Hatena::Grouporiginallove
トップ 最新の日記 ユーザー登録 ログイン ヘルプ

バベルの塔または火星での生活 このページをアンテナに追加 RSSフィード



[INFO]:情報 [LIVE]:ライヴ [RADIO]:ラジオ出演 [TV]:テレビ出演 [MAGAZINE]:雑誌掲載 [WEB]:Web掲載


オリジナル・ラブに特化したブログです。最新情報から個人的な雑感まで。
最近の情報は[INFO]をご覧ください。[INFO]の日付は、1次情報の出た日付としています。
情報の内容に関しては良心に基づき正確を期しますが、一切の保証はいたしかねます。各自での再確認を切にお願いいたします。

2010年1月12日より、ID変更に伴いURLが変わりました。旧ブログは、移行作業が完了次第削除します。permalinkを使っている方にはリンク切れとなってしまいますが、ご了承ください。

2018/04/24(火)

ニューシングル「ハッピーバースデイソング」リリース

|  ニューシングル「ハッピーバースデイソング」リリース - バベルの塔または火星での生活 を含むブックマーク  ニューシングル「ハッピーバースデイソング」リリース - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

「ゴールデンタイム」以来、2年ぶりの音源。

初めての「サブスクリプションサービス配信」あり(配信のみシングルは2013年「ファッション・アピール」から)

「ハッピーバースデイソング」 配信サイト:

サブスクリプションサービス

ネット記事

公式ニュース http://originallove.com/news/2018/04/24/2094

ナタリー https://natalie.mu/music/news/279397


田島貴男ORIGINAL LOVE)「HAPPY BIRTHDAY SONGS」プレイリスト

一部のサブスクリプションサービスで配信予定。

  • 01. ハッピーバースデイソング / ORIGINAL LOVE
  • 02. Birth Day / The Beatles
  • 03. Happy Birthday / Stevie Wonder
  • 04. Precious Precious / O.V.Wright
  • 05. Stand By Your Man / Candy Staton
  • 06. Softly Through The Darkness / Cyrus Faryar
  • 07. Here Come The Sun / Richie Havens
  • 08. Oh, Babe, What Would You Say / Harricane Smith
  • 09. The Song Remains The Same / Led Zeppelin
  • 10. Magic Carpet Ride / Steppen Wolf
  • 11. (Do The) Push And Pull(Part1) / Rufus Thomas
  • 12. She's Heaven / The Artistics
  • 13. London Town / Wings

selected by 田島貴男


ビクターと契約?

約10年ぶりにメジャーレーベルに復帰した、ようです。長岡亮介との『SESSIONS』はその布石だったことになります。

ビクターエンタテインメント「ORIGINAL LOVE

http://www.jvcmusic.co.jp/-/Profile/A025743.html


「ハッピーバースデイソング」初聴感想

| 「ハッピーバースデイソング」初聴感想 - バベルの塔または火星での生活 を含むブックマーク 「ハッピーバースデイソング」初聴感想 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

ツアーでは、2017年秋の「田島貴男 ひとりソウルツアー 2017」からお披露目されていた新曲。2018年春の「田島貴男 弾き語りツアー 2017」でも本編に演奏されていました。

さらに今回の正規版のリリースの前に、長岡亮介との『SESSIONS』で音源が出ていました。上記の2ツアー同様、アコースティックなアレンジです。

SESSIONS【通常盤】

SESSIONS【通常盤】

ビクター公式 http://www.jvcmusic.co.jp/-/Discographylist/A025995.html

弾き語りツアーのMCでは「ストリングが入る」と言っていたので、かつてのような豪華なアレンジかと思っていましたが、実際にはシンセサイザーによるストリングス。リズムボックスを使い、キーボードのリフが前に出ています。印象としては「エブリデイ エブリデイ」のような感じ。『ラヴァーマン』「ゴールデンタイム」で生音回帰に行ったと思っていたので、その「逆流」には、とても意表を突かれました。音の感じから想像すると、「こどものなみだ」のときのように「ひとり」制作なのかな、と思います。

音が軽い印象があります。まあそれはスティーヴィー・ワンダーへの「Happy Birthday」へのオマージュと解釈すればいいのかな。シンセの軽快なリフは、小沢健二の「アルペジオ」にも通じるものがある気がしますが、最近そういう風潮でもあるんでしょうか?

「ゴールデンタイム」のような派手目路線だと勝手に思っていたから、軽い音作りに初めは戸惑いましたけれど*1、慣れてくれば元の曲調をうまく膨らませたアレンジかなと思います。また、間奏の田島丁寧なソロギターには、かなりグッときます。

[修正] https://twitter.com/tajima_takao/status/988448168206450688 のとおり、岡安芳明氏のものです。

派手にパーティを開く祝い方ではなくて、仕事帰りに駅前で買ったプレゼントを家でそっと渡す感じだった、ということ。

6月のバンドツアーでどう変わっていくのか楽しみです。

*1:こちらのインタヴューによれば「オシャレ」ということだそうです。http://www.diskgarage.com/digaonline/interview/82585

kaz_minekaz_mine 2018/04/25 12:37 重箱の隅をつつくような指摘で恐縮ですが、間奏のギターソロは田島ではないそうですよ。
https://twitter.com/tajima_takao/status/988448168206450688

keyillusionkeyillusion 2018/04/26 16:32 ありがとうございます! まったくノーチェックでした(笑)。

ゲスト



トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/keyillusion/20180424