている方にはリンク切れとなってしまいますが、ご了承ください。

2009/04/30(木)

ショウマンのLIVE

| ショウマンのLIVE - バベルの塔または火星での生活 を含むブックマーク ショウマンのLIVE - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

動画というのがどうにも苦手だ。「斜め読み」も「ながら聞き」もできないし、観ているその時間がそこにすべて縛られてしまうことに息苦しさを感じる(実は、映画をめったに見ないのも同じ理由)。ブログなんかで張られていても、よほど気が向かなければ通しで見ることはまずない*1

当然、自分からオリジナル・ラヴの動画を探すこともしない。しかし、それは動画の苦手意識もあるけれど、そもそも、大体は手元に録画してあるはずだから。(それをデジタル化する手段はないので、自分が「神」になることはできない)

しかし、今日ひょんなことで見つけたこの「ショウマン」。全部見たのだが、どこで放映されたものなのか、ちっとも思い出せない。セットが組まれていて、オーディエンスの声も聞こえず、ご丁寧に字幕まで入っていて、こんなスタジオライヴの「ショウマン」なんてあったっけ? 

[追記]
nekoさんのコメントより、2000年11月16日放映NHK「トップランナー」と判明しました。
http://archives.nhk.or.jp/chronicle/B10002200090011160130203/

それにしても、こんなにメロウなアレンジもまた、たまらない。アルバム(『ビッグクランチ』)でのずっと絶頂に達しているような歌い方とは、また違う良さがある。「オリジナル・ラヴ バラードの最高傑作」との確信をまた深めてしまった。オリジナル・ラヴといえば「接吻」「プライマル」だけと思い込んでいる人は、本当に損していると思うよ。

*1:「ほぼ日」での動画は1本も見たことがないくらい。

2009/04/27(月)

5月5日 NHK-FM「ライブウィズフレンズ」に田島がスタジオゲスト出演

| 5月5日 NHK-FM「ライブウィズフレンズ」に田島がスタジオゲスト出演 - バベルの塔または火星での生活 を含むブックマーク 5月5日 NHK-FM「ライブウィズフレンズ」に田島がスタジオゲスト出演 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.nhk.or.jp/fm-blog/200/18012.html

去年末の田島出演ライヴ「Saltish Night Vol.12」のオンエア。「接吻」「プライマル」を放送予定*1

オンエア自体のニュースは前にも出ましたが、このニュースは「スタジオトーク部分」にも田島が出る、ということです。こりゃなお一層、聴き逃すわけにゃいかん。

Lindaさん、ありがとうございます。

賢者と愚者と

| 賢者と愚者と - バベルの塔または火星での生活 を含むブックマーク 賢者と愚者と - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

田島の「Voice」。バイク話、映画話だと飛ばし読みする(笑)が、音楽話や創作裏話、あるいは今日のような田島の「雑感」が、「Voice」では好きな話題だ。

「賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ」って誰が言った言葉なんだろうなあ。

Tajima’s Voice 2009.4.27(月)付

続きを読む

*1:「遊びたがり」はなしか…(涙)

2009/04/26(日)

平野啓一郎『日蝕』と『RAINBOW RACE』

| 平野啓一郎『日蝕』と『RAINBOW RACE』 - バベルの塔または火星での生活 を含むブックマーク 平野啓一郎『日蝕』と『RAINBOW RACE』 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

弁解(『RAINBOW RACE』で興味を惹かれた方への)

今回のエントリは、長いです。しかも、いつもに比べてより晦渋な内容に感じられるかもしれません。少なくとも、あまり気楽にスラスラと読める内容ではないとの自覚があります。

お昼休みとか就寝前とかに軽く見ておこうかな、という方は、まるごと無視していただいても差し支えありません。ポッカリと時間の空いたときの、暇つぶしのために読んでくださるほうが、むしろ好ましい読み方であると思います。*1

  RAINBOW RACE RAINBOW RACE


平野啓一郎の『日蝕』という小説を、kubotarenさんのブログより知った。


続きを読む

*1:[雑感]カテゴリ自体がそういう存在ですが。

2009/04/24(金)

Happy Birthday dear baby

| Happy Birthday dear baby - バベルの塔または火星での生活 を含むブックマーク Happy Birthday dear baby - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

田島御大、43歳。

去年、おめでとうエントリをしなかったので気づかなかったのだが、去年は厄年だったのね。去年活動をしなかったのは、まさかそのせい…?

他の丙午ミュージシャンはどうだったんだろうね。

2009/04/23(木)

ここがイヤだよ『東京 飛行』

| ここがイヤだよ『東京 飛行』 - バベルの塔または火星での生活 を含むブックマーク ここがイヤだよ『東京 飛行』 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

東京 飛行

東京 飛行

ここをお読みのみなさんは、現時点での最新作『東京 飛行』を最近聞いてますか?

続きを読む

テーマ変更 と コメント欄

| テーマ変更 と コメント欄 - バベルの塔または火星での生活 を含むブックマーク テーマ変更 と コメント欄 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

本日、2007年7月2日以来の、背景のテーマを変えました。イメージは「初夏」です。でも、夏になっても変わらないと思います。

また最近、コメントを多くいただけるようになったので、コメントのフォントを少し大きくしました。

この「はてなグループ」では、はてなダイアリーや普通のブログのようにコメントを記事ごとに格納することができません。[INFO]目当ての方には、それが案外ウザかったりするのかもしれませんが、どうぞ我慢してください。コメントやトラバがあってこそのブログなのです。こちらにも楽しませてくださいよ。コメントを下さる方は、そんな事情など歯牙にもかけず、これからもビシバシとコメントお待ちしております。

一方で、コメントが常に表示されることにハードルの高さを感じられておられる方もいらっしゃると思うのです。そんな方は「はてなスター」を活用してください。「Web拍手」のようなものです。はてなユーザーでなくても、livedoorなどが対応しています。fc2が対応していないのが惜しいですが…。

http://d.hatena.ne.jp/hatenastar/20071102/1193975833

あと個人的なつぶやきですが、もっと情報が見やすくなるような新しいサイトを画策中なのですが…まださらに時間がかかりそうです。あ、このブログがそれで消滅することはない予定です。

2009/04/20(月)

「HOT STARTER 09」ツアー オフィシャルに掲載

| 「HOT STARTER 09」ツアー オフィシャルに掲載 - バベルの塔または火星での生活 を含むブックマーク 「HOT STARTER 09」ツアー オフィシャルに掲載 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.originallove.com/WebSite/news82.html

今回のニュース記事は、単に「お知らせ」で載せているのではなく、文章にちょっと力が入っているのが嬉しい。

オリジナル・ラヴとしては久しぶりのツアーとなり、嵐の予感。
今回は今まで以上にソリッドでタイトな最新型のオリジナル・ラヴを魅せます。
暑い夏をぶっ飛ばせ!

いいですねえ、「嵐の予感」! こんなフレーズが出てくるあたり、なんだか『ビッグクランチ』のころを思い出す。しかも、田島本人のコメントが、またイカす。

今回は、約20年前オリジナル・ラヴを始めた頃の初心に戻って、ギターバンドスタイルのシンプルなロックの編成で、ダイナミックな音楽をやってみたいと考えています。暑い夏を吹き飛ばすような楽しいパーティにしようと思っていますので、みなさん、ぜひ遊びに来てください!!

Tajima’s Voice 2009.4.20(月)付

「ギターバンドスタイルのシンプルなロックの編成で、ダイナミックな音楽」ということは、「個人授業」からも大きく外れることはなさそうだ。こりゃ、バラード歌手なんかになっている場合じゃないかもしれない。

「ピストル・スター?」のリリースにはじまり、『キングスロード』『東京 飛行』と、最近はすっかりソリッド感のあるギターサウンドに凝り固まってきたオリジナル・ラヴ。個人的にはどうにも馴染めないでいたのだが*1、これはひょっとしたら、次作はその方向が昇華された決定版になるのかもしれない。それも、自分にとっても嫌な方向へではなくて、「あぁこういうことがしたかったのか!」と納得できるようなもの。『ELEVEN GRAFFITI』でそれまでの生音重視から改宗されて出てきた打ち込みサウンドが、3年かかって『ビッグクランチ』で結実したように。

いやぁ、なんだかワクワクしてきた!

*1:ここのクダリについては、http://originallove.g.hatena.ne.jp/keyillusion/20090423/tokyohikoで再考察。

2009/04/19(日)

TBS「うたばん」にCaocao出演

|  TBS「うたばん」にCaocao出演 - バベルの塔または火星での生活 を含むブックマーク  TBS「うたばん」にCaocao出演 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.tbs.co.jp/utaban/

今、Googleで「うたばん Caocao」を検索すると、このブログがトップに来る。今のところ4月1日付がリンクされているが、いずれこのエントリがトップに来るのだろう。なので、細かい情報はこちらに書いておく。

今回、初出の情報はhttp://voyaking.jugem.jp/?day=20090331より(ベーシスト西山史晃氏のブログ)。収録は先月末ということになる。

田島貴男が地上波TVに出たのは(昨日18日の「おっぱいバレー」特番や映画関連ニュースを除いて)、2006年に「明日の神話」関連でいくつかの番組に出たとき以来。「うたばん」に出たのは、1997年5月27日に「GOOD MORNING GOOD MORNING」を歌って以来(このときはスタジオライヴのみでトークなし)。http://homepage2.nifty.com/cradle/data/utaban97.html

ドラムはDVD版でも叩いている榊孝仁氏。http://www.sakakitakahito.net/090316-caocao.shtml

田島本人の感想は「Voice」2009.4.16(木)および2009.4.20(月)付を参照。

Youtubeを期待した方は、「e001」で検索。

個人的な感想は、次エントリを参照。

Googleのせいなのだろうが、カウンターが普段の数倍をマークしている*1ことに、自分でも可笑しいから少し笑った。


「うたばん」でCaocaoを見た

| 「うたばん」でCaocaoを見た - バベルの塔または火星での生活 を含むブックマーク 「うたばん」でCaocaoを見た - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

番組ダイジェスト

  • Caocaoは「新人ユニット」として紹介。番組中「オリジナル・ラヴ」という言葉は一度も出なかった。
  • 田島がいっくん(ELTの伊藤一朗)と同じ空気を持っているという話
  • そのいっくんから二人へのプレゼント。いっくんのカオの口の部分がプリントされた「いっくんマスク」。着けると妙に似合っている田島
  • 自炊にハマっている持田さん。自宅で精米機を買った。
  • そんな持田さんへ、番組が全国各地からご飯のお供を用意。(ココデCMハイル)
  • Caocao個人授業」のスタジオライヴ(持田メインの1番と最後のサビだけのダイジェスト版)
  • あとはご飯のお供を食べるだけ。岐阜の白米「龍の眸」でいろいろ食べる。栃木の納豆「大三元」。沖縄の油味噌「あんだんすー」。東京のエシャレットキムチ&えごまのキムチ。えごまの葉のキムチ田島のお気に入り。「ご飯何杯でもいける」と言う田島に仲居が「"何杯でも"はないんじゃないですか?」とツッコミ。最後に銀座若菜「とうふ味噌漬」
  • 田島の妙なノリが可笑しいらしい仲居。持田に「いいの見つけてくんなーホントに。『うたばん』用にユニット組んだんじゃないの?」とツッコミを入れて番組終了。

田島の評判

今回は田島としては本当に久しぶりの人気番組の出演で、現在の田島の評判が普段よりも広くたくさん拾えるいい機会でもある。ここではkizasi風に、リンクなしでコメント抜粋。

  • あれじゃ田島さんの魅力が伝わりきってないわっ!納豆食ってる場合じゃないって(笑)
  • 変な人っぷりが全開で素晴らしかったです。
  • なんかさ、田島チック症状がでてんのが気になった。才能あふれる繊細な男だからな。
  • うたばんで観たけど・・・・これ、田島だけじゃダメ?
  • 久々にオリラブ田島みたわぁ~
  • テレビで見たのは久しぶりな感じで、なんとなく違和感・・・
  • 時の流れにくらくらくる。田島貴男4年後には のど自慢大会で 審査員とかやってそう。
  • ちょっと、「田島キャラブレイク」までにはちょっと遠いね。(笑)
  • 田島さん、いっくんとあまり変わりません(笑)
  • なんか、いっくんぽい!!ギャハハハ(≧▽≦) 次のコンサートツアーでは、サプライズゲストとかで登場してくれへんかなぁ~なんて思ってしまいました(´Д`;)
  • イジられキャラっぽかったですね。
  • 見たことない男性が出て来たから『えぇ~~ELTってもう イッくんじゃなくなっちゃったの~』って 娘たちと びっくりしてた
  • 持田さんが選んだ相方はさっそく いっくん同様いいいじられっぷりを見せてくれたねw
  • どんな人かわからなかったんだけど、今日見た限りだと、自由人な印象。それに、明らかにテレビ慣れしてない感じだった。
  • 名前しか出てきませんが、貴島サリオ?と名前が似ています。(^_^;)
  • 本日2組目のゲストは持田真紀と斉藤?さんのユニット「○○○○・・・・・」。映画「おっぱいバレー」の主題歌のためのユニットらしい。
  • 持田さんと・・・誰か←

…はぁ疲れた。こんなに丹念に他の人のブログを追ったのは初めてだ。ブロガーは女性の方が多いんだな。なお、フレーズとして面白いと思ったものを抜き出したので、本来の文意と違って読まれてしまう文章もあるかもしれませんが、ご勘弁を。

個人的感想

実はこの番組「うたばん」を見たのは、今まで2度しかない。はじめて見たのは、もちろん10年前の「GOOD MORNING GOOD MORNING」だったが、この演奏以外は興味もなく見なかった。だから仲居&石橋のトークを見たのは、「予告でCaocao出るかも」という理由でTVを点けていた水谷豊ゲストの先週がはじめてだった(後半になったら堪えられず回してしまったのだが)。あまりの音楽話のなさに、まさか「個人授業」の演奏はない?…とかなり心配だったのだが、ライヴをやってくれてホッとした。

田島は、「Caocaoではもっちーのプロデューサー的立場」と言う言葉とは裏腹に、先週までのラジオ出演では喋りっ放しだったのだが、今回は慣れないTVのためなのか、だいぶおとなしかった。それでちょうどいいと思った。Caocaoは、持田香織がメインのこの状態が本来の姿だと思う。

しかし、演奏となるとやっぱりオーラが出てしまっていた。もっちーが悪いのではない。カメラ目線などの「魅せ方」は、さすがアイドル出身だと思わせるものがあったが、音楽的なパフォーマンスからしたら、さすがに田島の存在感に勝てるものではない。キース・リチャーズばりに大きなアクションでギターをカッティングし、ヴォーカルの声量はちっとも「バック」コーラスになっていない。

つくづく田島は「バッキング」の仕事に向かない人だ。それが怖くてbirdのプロデュース作品を未だに聴いていないのだが、今度確認してみよう…。

ORIGINAL LOVE と EVERY LITTLE THING

|  ORIGINAL LOVE と EVERY LITTLE THING - バベルの塔または火星での生活 を含むブックマーク  ORIGINAL LOVE と EVERY LITTLE THING - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

「うたばん」の出演が、Caocaoの話題のクライマックスだろう。しかも、これが最後の話題となるのではないか。映画は先日封切られ、Caocao二人それぞれの本来の活動もすでに決まっている。

Caocaoも最後ということで(勝手に決め付けてる)、これまで感じていたことを。

田島貴男って誰?」「オリジナル・ラヴまだやってたのか!」というのは、まぁ今回実に良く見かけたフレーズだったのだが(もちろん、そう言われても仕方がないのはわかっている)、こちらも負けじとELTのことは、ほとんど活動内容も曲も知らなかった。彼らの楽曲で自分の中に引っかかってきたことがあったのは、「Time Goes by」に、まるで時が刻々と流れるような淡々ぶりが見事だなぁ、思ったことくらいか。メンバーが3人から2人になったのも、そういえばどこかで聞いたという程度で、それも2、3年前のことかと思っていたくらいだ。

今回、持田香織関連でいろいろとELTのことも「知る」(「聴く」にまでは至っていません。すいません)こととなったが、割合平穏なバンド人生なのかと思いきや、ドラマチックな歴史を持ったグループだったのが意外だった。

http://homepage2.nifty.com/keitai_mochi_ai/idol_menu/kaori_mochida_menu3.html

もちろん、このページで読むことのできる、グループの様々な「転換点」は、10年もグループをやっていればどこにでも起こることだろう。その中でもとりわけ、オリジナル・ラヴのそれは、メンバーの増減*2もさることながら、ファンが完全に置き去りにされてしまうほど、特に音楽面で激しい。そのことについては、以前からぜひ紹介したかったのだが、このtkstさんのページが、コンパクトかつ的確にまとめられている。

http://tkst1221.jugem.jp/?cid=44

もし持田香織(ELT)のファンがここを見ているようなことがあれば、ぜひ読んでみてください(もちろん、オリジナル・ラヴファンもぜひ。オレにもこれだけの編集力と文章力があればなぁ…。)。オリジナル・ラヴの魅力の一つには、この音楽に対する貪欲なまでの探究心があるわけです。常々思うのですが、田島貴男は、「音楽」そのものが服を着て歩いているような存在なのです。

さて。田島貴男の魅力といえば、そんなミュージシャンとしての圧倒的な存在感にあると言えるだろうが、一方で持田香織の魅力について、いくつかのファンサイトを見て感じたことがあった。それは、田島が「Voice」で言っていた、こんなようなことなんだろうな、と。

持田香織さんの歌は、なにかコットンのシャツのような、柔らかい日だまりのような気持ちのいい歌なんだな。素直で可愛らしくて、すこし切ない感じ、すこし寂しい感じがある。ELTのアルバムを通して聴いていると、切ない引っ掻き傷が治っていって、持田さんの微笑みのような声が後に残る感じなんだな。男の子、おじさん、女の子、みんなが、持田さんの虜になってしまうのがよく分かる。

Tajima’s Voice 2009.4.9(木)付

田島ファンはその熱さを愛している一方で、持田ファンはそのたおやかな雰囲気を愛しているように感じた。Caocaoは、そんなキャラクターの相反するこの二人がユニットを組んでいること自体が稀少だったように思える。やっぱり「個人授業」以外にも何か見たかったな。いつかまた、共演して欲しい。

[追記]
Voice」によれば22日(水)に「個人授業」の打ち上げがあったそうだ。

*1:それでも大したことはないんですが。

*2:頭数が増えたこともありますよ。

2009/04/18(土)

NTV「おっぱいバレー」笑って、泣いて、胸いっぱいスペシャル!! にCaocao出演

| NTV「おっぱいバレー」笑って、泣いて、胸いっぱいスペシャル!! にCaocao出演 - バベルの塔または火星での生活 を含むブックマーク NTV「おっぱいバレー」笑って、泣いて、胸いっぱいスペシャル!! にCaocao出演 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.tvais.jp/tv_dte.php?tv_id=236077

「NTV」ということで、今日の放映は関東圏の放送。各地の放送日は下記リンクをチェック。

http://opv.blog81.fc2.com/blog-entry-31.html

Youtubeにあるよ」と、今、隣の部屋から天の声が聞こえました。見逃した方はチェック。(そういう系の情報の直リンクは自粛させていただきます)

思っていた以上に出ています。試写会でのライヴ(一部)もあり。監督、主演女優、Caocaoの4人が一つ部屋に集まって進行されています。「Voice」でも触れられていた田島の中学生時代の話は爆笑モノ。Caocaoだけへのインタヴューもあり。

さすが、映画自体も観たくさせる作りになってる。時間あったら行くかな。

  • 「シネマガ」拡大版 「おっぱいバレー」公開記念スペシャル!!(30分)

という番組もあることに、今気づいた。ただし、そちらに田島が出ているかどうかは不明。

青森は来月までOKだが、福岡なんてとっくに終わってるじゃん!

2009/04/16(木)

ORIGINAL LOVE、夏の東名阪で2年半ぶりワンマンツアー

| ORIGINAL LOVE、夏の東名阪で2年半ぶりワンマンツアー - バベルの塔または火星での生活 を含むブックマーク ORIGINAL LOVE、夏の東名阪で2年半ぶりワンマンツアー - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://natalie.mu/news/show/id/15528

HOT STARTER」ツアーの話。このブログを見るようなファンには当然知られているわけだが、一般的には今日が情報公開ということになるのか。

個人授業」の人気で、ファン層を拡大している田島貴男

そうだといいなぁ…(なぜ願望?)。

持田香織もEvery Little Thingとしてライヴをやるようですね。Caocaoの活動は、残念ながら今月一杯というところでしょう。

http://oops-music.com/info/view_news_rss.html?nid=47046&ref=kizasi

実にどうでもいい話だが、自分は「Every Little Thing」のバンド名の由来を、長いことポリスの「Every Little Thing She Does Is Magic」だと思いこんでいた。女性がフィーチャーされたグループで'She Does is Magic'なんて洒落てるなぁ、なんて。ポリス熱が再燃していた田島は、そんな話*1をもっちーとしたりはしなかったのかな?

「HOT STARTER」ツアー一般発売日情報

| 「HOT STARTER」ツアー一般発売日情報 - バベルの塔または火星での生活 を含むブックマーク 「HOT STARTER」ツアー一般発売日情報 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

このタグ使うの久しぶり。Prime Tune会員でない方、チケット発売情報が出てましたよ。4/1発表の「HOT STARTER」ツアー一般発売です。

CLUB QUATTRO

WEB先行予約 4/18(土) 12:00~ 4/20(月) 18:00

名古屋
http://www.club-quattro.com/nago_info.php?year=2009&month=06&id=135060
心斎橋
http://www.club-quattro.com/shin_info.php?year=2009&month=06&id=135170
渋谷
http://www.club-quattro.com/ticket_info.php?id=134810

一般発売は4/25(土)

DISK GARAGE

SHIBUYA-AX公演:5月31日(日)

http://www.diskgarage.com/play/00057986.html

オフィシャルはなにやってんの?

| [[オフィシャル]]はなにやってんの? - バベルの塔または火星での生活 を含むブックマーク [[オフィシャル]]はなにやってんの? - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.originallove.com/WebSite/what.html

4/1の会報配送のときに同封されていた「ファンクラブ優先予約のご案内」の中で、一般発売を「後日ホームページでお知らせします」としていたのだが、18日現在、何の告知もなし。そればかりか、ツアー自体の情報が載っていない! 「いつものこと」とやり過ごしてもいいのだが、どうもこの対応の遅さには苛立ちを覚える。

[4.20追記]

20日(月)にツアー情報が出ました。週明けに出すつもりだったのかな?
ともあれ、よかったよかった。

http://www.originallove.com/WebSite/news82.html

個人授業」でメディアの露出も増え、また「プライマル」が複数のミュージシャンにカヴァーされ、オリジナル・ラヴが注目されている矢先のツアー。そういう時代の「波」が、今はあるように思える。もちろん、大きい波ではないかもしれない。しかし、それに乗る素振りさえ見せないのは、とても残念。

田島はきっちりと仕事をしながら「Voice」を書いているのに、そういう田島をしっかりとバックアップするのがオフィシャル・サイトの役割ではないのかな。ファンクラブに入っていないファンの方が多いはずなのである。そういうファンへ向けての情報も大事ではないか。それにまた、Caocao関連の「News」もCaocao公式サイトからのコピーばかりで、不満が残る。もっとオフィシャルならではのいろいろな情報を発信してほしい。(しかし、岡本太郎の伝記本にオリジナル・ラヴのことが載ったニュースは大変良かった)

発足して10年以上が経ったPRIME TUNEの活動も、現在は「年4回の会報発行」と「チケット優先予約」の2つしか活動がない(つまりツアーのないときは、会報だけのための存在なのだ)。毎号記載される「Eメールでの情報配信」も、初めて予告してからどのくらい経っただろう? 未だにやっていない。

かつてのような、オリジナルグッズの販売*2などの大掛かりなことは、今は期待していない*3。別に、いきなり多くを望んでいるのではない。もちろん、いつかはファンクラブの活動ももっと活発になって、サイトも「さすがはオフィシャル」と膝を打つくらいの充実ぶりを期待している。しかし、せめて今は、肝心な情報くらいオフィシャルが最初の発信源になってくれないものか。「ZIGZAG」の歌詞の通り、「今手がつくことからはじめる」の精神で、お願いしたいものだ(この曲の歌詞、嫌いなのに引用してやがるオレ)。

こんなとこで吠えてないで、PRIME TUNEに直接言えば?とのご心配は無用。実際にしました。

*1:むろん田島はちゃんとした由来を知っていたろうが。

*2G-SHOCKとかハーフコートとか売っていたんですよ、昔は。

*3:あのころは「音楽CDバブル」時代だった。今では不可能だろう。オリコン・チャートの分析サイトによれば、数字的にも本当にCDが売れない時代になっているようだ。http://blog.livedoor.jp/ustan777/archives/51507058.html

2009/04/15(水)

「プライマル」のクラシック化

| 「プライマル」のクラシック化 - バベルの塔または火星での生活 を含むブックマーク 「プライマル」のクラシック化 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

最近、「プライマル」のカヴァーのニュースが多い。改めてまとめてみると、こうなる。

アルバムミュージシャン発売概要
COSMETiC DRAMATiCオムニバス2009/04/15ドラマタイアップソング
つるのうたつるの剛士2009/04/22歌いたい名曲
LOVERS COVERS QUICK-MIXオムニバス2009/05/20J-POPの名曲をラヴァーズロック風にカバー

Caocao結成のきっかけも持田香織のコメントにもあったように「プライマル」だった。「プライマル」が「接吻」に次ぐ、スタンダード化の道を辿っているとみていいだろう。

私見だが、次のシングルは「スターター」ではなく、もう頭に「ど」の付くバラードでもいいんじゃないのかなぁ? 「今はバラード歌手って言われるのもアリだなと思ってるんですよ」なんてコメントしたりしてさ。

Caocao 動画コメント & PVメイキング映像 多数サイトにて掲載

| Caocao 動画コメント & PVメイキング映像 多数サイトにて掲載 - バベルの塔または火星での生活 を含むブックマーク Caocao 動画コメント & PVメイキング映像 多数サイトにて掲載 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.avexnet.or.jp/caocao/news.html#web に今日付で新着ニュースのリンクが大量に(12リンク)張られていた。

どのニュースも、9日の映画試写会のニュース、または8日の「個人授業」発売のニュースと共に、次のavexのインタビュー映像とPVメイキング映像が紹介されている。なお、当ブログでは紹介済み。

Caocao個人授業」インタビュー映像
http://www.avexnet.or.jp/avexdb/caocao/asx/20090408.asx
Caocao個人授業PVメイキング映像
http://www.avexnet.or.jp/avexdb/caocao/asx/200904083.asx

Caocao公式の「WEB情報」は大量ではあるが、どのニュースも同じような内容で、すべてを追うのは時間の無駄である。しかし、結局全部見てしまったので(笑)、せっかくだからニュースソースがどこかを追ってみた。結論としては、以下の通り、主に2つのニュース元があることがわかった。今後、音楽ニュースを追うときの参考にしてもらえれば幸い。

プレスリリース専門ポータルサイト「News2u.net」

http://www.news2u.net/NRR200947363.html 2009年04月10日配信

以下は、このNews2u をソースとしている。

Musicman-NET 動画コメント & PVメイキング映像
http://www.fb.musicman-net.co.jp/artistpromotion/20090410_caocao-3.html 金曜日, 4 月 10, 2009 16:00
livedoorニュース 動画コメント & PVメイキング映像
http://news.livedoor.com/article/detail/4104229/ 2009年04月10日16時30分
gihyo.jp 動画コメント & PVメイキング映像
http://gihyo.jp/ad/pr/2009/NRR200947363 2009年04月10日

BARKS

http://www.barks.jp/news/?id=1000048568 2009-04-10配信

以下は、この BARKS をソースとしている。

msn 動画コメント & PVメイキング映像
http://topics.jp.msn.com/entertainment/music/article.aspx?articleid=36609 2009年4月10日 19時17分 (BARKS
CocaCola Happy Music 音楽ニュースにて動画コメント & PVメイキング映像
http://c.cocacola.co.jp/cchm/news/detail/cc/_/nid=1000048568 [4月11日 10:32]
mixiニュース 動画コメント & PVメイキング映像
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=51&id=805519 04月11日 10:40

Yahoo!ニュース 動画コメント & PVメイキング映像
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090410-00000568-bark-musi 4月11日11時0分配信 BARKS

個人授業」発売のニュースと共に配信

So-net Music 動画コメント & PVメイキング映像
http://music.blog.so-net.ne.jp/2009-04-08 2009-04-08 14:46
Musicshelf 動画コメント & PVメイキング映像
http://musicshelf.jp/blog/staff/2009/04/-caocao.html 2009年4月 8日 15:47

これらのページは、News2u がソースとなっているようだ。

http://www.news2u.net/NRR200947235.html

プレゼントいろいろ

| プレゼントいろいろ - バベルの塔または火星での生活 を含むブックマーク プレゼントいろいろ - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.avexnet.or.jp/caocao/news.htmlより

Caocaoノベルティープレゼント
http://www.blenda.jp/present/177/index.shtml#2

BLENDA 応募締切:2009-05-06 (BLENDA IDが必要)

おっぱいバレーグッズプレゼント
http://www.barks.jp/present/

BARKS 応募締切:2009-04-30

主題歌「個人授業」CD(Caocaoサイン入り)
http://www.ntv.co.jp/sukkiri/contents/popup/present/present.html

NTV「スッキリ」 応募締切:4/16 18時受付終了

2009/04/14(火)

TOKYO FM「Wonderful World」出演 (Caocao)

|  TOKYO FM「Wonderful World」出演 (Caocao) - バベルの塔または火星での生活 を含むブックマーク  TOKYO FM「Wonderful World」出演 (Caocao) - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

渋谷スペイン坂STUDIOより公開生出演 

18:30『PARCO NEWS PEOPLE -BEFORE&AFTER-』

http://www.tfm.co.jp/ww/index.php?blogid=67&archive=2009-4-14

ON AIR曲:18:36「個人授業Caocao

この日は4回かかったみたい。

http://www.tfm.co.jp/nowonair/search.php?st=dt&year=2009&month=4&day=14&x=9&y=13

『おっぱいバレー』公式ページに完成披露試写会のレポート

| 『おっぱいバレー』公式ページに完成披露試写会のレポート - バベルの塔または火星での生活 を含むブックマーク 『おっぱいバレー』公式ページに完成披露試写会のレポート - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://opv.blog81.fc2.com/blog-entry-26.html

田島のコメントあり。

当日の試写会を見た方のブログ

この方の映画の感想は素晴らしい。映画を見たくなる。

http://yaplog.jp/joeymoaliv/archive/26

また、ライヴが如何に「サプライズ」だったかが、このブログでわかった。

http://d.hatena.ne.jp/itotto/20090410/1239371838

「個人授業」オリコン週間チャート22位 初動0.3万枚

| 「個人授業」オリコン週間チャート22位 初動0.3万枚 - バベルの塔または火星での生活 を含むブックマーク 「個人授業」オリコン週間チャート22位 初動0.3万枚 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://blog.livedoor.jp/ustan777/archives/51506784.html

「4月20日付オリコン週間シングルチャート」がもう出てるのか、このサイトの独自の集計なのかはわからないが、ともあれ現状はこんなところらしい。

その次の順位(24位) BONNIE PINK のコメントの中に「ブレイク前の『LOVE IS BUBBLE』(24位)」とあるが、たしかあれも映画『嫌われ松子の一生』テーマ・ソングだったから、「個人授業」が映画タイアップのくせに異常に低い順位というわけではない、のだろう。たぶん。

[追記]

オリコンの週間ランキングは月曜日に出るので、この「4月20日付」が今回の当該週間ランキングで間違いないようだ。確認したところ、推定売上枚数は3404枚だった。

[追記]

4月27日付チャートでは50位以内に確認できなかった…。

「個人授業」タワレコラボとmu-moショップ予約特典

| 「個人授業」タワレコラボとmu-moショップ予約特典 - バベルの塔または火星での生活 を含むブックマーク 「個人授業」タワレコラボとmu-moショップ予約特典 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

限定スリーブ目当てに、タワーレコードで初回限定盤を買った。2枚買ってもチャート的には貢献できなかったようだが…。

個人授業(初回限定盤)(DVD付)

個人授業(初回限定盤)(DVD付)

http://originallove.g.hatena.ne.jp/keyillusion/20090326/tower

http://originallove.g.hatena.ne.jp/keyillusion/20090306/p1

上記のエントリを書いた時点では今ひとつ実態がわからなかったのだが、実際に手にとってやっとわかった。特製のスリーブはBOXタイプになっていて、裏面がリプトンとのコラボレーション・ジャケットになっているという、意外と凝った代物だった。

f:id:keyillusion:20090415073653j:image

右側が、その「タワレコラボ」。背表紙にタイトルが付いているのがわかるだろうか。残念ながら、田島の姿はない。

左側は、mu-moショップ予約限定の「オリジナル・ジャケットサイズカード」。

両者のバックに、インナースリーブを写した。初回限定版がピンク色、通常版が紺色となっている。

もっちー側からの「個人授業」

|  もっちー側からの「個人授業」 - バベルの塔または火星での生活 を含むブックマーク  もっちー側からの「個人授業」 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

以前から、持田香織サイドからの「個人授業」の評判はどうなのだろうか、と気になっていた。しかし「持田 Caocao」で検索をかけても、ニュースサイトばかり引っかかて、あまり参考にならなかった。それが今になって、ようやく「もっちー Caocao」で検索をかければいいことに気が付いた。ただ…うん、まぁ、愛称でブログ書くような場合は、そんなに凝ったこと書くわけもないよな。

それとは別のところで、ようやく、ELT側からの視点でCaocaoを冷静に評価しているエントリを見つけたのでリンクしておく(トラバしない小心者ですいません)。

http://franzpeter.cocolog-nifty.com/taubenpost/2009/04/eltcaocao-7aed.html

2009/04/10(金)

「おっぱいバレー」試写会ライヴのニュース配信

|  「おっぱいバレー」試写会ライヴのニュース配信 - バベルの塔または火星での生活 を含むブックマーク  「おっぱいバレー」試写会ライヴのニュース配信 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

前日の試写会のニュース。

  • 「ズームインSUPER」
  • 「スッキリ」

で流れた模様。製作の関係で、NTV系列のみらしい。

2009/04/09(木)

映画「おっぱいバレー」の完成披露試写会でCaocaoライヴ

| 映画「おっぱいバレー」の完成披露試写会でCaocaoライヴ - バベルの塔または火星での生活 を含むブックマーク 映画「おっぱいバレー」の完成披露試写会でCaocaoライヴ - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

東京・C.C.レモンホール

http://opv.blog81.fc2.com/blog-entry-23.html

Caocao初ライヴ。もしかしたら、最後かもしれない…?

応募は「おっぱいバレー」オフィシャルで行われていた模様。

http://opv.blog81.fc2.com/blog-entry-17.html

「個人授業」PVメイキング

| 「個人授業」PVメイキング - バベルの塔または火星での生活 を含むブックマーク 「個人授業」PVメイキング - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

BARKS動画

http://www.barks.jp/watch/?id=1000025093

いや、この動画はかっこよすぎ! 1:10のところ(田島が「あこがれーの」と歌い始めるところ)は、まさに田島の真骨頂!! この意味のない無駄ばかりのダンスが「田島」なんだよな!(褒めてます)

SPACE SHOWER「個人授業」ON AIR情報

|  SPACE SHOWER「個人授業」ON AIR情報 - バベルの塔または火星での生活 を含むブックマーク  SPACE SHOWER「個人授業」ON AIR情報 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.spaceshowertv.com/search/artist.cgi?ac=016564&ch=0

2週間前から検索していたのだが、やっと引っかかるようになった。まぁ、その間にネット配信もされ、DVD付限定盤も発売されている現状では、昔のようにかぶりつきで ON AIR をチェックする必要もなくなってしまった。これもまた時代の流れ。

SPACE SHOWER
「BIG HITS JAPAN」2009/04/10(金) 09:00~10:00
「SING BIG HITS JAPAN」2009/04/10(金) 14:00~15:00
VMC
VMC TOP50 JP」2009/04/11(土) 16:00~21:00

Caocao「個人授業」リリースのニュースリリース

|  Caocao「個人授業」リリースのニュースリリース - バベルの塔または火星での生活 を含むブックマーク  Caocao「個人授業」リリースのニュースリリース - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.news2u.net/NRR200947235.html

結成の経緯がまとめられ、両者のコメントがテキストで載っているのがうれしい(公式サイトでは画像になっていたので引用しづらかったのだ)。

2009/04/08(水)

SPACE SHOWER TV「SPACE SHOWER MUSIC UPDATE」にCaocao出演

|  SPACE SHOWER TV「SPACE SHOWER MUSIC UPDATE」にCaocao出演 - バベルの塔または火星での生活 を含むブックマーク  SPACE SHOWER TV「SPACE SHOWER MUSIC UPDATE」にCaocao出演 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.spaceshowertv.com/mu/

リピート放送 8(水)23:00~、9(木)12:00~

見逃した…。

「個人授業」感想

| 「個人授業」感想 - バベルの塔または火星での生活 を含むブックマーク 「個人授業」感想 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

田島の新音源は、『東京 飛行』以来だなぁ。素直にうれしい!

CDのインナーにキャストが載っていた。

Produce:田島貴男 Engineer:渡辺省二郎・中村史
Guitar:田島貴男 Drum:古田たかし Bass:鹿島達也 Piano:中西康晴 Trombone:村田陽一 Trumpet:西村浩二 Sax:山本拓夫 Strings:弦一徹グループ【弦一徹(Violin)、永田真希(Violin)、森琢哉(Viola)、森田香織(Cello)】

ということで、編曲はおろかプロデュースも田島、演奏陣は完全にオリジナル・ラヴであることに驚いた。もともと持田香織の仕事として来たものだと思っていたので、ここまでオリジナル・ラヴ色が出ているのは意外だった。サウンド的にも『キングスロード』からの流れがハッキリと残っているのが、instrumentalヴァージョンを聴くとわかる。

田島本人がこのアレンジの狙いについて具体的に語ってくれている。

今回、大人である持田香織さんと僕がこの曲を歌うにあたって、素朴なメロディがもっともっとかっこよくゴージャスに聴こえるようにコードに味付けしたのと、サビをもっとソウルフルに聴こえるようにアレンジしました。それでいてみんなで踊れるよう、生きのいい、ダイナミックなロックンロールシャッフルのリズムにしました。結果、エルヴィス・プレスリーが歌っても違和感のない、クールなラスベガス・スタイルの「個人授業」ができあがったと思います。

Tajima’s Voice 2009.4.8(水)付

「生きのいい、ダイナミックなロックンロールシャッフルのリズム」というあたりは、『キングスロード』~『東京 飛行』へと続いているモチーフが、今もなお田島の中で健在であることを指すのだろう。3年もスタイルを変えないというのは、田島的にはかなり珍しいのではないか?


もうひとつ意外だったのが、「持田香織」の文字がインナーのどこにもないこと。いや、たしかにそれを知らないで買う人はいないだろうけどさ。書いてあるの、表のシールだけですよ。いいのかしらん。

それと個人的に(たぶん、ここを読んでいる人の何割かもそうでしょう)とても気になっていたことがある。田島のクレジットに「by the Courtesy of」が付くのかどうか?ということだ。たが、結局Caocaoのメンバークレジット自体がなかったので、まったくそういうのはなし。またも所属問題は「玉虫色」に。

さて感想本編。

改めてCDで「個人授業」を聴いてみると、とてもいいです。曲の冒頭から入ってくる持田香織の大人の女性らしい低めのヴォーカルが、映画のテーマとピッタリと合っている。上に引用したとおりの練られたアレンジも、原曲のポテンシャルをさらに引き上げていて、お見事といわざるを得ない。黒人音楽と歌謡曲の両方に通じた、まさに田島貴男ならではの仕事だ。なんて堅苦しく考えるまでもなく、聴いていて楽しくなってくるいいアレンジじゃないですか。

持田香織の声との相性も、悪くないと思う。抑制の効いたクールなヴォーカルスタイルと、田島のソウルフルな歌唱の対比が面白い。『PIZZICATO FIVE』の「グッパイ・ベイビイ&エイメン」を思い出したのは自分だけだろうか。7日出演のラジオ番組によれば、Caocaoの今後は「玉虫色」だそうなのだが、もっとこの組み合わせで見てみたいものだ。「田島貴男のピチカート・ファイヴ」みたいな感じで、もう少し持田香織をフィーチャーする方向で見てみたい。音楽的バックボーンがかなり違う二人だけに、博打みたいなものなのかもしれないが、面白いものは生まれるのではないか?

ところで、この曲の田島貴男的なキモは、田島が最初に歌うところ、「あこがれ~のあのひぃとぉは」のところだと思う。持田香織がシズシズと大人っぽく歌っているところに、雰囲気ぶち壊しでソウルフル全開の割り込み。あれこそが「田島」だなと思うわけですよ。何もコミカルなことをしているわけではないのに、思わず笑いが漏れてしまうようなこのソウル感。JBだってマーヴィンだってそうでしょう? 今回の「個人授業」は、もっちーファンがどう思っているかよく見えてこないが、オリジナル・ラヴファンとしては、田島のおいしいところを十二分に堪能できて、満腹なのでした。

Prime Tune会報によれば、この曲のレコーディングは、去年12月のクリスマスライヴの前日だったそうなのだが、ちょうどそのころは「ほぼ日」の連載に合わせて「Voice」も濃い内容で連日更新していたはず。なんだかんだ言ってもきっちりと「仕事」しているのだな、と感心した。もう「Voice」も安心して読めます。

Caocao「個人授業」オリコン・デイリーチャートで10位

| Caocao「個人授業」オリコン・デイリーチャートで10位 - バベルの塔または火星での生活 を含むブックマーク Caocao「個人授業」オリコン・デイリーチャートで10位 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

今日付のデイリーチャート自体はPermalinkがわからなかったので、分析付のページをリンク。

http://blog.livedoor.jp/ustan777/archives/51503971.html

初日からalanに敗れるスタート。売上はかなり厳しい数字を予想したい。初日売上は1000枚台と予想される。

これだけのタイアップと持田香織が付いても「1000枚台」かぁ。ということは、いつものオリジナル・ラヴのシングルのタカが知れてしまうというものだ。

そういえば、チャートを気にしたのなんて、「STARS」のとき以来かも。そんな現状に、心のどこかでまだ少しイラつくところもあったりする。「ポップス」なんだからね。

同チャートで、BONNIE PINKが13位というのは、逆にすごいと思ってしまったりして。

2009/04/07(火)

TOKYO FM「ONCE」出演 (Caocao)

| TOKYO FM「ONCE」出演 (Caocao) - バベルの塔または火星での生活 を含むブックマーク TOKYO FM「ONCE」出演 (Caocao) - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

東京ミッドタウンSTUDIOより公開生出演

http://www.tfm.co.jp/once/?catid=272

Lindaさんの情報によれば、2009/4/14(火)までこの日のトークが聞ける。

http://www.tfm.co.jp/once/webradio/player.php?y=2009&m=04&d=07&time=12&num=1

http://www.tfm.co.jp/once/webradio/player.php?y=2009&m=04&d=07&time=12&num=2

以下は、その期限後のための覚書。追加して欲しいことある方は、ぜひコメント欄まで。

  • 映画のテーマソングは持田香織=「個人授業」は先に決まっていたが、そこに持田が田島を誘った。
  • PVのドライブシーンは、実際に田島が運転している。「おっさんドライブ」で安全運転。
  • 二人のキー合わせは難しかったが、持田が田島に影響されたという。
  • 田島一人で歌ったデモテープが存在する。*1
  • 原曲よりもいいアレンジにしようと思った。詞曲は素晴らしいのだが、アレンジは時代的なものがあるから、もっとかっこいいものができると思っていた。
  • 「Voice」の中学生のときのポリス体験についてふられて、熱く語る田島。去年の来日公演には「チケットが取れなくて」行けなかったらしい。誰か取ってあげなよ…。
  • これからのCaocaoの活動予定は「玉虫色」。

全体的に(特に後半)田島ばかり語っていて良かったのか知らん。なんか、もっちーファンにすまない気持ち。

On Air曲目
12:32 個人授業 / Caocao
12:42 雨のワルツ / 持田香織


「個人授業」届く

| 「個人授業」届く - バベルの塔または火星での生活 を含むブックマーク 「個人授業」届く - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

mu-moショップで予約していたシングルが今日届いていた。すごい、発売前日に届くとは!

が、うっかり不在にしていたので、受け取りはまた明日。「オリジナル・ジャケットサイズカード」は、気が向いたらスキャンします。

*1:たぶん、6月のツアーではその感じになるのだろう。

2009/04/06(月)

iTunes Store「音楽遺産」に『風の歌を聴け』

| iTunes Store「音楽遺産」に『風の歌を聴け』 - バベルの塔または火星での生活 を含むブックマーク iTunes Store「音楽遺産」に『風の歌を聴け』 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

kaz_mineさんから教えていただきました。ありがとうございます。

"音楽遺産 Vol.2"

iTunesのインストールが必要です

世界遺産の登録基準のひとつに「人類の創造的才能を表現する傑作」という項目があるように、音楽にもたくさんのクリエイティブな才能を表現した名盤が存在します。

(中略)

iTunesがセレクトする名盤コレクション「音楽遺産」、時代のパッションとクリエイティブな才能が生み出した時空を超越した音のマジックが聴こえてきます。

「邦楽」の名盤をセレクトした特集。他に選ばれていたアルバムは以下。

  • 『クレイジー大作戦』クレイジー・キャッツ&ハナ肇
  • 『学園天国』フィンガー5
  • 『ピュア・エレクトリック』CREATION
  • 『生聞59分』憂歌団
  • 『包』四人囃子
  • 『虹伝説 -The Rainbow Goblins-』高中正義
  • Logic』ロジック・システム
  • 『C.B. Jim』BLANKEY JET CITY
  • 『TRAVEL ROCK』小泉今日子
  • 『アライヴ』ラヴ・タンバリンズ
  • 『5th Wheel 2 the Coach』スチャダラパー
  • 『Richmondo High』GREAT3
  • 『11』UA
  • 『ココロに花を』エレファントカシマシ
  • 『HOME』山崎まさよし
  • 『Sweet』スガシカオ

いろいろな年代に散らばっていて面白い。この中でロジック・システムだけ知らなかったのだが、1981年の松武秀樹のソロ作品だった。

「vol.1」はジャックス、はっぴいえんどにはじまり、フリッパーズ・ギター、宇多田ヒカルまで。選者は、90年代のCDバブル時代に洗礼を受けた同世代の人なのかな?と思った。

せっかくインストールしたのでiTunesをいろいろ見てみた。『Rainbow Race』~『街男 街女』までゴッソリ存在しないのね。ポニーキャニオン、本当にやる気ないんだな。また、人気ランキング(トップソング順)で「LOVE VISTA」が全体で最下位に近いのも気になった。「長い」ってだけで聴いてないのなら、あぁもったいねえ。

Napsterの近況

| Napsterの近況 - バベルの塔または火星での生活 を含むブックマーク Napsterの近況 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

ところで、音楽配信といえば、自分は2年前から「ナップスター」ユーザーである。2年前は田島もやっていたようだが、今はどうなのだろう?

そのころは、オリジナル・ラヴは「購入専用」としてしか聞けなかったのだが、その後の「Standard 90」シリーズで再発のおかげで、今ではEMI時代の曲はフリーで聴くことができるようになった。しかもオリジナルアルバムだけではなく、『セッション』『Wild Life』『Summer Love』『シングルズ』『アーリーコンプリート』まで、すべて聴ける。しかし、ポニーキャニオンの音源がまったくないのは、今でも同じ。

今、「人気曲」を見てみたら、こんな順位になっていた。


「邦楽が弱い」と言われていたNapsterだが、去年の暮れに大幅に増えて、iTunesほどではないものの、かなりの曲が聞けるようになった。スーパー・バター・ドッグやクラムボンなんかが、一気に聴くことができるようになって、個人的にホクホクだった。

http://www.napster.jp/music/playlist/genre/000000336.html

一方で洋楽はさすがの充実ぶりで、ColdplayU2も新譜を買う必要がなかった。「洋楽好き」なら、月1枚のCD代でマジでお得っす。クラシックやジャズも聴く人ならなおさら。聴きたい音源に出会える確率は、個人別なら8割くらい、アルバム別なら5割くらい(個人比)。興味のある方は、ぜひ下のアフィリエイトでね(たまにはあからさまな宣伝)。

オリジナル・ラヴ

最新ヒット曲から懐かしの名曲まで満載!まずは7日間無料体験!

2009/04/04(土)

Caocao掲載『音楽と人』2009年5月号 発売

|  Caocao掲載『音楽と人』2009年5月号 発売 - バベルの塔または火星での生活 を含むブックマーク  Caocao掲載『音楽と人』2009年5月号 発売 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.usen-magazine.jp/oh/0905.html

音楽と人 2009年 05月号 [雑誌]

音楽と人 2009年 05月号 [雑誌]

なにこの画像?と思ったら、堂本剛が表紙のため。ジャニーズの徹底ぶりはすごいな…。

もしかしたら、Caocao唯一の雑誌登場かもしれないこの号、買いました。

P140-141 Caocaoオフシャルと同じ写真の拡大版

P142-143 インタヴュー(平林道子)

せっかくの音楽なんでね、心からみんなが楽しいっていうか<音楽、いいね>っていう感じにしたいですよね

  • 持田香織が学生時代からのファンだった。
  • 時間がなくて、田島のプライベート・スタジオに持田を呼んでリハーサル。
  • イメージは、弦のアレンジからすぐに浮かんだ。曲はいいけど、アレンジは自分がやったほうが断然いい曲になると思った。

田島から見た、フィンガー5の「黒さ」についての発言が興味深いので引用。

原曲のアレンジは決して黒人音楽的なアレンジではないんですよね。ただフィンガー5が、とても黒人音楽に影響を受けてるなと、歌を聴いて感じまして。まあ当時は僕は子供でしたから、黒人音楽が一体何なのかわかりませんでしたけど、今聴くと、<あ、そうなんだ>って思うわけですよ。変声期前の小学生なのに、ソウルフルな唄いまわしができていたわけですから、驚きましたよね。あとで調べたら、家族でずっと米軍の基地を渡り歩いていたらしいですね

  • 持田香織という人とやったのは、刺激的でフレッシュだった。みんなが楽しめるようなパーティ音楽になればいいなと思って作った。
  • 持田さんっていう歌手ありきで。自分は「おどるポンポコリン」の近藤(房之助)さんみたいな感じですよ。*1
  • 持田が持ってきた揚げまんじゅうは、7割を田島が食べた。1日でリズムから音まで録る忙しい日があって、その日のエネルギー源だったという。
  • 持田は田島が全然喋らない人だと思っていたが、実際は「腹筋が鍛えられる」ほどよく笑ったという。レコーディング現場の空気は、楽しくてクリエイティヴな環境だったという。

*1:蛇足だが、B.B.クイーンズの坪倉唯子は、『風の歌を聴け』でバックコーラスをしている。

2009/04/01(水)

会報#48 2009 Spring 配送

|  会報#48 2009 Spring 配送 - バベルの塔または火星での生活 を含むブックマーク  会報#48 2009 Spring 配送 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

Prime Tuneの会報配送。

通常3月配送の春号が1ヶ月遅れたのは、Caocaoのためだけではなくて、後記の発表があったためのようだ。今後、会報が遅れたら、よい知らせの前触れと思うことにしよう!

今号の内容

  • News
  • インサイドレポート
  • 田島貴男inインド
  • プライムチューン・メール
  • たかお通信
  • 最近の田島貴男、お気に入り調査
  • インフォメーション、他

ちなみに、所属話についてはとくに言及なし。

ORIGINAL LOVE TOUR 2009「HOT STARTER 09」日程発表

|  ORIGINAL LOVE TOUR 2009「HOT STARTER 09」日程発表 - バベルの塔または火星での生活 を含むブックマーク  ORIGINAL LOVE TOUR 2009「HOT STARTER 09」日程発表 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

2007年2月「エクトプラズム、飛行」ツアー以来のツアー。4会場4公演は、2001年「Trial Session」ツアー以来の少なさ。ちなみにそのときもクアトロツアーだった。

会報に同封の案内より

日程会場開場開演お問い合わせTELドリンク代
6月28日(日)愛知 名古屋クラブクアトロ17:3018:30クラブクアトロ052-264-82111ドリンク付
6月29日(月)大阪 心斎橋クラブクアトロ18:3019:30クラブクアトロ06-6281-81811ドリンク付
7月1日(水)東京 渋谷クラブクアトロ18:3019:30クラブクアトロ03-3477-87501ドリンク付
7月15日(水)東京 SHIBUYA-AX18:0019:00DISK GARAGE03-5436-9600*1別途ドリンク代500円

チケット代金:前売5,250円 当日5,775円(税込・整理番号付)

各クラブクアトロ公演はオールスタンディング
SHIBUYA-AX公演は、1階スタンディング、2階座席

ファンクラブ優先予約受付は4/6(月)~17(金)消印分。

一般発売は後日OFFICIAL WEBで告知あり(告知以前の問い合わせ不可)。

2009年4月18日(土)より一般発売の優先予約が始まっています。一般発売は4/25(土)または5/31日(日)。詳しくは、下記トラックバック先を参照してください。

4/19(日) TBS「うたばん」にCaocao出演

|  4/19(日) TBS「うたばん」にCaocao出演 - バベルの塔または火星での生活 を含むブックマーク  4/19(日) TBS「うたばん」にCaocao出演 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://voyaking.jugem.jp/?day=20090331より(ベーシスト西山史晃氏のブログ)

http://www.tbs.co.jp/utaban/

Lindaさん、ありがとうございます。

*1:平日12:00~19:00