トップ 最新の日記 ユーザー登録 ログイン ヘルプ

バベルの塔または火星での生活 このページをアンテナに追加 RSSフィード

IDを変え、引越しました。 現在は https://originallove.g.hatena.ne.jp/keyillusion/ です。

2004/10/20 (水)

[] 『SWITCH』11月号  『SWITCH』11月号 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.switch-pub.co.jp/switch/2004/11/index.html

数ヶ月前に比較的古い街に引っ越した事が強く影響しているとか。

[]『街男 街女』のプロモーション状況 『街男 街女』のプロモーション状況 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

街男 街女

街男 街女

発売までいよいよあと1週間。プロモ活動も本格化してきたところで、現在までにほとんどの曲がかかっています。

  • ラジオ番組では「銀ジャケットの街男」か「ひとりぼっちのアイツ」がかかるパターンが多い。「築地オーライ」は話の枕に使われることが多いです。
  • SSTV「ゴゴイチ!」で「赤い街の入り口」が少しかかりました。「くれいぢい」というのがキーワードで、「銀ジャケ」風のブギーな曲でした。漱石の『それから』のラストシーンにインスパイアされた曲というのは『bridge』のインタヴューより。
  • 16日のNACK5J-POP MAGAZINE」では「或る逃避行」かかったそうです。昭和歌謡風の曲で途中ジャジーな展開部があるとか。
  • 「Yen」「夜の宙返り」「鍵、イリュージョン」がまだ出てないようです。*1

[]ニューアルバム『街男 街女』 ニューアルバム『街男 街女』 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

  • 『踊る太陽』の発展形という直感は、いまのところ正しそう。
    『ムーンストーン』にはじまる「和風」のテイストが、このアルバムで結実しそうな予感。
  • 最近田島が「曲の書き方がわかってきた」と言うのは、そういう類のことなのではないか?
  • それがいつ始まったのかといえば、一人になった『DESIRE』からだと思う。このアルバムでいったいなにが「欲望」*2だったのかといえば、自分のオリジナルを探すその欲求だったのではないかといまさらながらに思う。
  • 現時点でアルバムのラインナップを考えると、『DESIRE』のワールドミュージック歌謡曲を思い出したりもする。ただ、『DESIRE』が次に何をするかを探す模索の「第1歩」だったのに比べて、今回は3枚分の試行錯誤の結論にもあたるわけなので、もっと着地点はいいのではないだろうか。
  • とはいっても、今回のアルバムでもやはり「ブギー」が目立つことになりそうなのだが。

*1コメントにあるとおり、両曲とも出ていた。「Yen」だけがかかっていない模様。

*2:どうでもいいが、『ムーンストーン』のサブタイトルは「〜ぼくらの欲望に」である。

トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20041020