Hatena::Grouporiginallove
トップ 最新の日記 ユーザー登録 ログイン ヘルプ

バベルの塔または火星での生活 このページをアンテナに追加 RSSフィード



[INFO]:情報 [LIVE]:ライヴ [RADIO]:ラジオ出演 [TV]:テレビ出演 [MAGAZINE]:雑誌掲載 [WEB]:Web掲載

***このブログでは、「ひとりソウル2017」ツアーのセットリストを掲載しています。「ネタバレ」を気にする方は御注意ください。***
オリジナル・ラブに特化したブログです。最新情報から個人的な雑感まで。
最近の情報は[INFO]をご覧ください。[INFO]の日付は、1次情報の出た日付としています。
情報の内容に関しては良心に基づき正確を期しますが、一切の保証はいたしかねます。各自での再確認を切にお願いいたします。

2010年1月12日より、ID変更に伴いURLが変わりました。旧ブログは、移行作業が完了次第削除します。permalinkを使っている方にはリンク切れとなってしまいますが、ご了承ください。

2009/05/28(木)

HOT STARTER 09ツアー

| HOT STARTER 09ツアー - バベルの塔または火星での生活 を含むブックマーク HOT STARTER 09ツアー - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

ツアーまであと1ヶ月!を記念して、恒例の予想エントリ。

田島の「原点回帰」

昨日は木暮とHOT STARTER 09の打ち合わせを夜遅くまでした。今回は4人のバンド編成で、初心にかえってライブをやろうということで、デビュー以前のアレンジ、オリジナル・ラヴがまだニューウェーヴロックバンドだった頃の1980年代にまでさかのぼってみようかということで、埃にまみれた昔々のカセットテープを引っ張りだしてきて聴いた。

Tajima’s Voice 2009.5.22(金)付

2009.4.20(月)付の「Voice」では、「約20年前オリジナル・ラヴを始めた頃の初心に戻って、ギターバンドスタイルのシンプルなロックの編成で、ダイナミックな音楽をやってみたいと考えています」と言っていたので強烈な期待をしていたが、まさかレッド・カーテン時代まで遡るとは!

こんなにまでの「原点回帰」は、オリジナル・ラヴ史上まさにはじめてのことだ。『ムーンストーン』のときに、ちょっとサックス入ってジャジーだっただけで「原点回帰」と言われていた*1が、あれどころの騒ぎではない。ポスト・パンクやニュー・ウエイヴこそが田島の本当の原点*2。プロデビュー後、そちら方面へのリスペクトはかなり控えめだっただけに、ついに「最後の扉」を開けてしまうのか、という驚きがある。

しかし、それが「ネタ切れ」の結果なのではなくて、「ロック」の初期衝動の再確認作業であるらしいところが、とても興味深いところ。現在の田島が、当時の音楽をどのように再現するのか。もう、暗いだの悲しいだのではない。今度は、「どバラード」も「ソウルフルなグルーヴ」も、鳴りを潜めてしまうだろう。そして、EMI時代のオリジナル・ラヴを期待する人には、かなりショッキングな(あるいはまったくピンと来ないかの)ステージになるのではないだろうか。



…などと偉そうに書いてはいるものの、正直に打ち明けよう。実はこのワタクシ、ポスト・パンクやニュー・ウエイヴは、かなりの「ニガテ分野」である。昭和で言えば50年代の10年間のロックは、ずっと鬼門だった。15年前くらいに「田島の原点だから…」といくつか聞いてはみたものの、当時はまったく受け付けることができなかった。とにかく、自分の中で血が騒ぐ「ロック」(主にHR/HM)とは、ぜんぜん種類が違うのだ。(そりゃそうだ)

それがいつからだろう、2年くらい前にふとしたキッカケで聴いたニュー・オーダーあたりから、その時代の音を少しずつ「身体」で感じられるようになってきた。ようやく聴き所がわかってきたわけか。今でもそれほど遡って聴いているわけではないのだが、たまに聴いたとき、昔よりはずっと楽しんで聴けるようになってきた。

2009.5.26(火)付の「Voice」で田島がモノクローム・セットに触れていて、そういえば名前は聞いたことあったけど音は聴いていなかったな、と確認してみた。それが笑ってしまうくらい本当に、メジャーデビュー前のオリジナル・ラヴの雰囲気。これも、昔だったらよくわからなかったろうな。


予想編成

  • 田島貴男 (Vo.& Ac G)
  • 木暮晋也 (Elc G)
  • 鹿島達也 (Bass)
  • 佐野康夫 (Ds)? 気になってちょっと確認してみたら、初日の前日6月27日(土)に遊佐未森の東京のライヴに出ることになっている。となると、古田たかしか?

ピアノ・サックスは、なし。レッド・カーテンの頃は、こんな編成でやっていたので。

1曲目予想

順調ならば、6月の頭にはPRIME TUNEの会報が来るはずで、今回もいつもの「1曲目予想」を募集してくれると期待している。

やっぱり「初心に帰る」ということは、昔の曲が堅いところだろう。

◎本命
ORANGE MECHANIC SUICIDE」(旧アレンジ)または 新曲
○順当
スターター」または「BODY FRESHER
▲大穴
「ファッシネイション」

「ファッシネイション」は知っている人の方が少ないと思うけど、ちょうど解説がUnOFFICIAL PAGEに載っているのでそちらを参照。

http://www.ne.jp/asahi/original/love/discography/etc/predebut.html

ほとんど歌詞のない曲。どんな感じかと言えば、ピチカート時代の『THE BAND OF 20TH CENTURY:Sony Music Years 1986-1990』で聴ける「イントロダクション」のような感じ。それよりもっとダンサブルなロック調で、シビれるほどカッコイイ。本当にこれで始まったら、小便チビるね。

それにしても、これだけ盛り上げておいて、「接吻」とか「明日の神話」とかのバラードで始まったら、泣く。


その他に、前回の予想と同じフォーマットで予想してみる。『東京 飛行』『街男 街女』の曲が中心、新曲を3曲くらいはやるだろう(「スターター」含む)という前提で、その他の曲を予想。

一曲目ではなくても、演りそうな予感がする曲

他に、「4人編成」でハマりそうな曲はこの辺か。

いつもの曲もどうなるかも気になるところ。

個人的に聴きたい!曲

  • 月の裏で会いましょう」(しかも「高城さん結婚おめでとう!」というマヌケなMCで始めて欲しい。もう10年以上やってないのでは?)
  • 「ステップ!」(RCサクセションのカヴァー)
  • Mr.Big Rock」(「インディーズ盤?」からはぜひ何か1曲を!)
  • 「Talkin' Planet Sandwich」(レッド・カーテンのヴァージョンで)
  • 「砂嵐・電波」(聴いたことがない。「星のー子チョビーン」とかいう歌詞らしいが)

(9割9分9厘やってくれないとは思うが)死ぬまでに一度でいいから聞いてみたい、「個人的に悲願の曲」

  • 「TIME」(って、前回予想時と同じじゃん)
  • 「セレナーデ」(は、前回やっちゃったんだよね…)

最後に、実は…

仕事を休めそうにないので、今回のツアー不参加です。排することのできない万難もあるのです。みなさまのセットリスト報告に期待しています。

*1:個人的には新ステージに上がったと思っていたので、「原点回帰」という表現にはまったくピンと来なかった。

*2:ジャズはともかく、田島の代名詞的なソウルは、田島貴男にとっては実は原点ではない。たしか大学時代のアルバイト先で影響されたのだったはず。