Hatena::Grouporiginallove
トップ 最新の日記 ユーザー登録 ログイン ヘルプ

バベルの塔または火星での生活 このページをアンテナに追加 RSSフィード



[INFO]:情報 [LIVE]:ライヴ [RADIO]:ラジオ出演 [TV]:テレビ出演 [MAGAZINE]:雑誌掲載 [WEB]:Web掲載

***このブログでは、「ひとりソウル2017」ツアーのセットリストを掲載しています。「ネタバレ」を気にする方は御注意ください。***
オリジナル・ラブに特化したブログです。最新情報から個人的な雑感まで。
最近の情報は[INFO]をご覧ください。[INFO]の日付は、1次情報の出た日付としています。
情報の内容に関しては良心に基づき正確を期しますが、一切の保証はいたしかねます。各自での再確認を切にお願いいたします。

2010年1月12日より、ID変更に伴いURLが変わりました。旧ブログは、移行作業が完了次第削除します。permalinkを使っている方にはリンク切れとなってしまいますが、ご了承ください。

2009/08/05(水)

「Tajima's Voice」1周年

| 「Tajima's Voice」1周年 - バベルの塔または火星での生活 を含むブックマーク 「Tajima's Voice」1周年 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.originallove.com/WebSite/voice.html

7月31日付で「夏休み」に入ったので、1周年などは意識してないのかと思っていたら、意外にも翌5日付で更新あり。

どうでもいいことだが、同日付で言及されているローリング・ストーンズのライヴ映画『シャイン・ア・ライト』を、自分は映画館で3回観た。動画でさえ再生するのを億劫がる自分は、映画を他人より観ない方なのだが、音楽映画となれば話は別。いわんや、ストーンズのライヴを最前列以上の臨場感で見られるのならば。

ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト デラックス版 [DVD]


それと、どうでもいいことではなくて、ストーンズに絡めて思ったこと。ストーンズの特に偉大な点は、今なお現役であることだと思う。過去の名曲も、新しいアルバムも、「ローリング・ストーンズ」という同じ名前で享受できることは、ファンとして本当に幸せなことだし、なんとも奇跡的なことだと思うのだ。この点では、ビートルズは逆立ちしたって適わない。

田島にも同じことが言える。「渋谷系」と括られたミュージシャンが、ほとんど解散/改名をしている中で、今なお同じ「オリジナル・ラヴ」という名前で活動をしていることは、なんて幸せで奇跡的なことなのだろうと思う。

Voice」の1周年もそうなのだが、やはり「継続は力なり」なのである。