Hatena::Grouporiginallove
トップ 最新の日記 ユーザー登録 ログイン ヘルプ

バベルの塔または火星での生活 このページをアンテナに追加 RSSフィード



[INFO]:情報 [LIVE]:ライヴ [RADIO]:ラジオ出演 [TV]:テレビ出演 [MAGAZINE]:雑誌掲載 [WEB]:Web掲載


オリジナル・ラブに特化したブログです。最新情報から個人的な雑感まで。
最近の情報は[INFO]をご覧ください。[INFO]の日付は、1次情報の出た日付としています。
情報の内容に関しては良心に基づき正確を期しますが、一切の保証はいたしかねます。各自での再確認を切にお願いいたします。

2010年1月12日より、ID変更に伴いURLが変わりました。旧ブログは、移行作業が完了次第削除します。permalinkを使っている方にはリンク切れとなってしまいますが、ご了承ください。

2006/01/23(月)

Tajima's Voice 更新 本格化

|  Tajima's Voice 更新 本格化 - バベルの塔または火星での生活 を含むブックマーク  Tajima's Voice 更新 本格化 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.originallove.com/WebSite/voice.html

本格的にブログ化しはじめたようです。RSSフィードしてくれないかな。

ラジオ番組もなく、「ほぼ日」も一段落したようなので、非常にありがたい話です。

『キングスロード』第一印象

| 『asin:B000CEK5D6:title』第一印象 - バベルの塔または火星での生活 を含むブックマーク 『asin:B000CEK5D6:title』第一印象 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

キングスロード

キングスロード

大した感想ではないのに、もったいぶってすいません。やっとまとめられました。

このアルバムは「歌詞」を重視したアルバムであると思っている。でも実は、まだ1回も歌詞カードには目を通さずに聴いている。歌詞をじっくり読みながら聴く楽しみはまだこれから、というつもり。それによってまた違う印象も出てくるだろうと期待しているので。

第一印象

前に「思ったよりも辛口」と書いた第一印象の感想はこのとおり。

第一印象は、ちょっと「えーっ!?」って感じ。全体印象がジャケットのままで、モノクロームな印象。多彩な音世界が繰り広げられているのではなくて、エッジの効いたギターでジョリジョリと世界を剃っていく感じ。

特に前半、「俺ジナル・ラヴ」節が爆発。田島の歌と尖りすぎのギターが、元曲の繊細さをぶち壊してしまっているところがある。なんでも濃ければいいというものではないだろう。と思ってしまうのは、濃淡のヴァランスがよくないからだ。「タッチ・ミー」のあと、「きみのとりこ」で一息つけるかと思ったらスカアレンジ(スカパラ担当なので当然だが)で、続いて「ルビーチューズデイ」まで行ってしまう。少し「踊り場」を作るべきだったのでは。このあたり、せっかく「ポップス」をカヴァーしたのに、その曲のもっとも「ポップ」な部分をあまり大事していないように聞こえる。しかし、後半に行くにつれてだんだんと良くなってくるのが救い。

ピストルスター」のような新曲が出来るのも道理で。田島の今のモードは、本当にアレだったわけだ。粗削りの感触を大事にしているということか。でも、なんだか内省的な臭いがするんだよな。「ありもしないもの」を見られるほどの力が、そこにはあるの?

この感想は、「きみのとりこ」と「ルビー・チューズデイ」の2曲に引っかかっているようだ。何度か聞いているけど、やっぱりこの2曲は気にくわない。両曲の原曲は、「優しい声」が特長な曲だからなのだと思う。スモーキー・ロビンソンについては今回はじめて聴いたに等しいので偉そうなことは言えないが、ストーンズに関しては一言言いたい。あの可愛らしい曲を、なんで無理してスリーピースでゴツゴツにしてしまったのかなぁ? ぜんぜんハマっていると思えない。このあたりでガッカリしたのが尾を引きずって、アルバム全体を聴いた後に書いた「第一印象」がこんなキツイ物言いになっているようだ。

先日、『音楽と人』のインタヴューを読んだら、「スタンダードをカヴァーするのに"俺"が出てはダメだ」(立ち読みなので不正確)のようなことを言っていた。「はぁ???」と思った。

しかし、「B面」はどれをとっても最高だ。「ダウンタウン」は、田島の太い声にもかかわらずきちんと原曲の「可愛らしさ」が出ている。「青い鳥」には、全体で原曲に忠実なカヴァーが、実はこの1曲だけだったことに驚かされる。「Be My Baby」のアレンジは、パーカッションを加えただけの編成であの「壁の音」をきちんと再現していて、田島が未練がましくこの曲を捨てられなかった気持ちがよくわかる。「荒野をめざす」も、オリジナルとは違う視点から歌詞の世界をうまく歌っている。「エミリー」のソリッドな感じは、原曲にない魅力を引き出している。こうして、ひとくちにカヴァーといっても、直球から変化球までそれぞれにさまざまな方法を用いているのは、さすがオリジナル・ラヴだ。

この「B面」のクォリティを、あの2曲に感じられなかったのは本当に残念。

「予習」について

いろんなところでアルバムの感想を見て思ったのだが、自分みたいにクソまじめに原曲を「予習」した人は、ほとんどいないみたいだ。ただ、自分の場合は、後追いにしたらそのまま一生聴かないかもしれないという無精者だから、一念発起してみたというだけ。実生活でもこのくらいヴァイタリティがあればねぇ、という話は虚しくなるだけのでやめとく。まぁ、どうせこのアルバムはこの先もずっと聴いていくのだろうから、田島のアレンジを知らない耳で聴いておきたかったというのが大きい。

ところで自分の場合、タイトルだけで「あれかぁ!」とわかっていた曲は3,5,7(トラックNo。以下同)しかない。ロック系の曲ばかりなのは御愛嬌。しかも、7は大昔にレンタルで借りたきりで、ほとんど忘れていた。

1,6は試聴などで聞いてみたらよく知っていた曲だったので、オリジナルを聞き直さなかった。3も面倒くさがってオリジナルを聞き直していない。2,4は、オリジナルを聞いたらタイトルを知らなかっただけで、ラジオなどでよく知っていた曲だった。

最後の8,9,10は、オリジナルを聞いてもまったく知らない曲であることを確認した。8を知らないのは自分の底が浅いだけの話だけれど、10ってそんなに「王道」なのかなぁ? アルバムミュージシャンという印象が強いピンク・フロイドのシングル曲なんて、結構マニアックだと思うんだけど。まぁ、いい曲だからいいんだけどね。

ドアーズはあらためて聴き直したくなったし、平尾昌晃訳詞の「片道切符」も田島の歌詞とどう違うのか聴いてみたい。

ゲスト



トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/keyillusion/20060123