Hatena::Grouporiginallove
トップ 最新の日記 ユーザー登録 ログイン ヘルプ

バベルの塔または火星での生活 このページをアンテナに追加 RSSフィード



[INFO]:情報 [LIVE]:ライヴ [RADIO]:ラジオ出演 [TV]:テレビ出演 [MAGAZINE]:雑誌掲載 [WEB]:Web掲載

***このブログでは、「ひとりソウル2017」ツアーのセットリストを掲載しています。「ネタバレ」を気にする方は御注意ください。***
オリジナル・ラブに特化したブログです。最新情報から個人的な雑感まで。
最近の情報は[INFO]をご覧ください。[INFO]の日付は、1次情報の出た日付としています。
情報の内容に関しては良心に基づき正確を期しますが、一切の保証はいたしかねます。各自での再確認を切にお願いいたします。

2010年1月12日より、ID変更に伴いURLが変わりました。旧ブログは、移行作業が完了次第削除します。permalinkを使っている方にはリンク切れとなってしまいますが、ご了承ください。

2011/06/27(月)

kaz_minekaz_mine2011/06/28 09:08おはようございます。こちらではお久しぶりです。
読んじゃいました、やっぱり。PT未入会の私はまだ聴けていないので読むべきか読まざるべきか迷ったのですが、読まずに済ますことは出来ませんでした。昔から我慢は苦手な質です。あまり細かくイメージしてしまわないように、チラ見で読みましたが(笑)
keyillusionさんがライブに行けてなかったお陰によりまして(失礼)、ライブとの比較の内容が無く、助かりました。具体的には音のイメージはわからないのに、期待だけが高まってゆくレビューで、素晴らしいです。ありがとうございました。塾聴後の感想も楽しみにしております。時期をあけて、3度でも4度でもお願いします!

kaz_minekaz_mine2011/06/28 09:10あっ「熟聴」に訂正をお願いします。変換機能に頼りきりのくせに言葉を作るとろくな事がないです、すみません。

SWEET SWEETSWEET SWEET2011/06/28 12:34keyillusionさんの「白熱」レビュー待ってました!読ませていただきました!素晴らしかったです!

聴きながら書いたということで、臨場感ありますね。
しかも「‘夢を見る人’のころのようなコード進行」「フィリーソウル」「何も気負ってない普通のポップス」などがっつきたくなる単語が目白押し(笑)。
聴くのはもう少し先なので、慎重に言葉を選びたいところですが、これはもう名盤の予感。

客観的に判断しようと抑え気味のkeyillusionさんの感想が、アルバムの充実振りを伝えていますね。期待が確信に変わってしまいそうな、素晴らしいレビューです。
新鮮な感動をまとめてくださり、ありがとうございました!

LindaLinda2011/06/28 15:24すべての曲を初めて聴く新曲として聴けるkeyillusionさんが羨ましいです。ライブで何回か聴いて、口ずさめる曲がすでに何曲かあります。でも、アルバムでの歌やアレンジは新鮮味があります。私が一番グッときてしまったのが「好運なツアー」。この曲は、ライブで何回か聴いていますし、多分歌詞もほとんど変わっていないと思います。震災前から歌われている曲だし、ポカリさんがブログで書かれていた「日常生活の中の好運」を歌っている曲なんだと思いますが、これがこれが、このアルバム本編ラストで凄く前向きの勇気をもらえる曲になっていると感じました。それに、この曲ジョン・レノンじゃん!(私にとっては)
まだ1回しか聴いてないので、これから聴き倒そうと思います。keyillusionさんの聴きこんだその後のレビューも楽しみにしています。

rararapocarirararapocari2011/06/29 00:50読みませんよ!
実は、7/27まで感想書くのやめませんか?と協定を結ぼうかと思っていたらすぐにレビューが出てきて唖然としました。(笑)
ほんとーに、今回は、ファンクラブに入っておけばと何度思ったことか。情報をシャットダウンする気は無いのですが、自分もなるべくフレッシュな気持ちで一回目を聴ける日を楽しみに待ちます!
それから読みます!

なっちんなっちん2011/06/29 06:16超久々の更新ですね!待ってましたよ~~~。
わたしも一昨日から「白熱」聴いてますが、1周目は正直あまりピンと来ませんでした。
昨日仕事しながら何10周も聴いたら、味わい深くなってきました。
田島さんの音楽って、これだから飽きないんですよね。素晴らしい!

ツイッターではみんな自粛していて、感想がほとんど見られないので、こういう別の場所に書いてもらえると嬉しいです。

また近々詳細な感想を書いて下さいね☆

keyillusionkeyillusion2011/06/29 16:10みなさん、ありがとうございます。徹夜してまで聴いた甲斐がありました(涙)。

kaz_mineさんやLindaさんに指摘されて気づきましたが、全曲をまったくの新曲としてまっさらな気持ちで聴くことができたのは、怪我の功名というか、ある意味ではラッキーだったのですね。「あの曲がこんなアレンジになったのか」という楽しみはありませんでしたが、10曲分「次はどんな曲だ!?」とドキドキの連続で聴くことができたのですから。

2度、3度と聴いていると、やっぱり「第一印象」とはちょっと違うな、という感じはあります。なっちんさんとは違って、自分は幸いなことに、一発目で非常に「ツボ」に入ったのですが、「4年半ぶり」という嬉しさが、ちょっと過大な評価になってしまっているかもしれません。

聴くたびに感想を書いていると大変なので、しばらくはじっくりと聴く時間にあてようかと思います。rararapocariさんがライヴ会場でゲットしたころに、あらためて感想を書くと思います。(「協定」を提案される前でホッとしました・笑)


>客観的に判断しようと抑え気味の感想

客観的どころか、主観バリバリなのです。このエントリは、この<私>という存在が、『白熱』というアルバムを聴いてこう感じた、というモノローグにすぎません。

本来ならば、先行予約の特権を活かすのであれば、「このアルバムはこれだけの素晴らしい内容を持つから、全人類必聴、7/27の発売日にはみんな買ってね!」と"布教"するのがいいのかもしれません。

ただそれをするには、自分は現在の音楽シーンを知らなさ過ぎ、ORIGINAL LOVEの現在的な意味合い・位置づけをまったくわかっていません。もちろん、田島に興味を持たない人の心にまで届くような文章を書く文才も持ち合わせていません。この「レビュー」(というほどのものでもありませんが)は、ほとんどの人には役に立たないものでしょう。

しかし唯一点、自分と同じような考えを持つ人に対しては、つまりは自分と同じくらいORIGIANL LOVEを愛聴している人に対しては、いくらか「わかる」内容になっているのだという自覚はあります。

その一部の人の"なにか"に響くのであれば、この駄文の意味も生まれます。そして現に、みなさんから感謝の言葉をいただきました。これでもう、この駄文の本望は達せられたと思います。


おまけですが、前作の『東京 飛行』の第一印象はこんな感じでした。ずいぶんテンションが違うあたりが、自分でもおかしいから少し笑った。
http://originallove.g.hatena.ne.jp/keyillusion/20070114/p1

keyillusionkeyillusion2011/06/29 18:34>Lindaさん
>それに、この曲ジョン・レノンじゃん!(私にとっては)

「スターティング・オーヴァー」ですよね? 聴き返してなるほど!と思いました。

SWEET SWEETSWEET SWEET2011/06/29 19:06みんなが何かを言いたい今日この頃、その何かを歌うよりも、様式としてのジョン・レノンをやることの方が伝わってくるものがありそうです。

やっぱり今でも「音楽が大好きなヤツ」でい続けてることに魅力を感じているんだろうなあ。

SWEET SWEETSWEET SWEET2011/06/30 02:26妄想で語る「白熱」の楽しみ方(※「白熱」の内容に触れています)


田島貴男の作る音楽を追いかけてきた人ならば、彼が変化を好み、アルバムに毎に印象の異なる作品を残してきたことは、よく知るところだと思います。
おそらく求道的にひとつの技(山下達郎にとってのカッティングのようなもの)を極めていこうというタイプではなく、その都度、心惹かれたものを素直に表現してきたのではないでしょうか。

つまり、作るものに「新鮮さ」を求め、あえて手に負えないことや、やったことのないものを進んで試してきたような気がします。
その結果、自分でも予想しなかった斬新な曲が出来上がればそれはひとつの成功だし、その時に持てる力で精一杯取り組むことが重要なので、うまくいかなかったとしてもそれはそれ、試した「結果」に関してはわりと無頓着なフシがあります。失敗を嫌わないというか。
「職人芸」よりは「閃き」、「完成度」よりはいかに「フレッシュさ」を真空パックするかに重きを置いている印象。
どうもこの辺りの優先順位が、作る側と聴く側に隔たりを作っているようです。


新作の「白熱」に関してもこの性質を面白がれるかどうかで評価が別れそうです。


凄腕のサポートメンバーといつものようにレコーディングすれば、一定の演奏水準は約束されるでしょう。それはそれで魅力あるアルバムになるはず。しかし見る角度を変えればバンドスタイルは安全なカードでもあり、今の気分ではなかったのではと予想します。
インディーズになり再始動の意味合いも強い今作では、田島貴男の原点である「宅録」のスタイルを採り、その縛りの中で、どこまで面白いものを作れるかという思惑があったのではないかと。

「白熱」からの音源は「フリーライド」しか聴けていませんが、keyillusionさんが言うように打ち込みの軽さが気になる人もいるでしょう。ひとりで全ての音を出している以上、おそらく粗さや稚拙な演奏はあると思います(現に「ボラーレ!」のインストゥルメンタルは無難に体裁を整えているだけで、音楽的な実験精神はあまり感じませんでした)。


しかし不思議なもので、未熟な演奏を補って余りある「名盤」というものは世に沢山あるもので、むしろ名盤の条件に「ド下手」というスパイスは付き物だったりします。
これがポップミュージックの面白いところで、「筋力」があるから強い音楽になるわけではなく、むしろ平然と弱いままでいるほど魅力が浮き彫りになっちゃうのがロックンロールという、この本質を田島貴男が知らないわけがないので、手に負えない危うい実験を通して「仕掛けのないマジック」を起こそうとしているのだと思います。

最大の武器である「メロディ」を活かすのはなにも流麗なサウンドばかりではないはず。
技術や成熟からはみ出した部分、デメリットを越えてなお迫ってくる部分に「白熱」の聴きどころ、面白さがあるんじゃないかな。


妄想おわり。すでに愛聴しているみなさん、「脳内白熱」の話ですのであしからず(笑)。

keyillusionkeyillusion2011/06/30 03:08面白すぎます!
いや、ここが「ブログ」であるのが本当に残念です。ブログは"議論"にはまったく向いていないメディアだと思っているので。(本当はそういうサイトを作ろうと考えたこともあるのですが…まだ時間的に難しいです)

今、正面から返せる時間がなくてすみませんが、それで思い出しました。田島が「いま敢えて一人で音楽を作り上げるやり方もありだよな」と呟いた日記があったので覚書にリンクを書いておきます。
http://diary.originallove.lolipop.jp/?eid=53

SWEET SWEETSWEET SWEET2011/06/30 03:29こう、適当な箇所をすぐにポンと取り出せるのがさすがです。

言葉にするのは本当に難しいのですが、keyillusionさんにならば、言わんとしていることが伝わるのではと思いコメントしています。
うれしいです。

なんといってもkeyillusionさんの素晴らしい「白熱」の感想から生まれた雑感でした。