トップ 最新の日記 ユーザー登録 ログイン ヘルプ

バベルの塔または火星での生活 このページをアンテナに追加 RSSフィード

IDを変え、引越しました。 現在は https://originallove.g.hatena.ne.jp/keyillusion/ です。

2004/11/30 (火)

[] 東京 SHIBUYA-AX  東京 SHIBUYA-AX - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

オリジナル・ラヴツアー2004秋「街男 街女ツアー」8日目

OPEN 18:00 START 19:00 全指定\5,250

http://www.zepp.co.jp/sendai/

[][] M-ON!TV「ASAHI SUPER DRY The LIVE M-ON!TV「ASAHI SUPER DRY The LIVE」 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.m-on.jp/sp/index_forward=special.html#2004100100000423

19:00〜22:00。SHIBUYA-AXから生中継。

[] 東京 SHIBUYA-AX  東京 SHIBUYA-AX - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

オリジナル・ラヴツアー2004秋「街男 街女ツアー」8日目

OPEN 18:00 START 19:00 全指定\5,250

[][] M-ON!TV「ASAHI SUPER DRY The LIVE M-ON!TV「ASAHI SUPER DRY The LIVE」 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.m-on.jp/sp/index_forward=special.html#2004100100000423

19:00〜22:00。SHIBUYA-AXから生中継。

[] 2004/11/30 東京 SHIBUYA-AX  2004/11/30 東京 SHIBUYA-AX - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

独我的感想もあります。

続きを読む

[]ライヴ観戦記 SHIBUYA-AX ライヴ観戦記 SHIBUYA-AX - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

いまさらですが、ライヴ感想です。

前半が「ヒットメドレー」、後半がアルバムどおり再現。その構成には賛成だった。「『街男 街女』をアルバムどおりに演奏する」ということに興味があったから。以前にも書いたように、最後の2曲の"重み"は、アルバム全体を通して聴けばいっそう増すと思っていたからである。そして実際、ラストの2曲のライヴ版は決して悪いものではなかった。

しかし、前半には不満が残った。去年から今年にかけてのフェスティヴァル向けのセットリストそのまんまだったからだ。「R&R」がオープニングであるということ以外には意外性がまったくない。とくに「接吻」「Rover」「朝日」という流れには、退屈さえ感じた(「BODY FRESHER」はいいのだ。オリジナル・ラヴの「サティスファクション」だから)。

さらに致命的だったのは、アレンジがまったくこれまでの「ライヴどおり」だったことだ。オリジナル・ラヴライヴの魅力は、生で演奏するからありがたい、なんて単純なものではない。曲が始まっても何の曲だかわからないほど徹底的に原曲を換骨奪胎するアレンジが、なにより楽しみなのだ。それが奪われてしまっては、ライヴの魅力の半分はないようなもの。おまけに「残りの半分」、演奏の方も完璧だったとはいいがたい。とくに田島の歌。これも「R&R」だけが渋めのトーンで興味を引かれたほかは、声が出きっていないことが多く、お世辞にも本調子とは思えなかった。

後半。「銀ジャケット」でキーが低くなっていたことが唯一の例外なくらいで、アレンジ自体はほぼ原曲どおり。このことは前半と違ってとくに気にならない。なぜならアルバム直後のツアーで新曲を大きくアレンジしなおすことは、実はあまりないからだ*1

ところで今回のアルバムは、奇を衒った音作りは鳴りを潜めていて、アルバム自体が「ライヴ感がある」といわれるような作り方をしている。それが実際のライヴでどう演奏されるかは、今回のライヴの大きなポイントだ。だがこれも、アルバムを凌駕するような演奏だったとは、あまり思えなかった。アルバムのような音の厚みが薄くなっていていたから。量的にはアルバムから制限された人数でやるのだから、それなりのやりよう(アレンジなど)はあったのではないだろうか。実はこのことは、ライジングサン沈黙の薔薇ライヴでも感じていたのだが、結局今回もその不満が解消されなかったことになる。*2

しかしその中でも見るべきところはあった。「死の誘惑のブルース」と「赤い街の入り口」。田島が新譜で表現したかったという「狂気」が*3アルバム以上にこの演奏ではよく出ていたと思う。とくに後者は「LOVE SONG」をなぜか思い出した。「LOVE SONG」はORIGINAL LOVEの中でも5本の指に入る(たぶん…)ほど好きな曲なのだが、「赤い街」がそういう志向を持った曲だとは、このライヴを見るまで気づかなかった。昔ならもっともっと好きになっていた曲だろう(今ではこんな風に少し冷めた見方をしてしまうがね)。

ん?歌詞の間違い? 画面を見る限りは「カンペ」らしきものはなかったので(モニタースピーカーの後ろに大きな紙はあるのだが、とても全曲の歌詞を書けるような大きさではない。セットリストだろうと思ったのだが…)、前にも書いた理由の範囲でそれは許せた。でも、間違いは多すぎた。「モグラ・ネグラ」でだったか、木原龍太郎が「田島さんに望むことは?」というインタヴューに「僕の歌詞を間違えないでください」と答えていたのを思い出す。三つ子の魂百まで? でも作詞家としての自分に目覚めたのであれば、やっぱり完璧に歌ってほしいところだ。

さて肝心の2曲、「夜の宙返り」「鍵、イリュージョン」はどうだったかといえば、最初にも書いたとおり、決して悪いものではなかった。…なんだか消極的な誉め方だが、それはCDで聴いたあの感動を上回るようなライヴヴァージョンだったのかというときに、そこに若干の違和感があるからだ。具体的には「イリュージョン」の微妙な失踪感のなさが、少し引っかかった。どうでもいいが、前者の曲では涙を浮かべているように見えたのは気のせいだろうか。

以上は、テレビで観た感想ライヴは生き物なので、現場の空気を感じながらなら、また違う感想にもなるだろう。最終公演は生で観るが、そのときどういう風に感じられるのか、不安は大きいものの(だってそう大きく変わることはないだろうから)楽しみにしている。

*1:例外といえば、『XL』の元になった『L』直後のツアーくらいか?

*2:ここの日記には書いてないね。後付で書くのはちょっとアンフェアかも。すまん。

*3:「セルフライナーノーツ」で言っていた。

originalovebeeroriginalovebeer2005/01/17 16:18
# Linda 『テレビ中継見ました。かなり盛り上がり、会場も熱くなってましたね。でも、私は結構モヤモヤ感があって・・・。まず、声が出ていなかったこと。1曲目の出だしで「あれっ?」と思ってしまいました。高音部では、かなり苦しそう。2日、3日前の名古屋では、あれだけの声が出ていたのに・・・。後半では、高いキーの曲が多いのに大丈夫なのか・・・って、もう祈るような気持ちで見てました。でも、うまくこなしてました。さすが、って思いました。それから、やっぱり歌詞。間違い多すぎ、むにゃむにゃ多すぎ。もう、私の中ではカンペ問題ではなく、とにかくしっかり歌ってほしい、と思うようになってきてしまいました。ほんとにもったいないよ、田島さん。AXに行った方の「最高だった」という声を聞くたび、胸が痛くって・・。すいません、ここで吐き出してしまいました。でも、「欲しいのは君」、凄くよかった。泣けます。』 (2004/12/05 09:14)
originalovebeer 『ありがとうございます。感想書いていて途中で投げていますが、だいたいLindaさんと同じ印象です(もうちょっとドライですが)。来週の最終公演を見に行くのですが、その前に感想まとめたいと思います。』 (2004/12/05 11:46)
# rararapocari 『お久しぶりです。【テレビについて】テレビ中継、僕も見たかったです。DVDでも出すのかなあと思っていましたが、皆さんの話を聞くと、そうはならなそうですね。▼【アレンジについて】僕も、最高と感じた野音でのライヴは、ほとんど全曲、出だしで曲目がわからなくてワクワクした口なので、よくわかります。(特に「ドラキュラ」のイントロが凄かった記憶があります。)今回のライヴでは、あまりそこ(アレンジ)の部分で不満は感じませんでしたが、夏のライブを一切見ていないせいかもしれません。何はともあれ、最終日楽しんできてください。』 (2004/12/10 00:22)
originalovebeer 『そういえば前回の「踊る太陽」ツアーがDVDになるというウワサもありましたが、それもなくなりましたね。▼テレビで観ると、どうしても個々のしぐさとか「笑いどころ」とかが伝わってきません。音がなまじクリアなだけに、アラさだけが目立っていたような気がします。臨場感もとても重要なので、「生」で聴いた方がとくに不満を感じていないことはわかります。まぁ当日は、後ろの方で酒呑みながらリラックスして楽しみたいと思っています。』 (2004/12/11 08:46)

トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20041130

2004/11/29 (月)

[]ほぼ日刊イトイ新聞田島貴男の2004オレの5大ニュース」第4回掲載 ほぼ日刊イトイ新聞「田島貴男の2004オレの5大ニュース」第4回掲載 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

ニュースその1「飛行機整備工場でハート奪われる。」第4回

http://www.1101.com/original_love/air-004.html

最終回 メモが‥‥読めない。

トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20041129

2004/11/28 (日)

[] 名古屋 クラブクアトロ  名古屋 クラブクアトロ - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

オリジナル・ラヴツアー2004秋「街男 街女ツアー」7日目

OPEN 18:00 START 19:00 1ドリンク付 全自由\5,250

http://www.zepp.co.jp/sendai/

[] 「TARO-T展」トークイベントゲスト参加  「TARO-T展」トークイベントゲスト参加 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.1101.com/taro/t-shirt/2004-11-05.html

開演16:30 終演18:00予定

[] 2004/11/28 名古屋クラブクアトロ  2004/11/28 名古屋クラブクアトロ - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

続きを読む

originalovebeeroriginalovebeer2005/01/17 16:19
# Linda 『昨日に引き続き、名古屋2日目行ってきました。昨日は、まだ今日のチケットを売っていましたが、完売したようです。今日は観客のテンションが昨日より高かったような感じがしました。歓声、掛け声、盛り上がり凄かったです。田島さんは、私の感想ですが昨日の方がよかったなぁ。今日は、歌詞の間違い、カンペを見る回数も多かったです。なぜかカンペを見てるときの方が歌詞を間違えることが多いんですよね。あれあれ、昨日はちゃんと歌ってたじゃない?1曲目の「R&R」が始まったときに、昨日の物凄い気合いのようなものが、少し薄れていたように感じていました。声は、少し昨日よりはかすれ気味でしたが、物凄い熱唱でした。それだけに、やっぱり歌詞が残念・・・。「赤い街の入り口」では、言葉になってない意味不明な言葉から始まってしまい、演奏を止めてやりなおすという場面も。お客はそれに声援でエールを送ってました。やっぱり歌詞って大事なんじゃないなぁ。田島さんもそう思ってるのでは・・・。目をつむって熱唱した「夜の宙返り」は、やっぱりいい。「鍵、イリュージョン」もしっかり歌ってくれて、やっぱり感動しました。MCは今日もちょこちょこ入っていて「満員御礼の名古屋のみなさんにキッスを送ります」と言って「接吻」を歌い始めました。田島さんのMCで満員御礼であることを知りました。あと、ペットボトルのふたを開けてステージ中央に立ったので、もしやと思ったら、やっぱり前の方の人達にかけてました。それから、「握手」と言って前の方の人達は何回も握手してもらってましたよ。昨日より暴れていて「お祭りふう」だったかな。でも、私は歌で感動させてくれた1日目の方がだんぜん良かったです。1日目のようなライブに遭遇できてラッキーだったと思ってます。今日も2回目のアンコールがあり、「欲しいのは君」を弾き語りで歌ってくれました。この曲は弾き語りだと、より切なくてグッときます。以上、またまた支離滅裂な私的レポでした。』 (2004/11/28 23:22)
originalovebeer 『放置プレイ、失礼しました(鹿島氏ほどではありませんが、久々の休みでした)。詳細な感想、本当にありがとうございます。名古屋の状況がよくわかりました。初日のほうがよかった、とは珍しいかも。
「カンペ問題」はこの界隈だけでの話題だから、気にしてるのだとしたらチェックしてるのかしらん(妄想)。
明日はいよいよSHIBUYA AXですね。生中継のプレッシャーがよい方向に出ることを祈っています。』 (2004/11/30 00:13)
# rararapocari 『確かに生中継はすごいですね。それじゃあ、歌詞は覚えないと・・・。(笑)いずれにしても明日は本当に楽しみですね。熱いレポート楽しみにしています。
ところで、ベース鹿島氏は、本人の日記を見ると遊佐未森のサポートもやっていたのですね。何というか田島貴男と全く相容れないタイプ?なのでびっくりします。久しぶりに聴いてみたいなあ。』 (2004/11/30 01:14)

トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20041128

2004/11/27 (土)

[] 名古屋 クラブクアトロ  名古屋 クラブクアトロ - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

オリジナル・ラヴツアー2004秋「街男 街女ツアー」6日目

OPEN 18:00 START 19:00 1ドリンク付 全自由\5,250

http://www.zepp.co.jp/sendai/

[] 2004/11/27 名古屋 クラブクアトロ  2004/11/27 名古屋 クラブクアトロ - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

続きを読む

originalovebeeroriginalovebeer2005/01/17 16:20
# Linda 『名古屋1日目、行ってきました。ネタバレします。まだ興奮さめやらぬ状態です。興奮しちゃってる・・・ってことは、とっても素晴らしいライブでした。開演前に流れていた音楽はプレスリーではなく、70年代風ロック?よくわからないけど、T.REX?どなたか教えてくださると嬉しいのですが・・・。この名古屋1日目は何週間か前から完売となっていました。ちょっと嬉しいです。曲目は今までとは変わりません。のっけから、盛り上がりナンバーが次から次へと。私のような年増には、休みがほしい、と思わせるほど。MCはちょこちょこ短くありました。「満員御礼です!」とか接吻の前に「名古屋の人に捧げます」とか。接吻では投げキッスをしたり、マイクにキスをしたり。上田さんのシルクハットは、ほとんど田島さんの物と化してました。銀ジャケでも被っていたし、そのあともずっと。銀ジャケを着てシルクハットを被っていると、まるでマジシャンのようで、ハトでも飛ばしてくれたら最高だと思いました。「死と誘惑のブルース」では、帽子を客席に落とし、拾いに降りたりしてました。今回のライブでは、ギターを持つ場面は少なく、ほんとにシンガーに徹してるという感じです。アコースティックギターを持つ曲が何曲かありましたが、田島さんのギター良かったです。「夜の宙返り」の歌はとても素晴らしく、「鍵、イリュージョン」ではCDを聴いたときと同じ感動がありました。アンコール「Jumpin’ Juck Jive 」の掛け合いは「あいあい」「おさ~るさんだよ~」でした。笑えました。そして、今日はなんと2回目のアンコールがあったのです!田島さんが一人で出てきて、「今日は満員御礼なので特別に。全然練習してないんだけど」といい、アコースティックギター1本で「欲しいのは君」を歌い始めました。これが、とても良かったんです。今日のベスト3には入ると思います。田島さんが最後に両手を広げて「欲しいのは君さ~」と歌い、アンコールは終わりました。「明日も来てください」と言って、ステージを去っていきました。カンペ問題についてですが、時々下をチラッと見ることはありましたが、ずっと下を向いていることはなく、それほど気になりませんでした。歌詞の間違いは所々あり、むにゃむにゃとごまかしちゃったところもありました。7月の渋公のときの方がカンペをよく見ていたと思います。田島さんの歌声は絶好調で、CD以上の歌を聴かせてくれたと私は思いました。カンペや歌詞の間違いのことがライブ前は不安でしたが、あの歌を聴いたら吹き飛んでしまいました。あまいかな~。支離滅裂なレポですいませんでした。』 (2004/11/28 00:41)
# CDJ 『凄く良かったみたいですね。ほんと良かった!今回、ハコ規模、雰囲気は重要なんでしょう。酒があるスタンディングのホール。
パブロックのイアンデューリーのカバー演ってるしですね。』 (2004/11/28 01:21)
# Linda 『CDJさん、レスありがとうございます。ファンサイトを見ていて、23日の渋公が「良かった」という声と「不完全燃焼だった」という声がありました。鹿島さんの日記を見ていたら、それなりのことが書いてあり、そうだったんだ~と思いました。そんなこともあり、名古屋も不安だったのですが、ほんとに良かったです!今日の鹿島さんの日記は、一言ですが嬉しいことが書いてありました。見てみてください。やっぱり、ハコや雰囲気って重要なんですね。今回はイスはいらないですね。でも、やっぱり年増には辛い・・・。腰が・・・。でも、頑張ります。名古屋2日目も行ってきます。』 (2004/11/28 10:58)

トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20041127

2004/11/26 (金)

[]ほぼ日刊イトイ新聞田島貴男の2004オレの5大ニュース」第3回掲載 ほぼ日刊イトイ新聞「田島貴男の2004オレの5大ニュース」第3回掲載 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

ニュースその1「飛行機整備工場でハート奪われる。」第3回

http://www.1101.com/original_love/air-003.html

第3回 「どうしよう、欲しくなっちゃったよ!」

トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20041126

2004/11/25 (木)

[]ほぼ日刊イトイ新聞田島貴男の2004オレの5大ニュース」第2回掲載 ほぼ日刊イトイ新聞「田島貴男の2004オレの5大ニュース」第2回掲載 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

ニュースその1「飛行機整備工場でハート奪われる。」第2回

http://www.1101.com/original_love/air-002.html

第2回 「ちくしょー、携帯忘れた!!」

トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20041125

2004/11/24 (水)

[] JFN 特番 「オリジナル・ラヴ プロデュース スーパーエディション」  JFN 特番 「オリジナル・ラヴ プロデュース スーパーエディション」 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www2.jfn.co.jp/se/

第4回(最終回)。
放送局によって曜日・時間が違うので確認のこと。

[]ほぼ日刊イトイ新聞田島貴男の2004オレの5大ニュース」連載スタート ほぼ日刊イトイ新聞「田島貴男の2004オレの5大ニュース」連載スタート - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

ニュースその1「飛行機整備工場でハート奪われる。」第1回

http://www.1101.com/original_love/air-001.html

第1回 「天文物理に無駄にくわしい ミュージシャン。」

トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20041124

2004/11/23 (火)

[] 東京 渋谷公会堂  東京 渋谷公会堂 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

オリジナル・ラヴツアー2004秋「街男 街女ツアー」5日目

OPEN 17:30 START 18:00 DRINKなし 全指定\5,250


トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20041123

2004/11/22 (月)

[] HTB北海道テレビ)「夢チカ18」  HTB(北海道テレビ)「夢チカ18」 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.htb.co.jp/yumechika/

24時40分〜

例によってオフィシャルになし。北海道の方、間に合いましたか?

[]カンペ問題OK? カンペ問題OK? - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://d.hatena.ne.jp/rararapocari/20041122

これこそ太郎への背信だよなぁと思いました。間違いを恐れるとは何事?

いまひとつ真剣味に欠けると言われても仕方ないでしょう。田島貴男が歌詞を覚えるのが苦手なのはライヴを見たことがある人ならすぐにわかることですし、だからこそ、今回のモチベーションを持ってそれと対峙する田島が見たいわけです。*1

まぁもしカンペを見ていたら、「下向くな!」と野次ることにします。

*1:克つとは限らない。「やっぱり間違ってるよ、はははは」と終わってもいいのだ。

originalovebeeroriginalovebeer2005/01/17 16:21
# rararapocari 『こんばんは。カンペ問題は、最近の田島貴男の言動とは一致しないので、余計に目立ちます。本日(23日)の渋公では一体どうだったのでしょう?』 (2004/11/24 00:29)

トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20041122

2004/11/20 (土)

[] M-ON!TV「セルフライナーノーツ」(再放送)  M-ON!TV「セルフライナーノーツ」(再放送) - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.m-on.jp/index.html

24:00〜25:00 最後の放送

トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20041120

2004/11/19 (金)

[] JFN 特番 「オリジナル・ラヴ プロデュース スーパーエディション」  JFN 特番 「オリジナル・ラヴ プロデュース スーパーエディション」 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www2.jfn.co.jp/se/

11月3日から毎週水曜日。全4回。
放送局によって曜日・時間が違うので確認のこと。

トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20041119

2004/11/18 (木)

[] 大阪 なんばHatch  大阪 なんばHatch - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

オリジナル・ラヴツアー2004秋「街男 街女ツアー」4日目

OPEN 18:00 START 19:00 全指定\5,250

トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20041118

2004/11/17 (水)

[] JFN 特番 「オリジナル・ラヴ プロデュース スーパーエディション」  JFN 特番 「オリジナル・ラヴ プロデュース スーパーエディション」 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www2.jfn.co.jp/se/

第3回。
放送局によって曜日・時間が違うので確認のこと。


[] NHK BS2夢・音楽館」第63回 出演 (再放送)  NHK BS2「夢・音楽館」第63回 出演 (再放送) - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.nhk.or.jp/yume/index.html

3:00〜3:30

with忌野清志郎バンド
司会:中村雅俊*1

最後の放映。

*1:桃井のピンチヒッター

トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20041117

2004/11/16 (火)

[] 福岡 ZEPP FUKUOKA  福岡 ZEPP FUKUOKA - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

オリジナル・ラヴツアー2004秋「街男 街女ツアー」3日目

OPEN 18:00 START 19:00 DRINK 500円 全指定\5,250

http://www.zepp.co.jp/sendai/




[] RKB TVチャートバスタースR!」  RKB TV 「チャートバスタースR!」 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.rkb.ne.jp/cbr/

CDJさんのコメントの通り、後追いの情報です。

オフィシャルは出演情報くらいは完璧にやってほしい。その隙間にファンサイトの存在意義も出てくるのかもしれないけれど、現に完璧にできてるところはないわけなのだし。(←自戒です)

[] M-ON!TVセルフライナーノーツ」(再放送)  M-ON!TV「セルフライナーノーツ」(再放送) - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.m-on.jp/program/program_detail_forward=detail&programId=2004040500000020.html

12:00〜13:00

(15日と書いていたのは間違いでした。)

次回リピート 11/20(土) 24:00〜25:00

[] NHK総合「夢・音楽館」第63回 出演 (再放送)  NHK総合「夢・音楽館」第63回 出演 (再放送) - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.nhk.or.jp/yume/index.html

26:00-26:49

with忌野清志郎バンド
司会:中村雅俊*1

以後の放送予定

11月17日(水)BS2

[] 福岡 ZEPP FUKUOKA  福岡 ZEPP FUKUOKA - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

オリジナル・ラヴツアー2004秋「街男 街女ツアー」3日目

OPEN 18:00 START 19:00 DRINK 500円 全指定\5,250

http://www.zepp.co.jp/sendai/

[] 2004/11/17 福岡 ZEPP FUKUOKA  2004/11/17 福岡 ZEPP FUKUOKA - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

CDJさんからの情報です。

続きを読む

*1:桃井のピンチヒッター

originalovebeeroriginalovebeer2005/01/17 16:22
# CDJ 『11月16日 25:58~ RKB TV 「チャートバスタースR!」
田島貴男 インタビュー 
地方 福岡TV局でOLを結構取り上げてくれる番組。キャスターの「田畑竜介」は、個人的なフェバリットアーティストとして「OL」を挙げていて、この日のZEPP福岡にも来てた。なんていい人だ!』 (2004/11/17 18:17)
# CDJ 『にしても、ほんとオフィシャルどうしてんでしょうか?ちょっと愚痴りたくなります。(笑)見逃した人も多いのでは。確か今週土曜に再放送する予定です。内容ですが、この番組 トークのセットが、なぜがお座敷畳で、この日は、バックが「時間ですよ」
みたいな感じで。ちゃぶ台の上には焼酎「田園?」が。
トークの内容は、「最近、歳をとるごとにテンションがあがり、曲のキーも上がっていく。銀ジェケは以前だったらやらないキーの高さにしている」とのこと。雑誌に近いインタビューでした。』 (2004/11/17 18:30)

トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20041116

2004/11/15 (月)

[] 広島 クラブクアトロ  広島 クラブクアトロ - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

オリジナル・ラヴツアー2004秋「街男 街女ツアー」2日目

OPEN 18:00 START 19:00 1ドリンク付 全自由\5,250

[] M-ON!TVセルフライナーノーツ」(再放送)  M-ON!TV「セルフライナーノーツ」(再放送) - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.m-on.jp/index.html

12:00〜13:00

トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20041115

2004/11/14 (日)

[] FM802KDDI SUPER J-HITS RADIO」  FM802「KDDI SUPER J-HITS RADIO」 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://funky802.com/sjr/

20:00〜22:00

[] M-ON!TVセルフライナーノーツ」  M-ON!TV「セルフライナーノーツ」 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.m-on.jp/index.html

22:00〜23:00
この番組は毎回本人による全曲解説があるので、要チェック。

トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20041114

2004/11/12 (金)

[] 仙台 ZEPP SENDAI  仙台 ZEPP SENDAI - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

オリジナル・ラヴツアー2004秋「街男 街女ツアー」初日

OPEN 18:00 START 19:00 DRINK 500円 全指定\5,250

http://www.zepp.co.jp/sendai/

[]セットリストについて セットリストについて - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

ズバリ、この日記では「ネタバレ」します。そのつもりで読んでください。わかる範囲で、各日のセットリストを載せていくつもりです。

ただ、「続きを読む」記法を使って各日の最後に書きますので、それぞれの日をクリックさえしなければわからないようには配慮します。

が、コメントに書かかれる場合はこちらもどうしようもないので、ご勘弁ください。(各ライヴコメント大歓迎です。どうかお気にせず)

[] 2004/11/12 仙台 ZEPP SENDAI  2004/11/12 仙台 ZEPP SENDAI - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

続きを読む

トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20041112

2004/11/11 (木)

[] NHK総合「夢・音楽館」第63回 出演  NHK総合「夢・音楽館」第63回 出演 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.nhk.or.jp/yume/index.html

23:15-23:44

ORIGINAL LOVE
忌野清志郎バンド
司会:中村雅俊(桃井のピンチヒッター)

  1. トランジスタラジオ(清志郎)
  2. ひとりぼっちのアイツ(田島)
  3. ステップ!(共演・田島編曲)
  4. 銀ジャケットの街男(田島)
  5. JUMP!(清志郎)

なお収録は10月13日。

以後の放送予定

11月16日(火)総合テレビ(再放送) 深夜2:00-2:49 
11月17日(水)BS2 

田島と清志郎の共演って、ちょっと面白い。15年変わり続けることを売りにしてきた男と、35年スタンスの変わらない男の共演。そういえばこの二人ミツキヨっぽいよね。

[]3人が飲んでいた焼酎は? 3人が飲んでいた焼酎は? - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

id:rararapocari さんのコメントからの質問。

NHK的配慮によりラベルはまったく見えませんでしたが、「幻の焼酎」ということで「森伊蔵」だろうと思っていました。何か確証はないか?と探してみましたが、かすかに見える裏ラベルの文字の配置から、やはりこの酒で間違いないようですね。

http://www.geocities.co.jp/Foodpia-Celery/4444/shochu/moriizo.htm

田島はこの酒を飲んで「オレって酒飲めるじゃん」と開眼したそうです。「これ瓶は珍しいんですよね」と田島は言っていますが、甕出しなんて見たことない…。

とてもおいしい酒ですが、いま不必要に高いです。上のサイトでも言われているとおり、順当な値段でこそ味の価値がわかると思います。

[]『街男 街女』酒めぐり 『asin:B0002XVTAU:title』酒めぐり - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

「街」と同時に「酒」のアルバムでもある今回のアルバム。各曲ごとに酒をチョイスして遊んでみました。ライヴ前後の参考になれば幸い……あんまり役には立たないか。

続きを読む

[]ライヴ曲予想 ライヴ曲予想 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

もうひとつお遊び。やはりrararapocariさんもやろうとしていたライヴ曲予想。ライヴ明日からですのであしからず。

  1. 築地オーライ
  2. ふられた気持ち
  3. 死の誘惑のブルース
  4. 朝日のあたる道
  5. のすたるぢあ
  6. 沈黙薔薇
  7. 夜の宙返り
  8. Yen
  9. 愛のサーキット
  10. 銀ジャケットの街男
  11. ブギー4回戦ボーイ
  12. 接吻
  13. The Rover
  14. こいよ
  15. 鍵、イリュージョン

encore1

  1. ひとりぼっちのアイツ
  2. 月の裏で会いましょう
  3. R&R

encore2

  1. ムーンストーン
  • オープニングはアレ以外には考えたくない。
  • 「鍵、イリュージョン」はぜひ本編ラストで。
  • 「Yen〜愛のサーキット」をなんか聞いてみたい。
  • なんとなく「月裏」やんないかな。(ヤマ張り)
  • カヴァーもやりそうだけど、正直わかんないっす。*1

文脈的にやらなさそうだけどやってほしいのは
青空」「MP」「ショウマン」「Glass」
過去曲だと「TIME」「Best Day」「ミリオン」「ブロンコ」

[]田島の歌詞世界 田島の歌詞世界 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

コメントにしようと思ったが、トラックバックにした。

http://d.hatena.ne.jp/originalovebeer/20041105 へのアンサー日記

そういった「聴き流せないメッセージ」みたいなものが、過去の作品では出せていなかったのだと思う。

はてなダイアリー - はてなダイアリー始めました。

このrararapocariさんの指摘はなるほどと思った。ラスト2曲だけがなんだか世界が違うのは、この「メッセージ性」の強さ(社会的政治的なものではなくて)なのかもしれない。

「歌詞を書くのは曲作り以上にきつい」と公言してはばからない田島が、歌詞にこだわるようになったのはいつごろだろう?*2 『L』のときにはもう明確に拘っていたのは覚えている。歌詞の世界が変わったのは、「朝日のあたる道」くらいからだろうか。『EYES』のころから社会性を意識しだしたり。レッドカーテンのころはまだ英語で歌っていて、「リアリティ」を追求しようと日本語の曲も書くようになっていったのだっけ(当時のインタヴューによる)。

オリジナル・ラヴ音楽は、楽曲やヴォーカルばかりに目が奪われて(当然といえば当然だが)、歌詞に関してトータルな分析を見たことがない。過去インタヴューはだいぶ溜め込んでいるから、それを足がかりにしていつの日かまとめてみたい。ネックは時間よりも、自分の詩的文学的センスだけれども…。

*1:今日のテレビを見てRCやるかもと思った。単純。

*2:同じように歌詞を書くのが苦手な小山田圭吾はついに歌世界を追い出しかけている。

originalovebeeroriginalovebeer2005/01/17 16:24
# CDJ 『いや~凄い。酒めぐり、心して読ませてもらいます。
「はてなダイアリー」で良かった。クリックしまくりで便利。
ライヴいよいよですね。ライヴ曲予想。なるほど。「愛のサーキット」!合うかも!!ブギー色強しですね。自分は、あと「アダルトオンリー」2004年版の「フェアエル」演って欲しい。あれ何か予想ではなく要望になりがちです。』 (2004/11/12 01:21)
# CDJ 『2004年版「フェアエル」とは「ひばり」的な歌い方。自分的には、ハズレ1曲目は「逃避行」だったりします。序盤クールな感じで、後半盛り上がり立ち上がりに「築地」。やっぱ違うか。』 (2004/11/12 01:35)
originalovebeer 『>ブギー色
どうしても7月の「沈黙の薔薇」ライヴとライジングサンが頭から抜けずに、とても無難な予想になってしまいました。田島はきっともっと突拍子もないことをやるとは思ってます。「愛のサーキット」はせめてもの希望です。
▼「逃避行」1曲目は充分アリそうですね。『DESIRE』ツアーのときの「黒猫」の感じですね。
▼たしかに「フェアウェル」は今すごく聴きたい曲のひとつです。「夜の宙返り」との対比がすごく面白い曲だと思います。「冒険王」も今やってほしい曲の一つですが、「冒険」は”太郎的”にはダメなことなのだそうで、今回はなさげです。』 (2004/11/12 23:11)
# CDJ 『逃避行のハズレ1曲目にしてのは正にそれ。伝わって良かったです。あとこの日放送されたNHK TVですが、RC「ステップ」順当なアレンジ(ソウルダンスチューン)ですが、最近のOLには無く、スゴク新鮮でした。「ソウルタトゥー」「ミッドナイトシャッフル」辺り。それと、「こぐれっち」にはほんと参りました。
あのオールフロント。あの首のまがり具合でのってる姿、やられました。また、ライヴ後、お邪魔します。』 (2004/11/13 15:15)
# rararapocari 『仙台公演、行ってきました。感想等は11/13の日記をご覧ください。セットリストは、間違いないと思いますが、是非、こちらの頁でも使ってください。あともう一公演くらい行きたいです。』 (2004/11/13 23:00)
# rararapocari 『東京番外地ですが、何となく北区在住の友人が馬鹿にされていたという記憶があったので、つい北区に・・・▼今回記述のあるお酒のうち、いくつか飲んでみたいですね。ちなみに夢・音楽館で3人が飲んでいた焼酎は何ですか?▼歌詞の話題>そうですね。歌詞へのアプローチというのは非常に少ないですね。僕自身は、「音」の部分を語る言葉をあまり有していないので、はてなダイアリーの中で取り上げる他のミュージシャンについては、歌詞の話ばかり書いていますが、オリジナル・ラヴの歌詞は、やはり挙げにくいですね。機会があれば是非取り上げていただけることを楽しみにしています。』 (2004/11/13 23:16)
originalovebeer 『「ステップ」はライヴの曲候補でもあったんでしょうね。すごく気合の入ったアレンジだったと思います。イっちゃっていた木暮っちも最高。』 (2004/11/13 23:40)
originalovebeer 『セットリスト、言われる前にさっそく使わせてもらいました。本当にありがとうございます。▼田島の歌詞は、「文学的」とか「音韻的」とかの特徴が少ないような気はしてます。インタヴューでも「なぜ今こういうテーマの歌詞なのか」という話が中心ですよね。その辺の流れを押さえられるような「まとめ」なら可能かなと思っています。…と、形になるのはいつの日になるかわかりませんので、半分忘れながらお待ちください。』 (2004/11/13 23:40)

トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20041111

2004/11/10 (水)

[] 松任谷由美太陽逃亡者」にゲストヴォーカル  松任谷由美 「太陽の逃亡者」にゲストヴォーカル - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

VIVA! 6X7*1

http://www.toshiba-emi.co.jp/yuming/info/index_j.htm

ニューアルバム「VIVA! 6X7」の1曲目。デュエットで参加。曲のテーマは「駆け落ち」とのこと。

[] JFN 特番 「オリジナル・ラヴ プロデュース スーパーエディション」  JFN 特番 「オリジナル・ラヴ プロデュース スーパーエディション」 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www2.jfn.co.jp/se/

第2回。街男街女ストーリーゲストスカパラ茂木欣一
放送局によって曜日・時間が違うので確認のこと。

*1:よく見たらすごい信藤っぽい…

トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20041110

2004/11/09 (火)

[] NHK BS-hi「夢・音楽館」第63回 出演  NHK BS-hi「夢・音楽館」第63回 出演 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.nhk.or.jp/yume/index.html

14:30〜15:00

with忌野清志郎バンド
司会:中村雅俊*1

以後の放送予定

11月11日(木)総合テレビ       23:15-23:44 
11月16日(火)総合テレビ(再放送) 深夜2:00-2:49 
11月17日(水)BS2 

*1:桃井のピンチヒッター

トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20041109

2004/11/07 (日)

[][] TOKYO FMACCESS ALL AREA」公開生放送  TOKYO FM「ACCESS ALL AREA」公開生放送 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.tfm.co.jp/aaa/

15:00〜15:55。渋谷スペイン坂スタジオで生出演。

トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20041107

2004/11/06 (土)

[] M-ON!TV「George's 1 HOUR」再放送  M-ON!TV「George's 1 HOUR」再放送 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.m-on.jp/sp/index_forward=special.html#2004090100000980

21:00〜22:00

最後のリピート

[] 『ダ・ヴィンチ2004年12月号  『ダ・ヴィンチ』2004年12月号 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.mf-davinci.com/

「気になるあの人の気になる一冊」(P13カラー
志ん朝落語〈1〉男と女」を挙げています。アルバムについても少し語っています。

トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20041106

2004/11/05 (金)

[]『街男 街女』1週間目の感想 『街男 街女』1週間目の感想 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

太郎と貴男

自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間

街男 街女』を買った同じ日、岡本太郎の『自分の中に毒を持て』も買った。本屋を冷やかしていたらたまたま見つけたので買ってみた。ファンならご存知の通り、前々作『ムーンストーン』と前作『踊る太陽』の間に田島が出会い、絶賛し続けている本だ。彼の音楽への影響は非常に大きい。滑稽すぎるほどに。

http://www.originallove.com/WebSite/voice.html 2002.7.25付参照

この直後にシングル「恋の彗星」を書き、そこから『踊る太陽』を作っていった、というのが前作の製作過程。

さて、2年遅れで実際にこの本を読んでみた。たしかにすごい。力強く重量級のフレーズで溢れ返っている。田島はこの本のほとんどに線を引いてしまっているそうだ。

http://www.1101.com/taro/idenshi/2003-12-09.html

この本に線を引きまくってしまう田島貴男は、本当にそういう生き方をしてきた人なんだろう。なぜなら、岡本太郎の言うことはあまりに理想論のようで*1、そこに線を引くほど共感できるということは、実際に同じことを考えてきたのだとしか思えない。自分の場合は、そのフレーズを「理解」することはできるが、とても「共感」というレヴェルにまではいかなかった。*2

太郎への背信?

この太郎の著作は、当然のように『街男 街女』へも多大な影響を与えたのだろうか?

「今までの自分なんか蹴トバしてやる」「芸術はきれいであってはいけない」「自分を笑え」「不器用だからこそ美しい」。こんな太郎のフレーズを、アルバムを聴いた方ならサウンドとして実感できるだろう。調子はずれスレスレ、絶叫気味のヴォーカル、ひずんだギター、コテコテのサウンドなどなど。

ところが、ここにちょっとした違和感が残る。まるで、太郎が「こうすべきだ」と書いてあるとおりに、田島はエネルギーを発散しているようではないか?

このアルバムにものすごくイジワルな見方をするならば、サウンドクリエイションの点から特に新鮮味があるわけではないし、過去の作品で聴いたようなフレーズも多く(ビートルズ色も妙に濃いと思う)、行き過ぎたねっちょり声はときに滑稽でさえあり、いまどき昭和歌謡もないだろうという微妙時代錯誤もある。まさか、それらの免罪符のための岡本太郎なのか? そもそも、他人の権威に拠りかかった振舞いなんて、それこそ、太郎への重大な背徳なのではないか?

だが大丈夫、そうではないのだ。その反証が、「夜の宙返り」と「鍵、イリュージョン」のアルバム最後の2曲だ。(この2曲の重要性に直感したことは、id:originalovebeer:20041027#p9にも書いた)

美しく切ないこの2曲は、表面的にはそれこそ、これまでどおりの無難なオリジナル・ラヴであるように聴こえる。先の「太郎的」なものからも、最も遠いように聴こえる。しかしこの2曲には、それまでの8曲とぜんぜん違うものを感じる。そこまでの8曲は、どこか太郎のイメージを借りた絵空事のような曲だったのに対して、ラスト2曲は、生身の田島貴男音楽の向こうに浮かび上がってくる。ものすごく「リアル」な感覚があるのだ。

このアルバムの主題

「鍵、イリュージョン」に関しては、インタヴュアーもなぜかズレたことを言っている。『Barfout!』では山崎二郎氏が<誰にも渡しちゃいけないものが君の中にもあるんじゃないか>、『MARQUEE』ではMMMatsumoto氏が<気持ちがあるなら、自分が歩いた旅の先に奇跡がある>を言及。共にサビのフレーズだ。

自分は両氏のインタヴューをいつも楽しみにしていて、いつもいいインタヴューをするなぁと感心しきりなのだが、今回は初めてイタダケナイと思った。だって、そんな抽象的な物言いがこの曲、ひいてはこのアルバムの主題であるはずがない。それらはフレーズとして格好がいいからサビになっているのにすぎない。*3

本当の主題は、何度聴いても「最後の二行」以外にありえない。こんなに力強く、悲壮感さえも溢れるフレーズがあるじゃないか! ここの二行を聴くと、田島の「生(せい)」がブワーッと自分の感覚を覆い尽くしていく。その感覚は、「やっぱり愛だよね」なんて詞面だけの単純な共感じゃなくて、田島の現存在がこちらの方へもはみ出してくるほど強烈なものだ。これこそ芸術。そう呼ばなければ、芸術っていったいなんなのだろう。この感覚、かつては小沢健二の「天使たちのシーン」でも感じたものに近い、といえばわかる人にはわかってもらえるだろうか。田島は、最後の2曲で「太郎的」なことをしないことで太郎に打ち克ち、しかも太郎がもっとも強調していた「芸術=人間」ということを実践してしまったのだ。

新装開店とは

今度のアルバムを「新装開店オリジナル・ラヴ」と田島は言う。それは「築地オーライ」にはじまる、表面的に太郎チックな音楽のことではないと思う。それは次の次のアルバムのころにはもう跡形もないだろう。そんな他から照らされて表面だけが明るい音楽ではなくて、それ自体で光り輝くような音楽田島貴男という一人物の「生」で溢れまくる音楽、それこそがオリジナル・ラヴの新しい境地だ……と、この2曲が「突然変異」的に発生した曲でないことを祈って、そう思う。

*

田島貴男の濃いキャラクターが頭をよぎり、「そんな現存在はおことわり」と思った人もいるかもしれないけど(笑)、良質な音楽だけが持つ表現力がこのアルバムにはあると思う。「わかる人にだけわかる」アルバムではないと思う。一人でも多く、このアルバムを聴いてほしい。*4

街男 街女

街男 街女

*1:それを実際にやっているのだからすごいのだが。

*2:自分は、岡本太郎に「ばかやろう!」と一括されてしまうタイプの人間なのだろう。ただし、ある1章だけは「YES!!!」と非常に共感できた。

*3:現に『MARQUEE』では田島の言葉で「なんかね、『そのフレーズいいなぁ』と思って」とある。

*4:最高傑作なの?と言われれば、実はそうは思っていない。6メートルの棒高跳びを10cmくらい余裕を持って飛びきったブブカみたいな感じ。

originalovebeeroriginalovebeer2005/01/17 16:53
# CDJ 『なるほど。そうですよね。新装開店の意味は、そのような感じを受けます。歌謡テイストの部分は、いろんなとこ見ても結構分かれた意見が多いですね。自分的には、前8曲も結構評価してて、「ムーンストーン」の時に田島がよく言ってた「ブルース」がやっと完成した感じがします。それと過去のライヴレポみてたら95年30日の大阪ライヴで「ジャピング ジャック」の曲間になんと「買い物ブギ」のサビを歌ってたってあって。マジ!当時そのライブ自分見てたのに覚えてなかったなぁ~。まさか、ジャンプジャズ~昭和歌謡のアイディアはその時に!』 (2004/11/07 13:48)
originalovebeer 『読み返すと熱に浮かされてのウワゴトのような文章ですね。まあそれもいいか。
前8曲を貶めるような書き方はもちろん意図的です。逆に最後の2曲だけならこういう感想にはならないでしょうね。「ブルース」が完成したのはまさにおっしゃるとおりだと思います。
大阪のは飛天ですよね? 自分も見たんだけど、覚えてない…。』 (2004/11/08 11:14)
# CDJ 『originalbeerさんが愛をもって書いてる文章だと誰もが
感じてると思いますよ。95年大阪の飛天の分は、UN OFFICIALでリンクしているHPで見ました。』 (2004/11/08 17:16)
# rararapocari 『ラスト2曲が特別である、というのには非常に共感を覚えます。なお、感動する文章だったので、日記を一部引用させていただきました。

2004/11/03 (水)

[] FM横浜「MUSIC KINGDOM」出演  FM横浜「MUSIC KINGDOM」出演 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.fmyokohama.co.jp/onair/program/king/index.shtml

19:30〜23:00。生出演。

[] JFN 特番 「オリジナル・ラヴ プロデュース スーパーエディション」  JFN 特番 「オリジナル・ラヴ プロデュース スーパーエディション」 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www2.jfn.co.jp/se/

今日から毎週水曜日。全4回。今日は自己紹介。
放送局によって曜日・時間が違うので確認のこと。


[] 『街男 街女』オリコンチャート43位(11月第1週)  『街男 街女』オリコンチャート43位(11月第1週) - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www2.oricon.co.jp/search/album.asp?mcd=206089

izushiさんからの情報です。ありがとうございます。

0.5万枚の模様。

http://d.hatena.ne.jp/sugi00/20041104

トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20041103

2004/11/02 (火)

[] FM802HIRO-T'S MORNING JAM FM802「HIRO-T'S MORNING JAM」 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://funky802.com/morningjam/musicjourney/index.html

6:00〜10:00 9時台に生出演

[] JFN恵俊彰のディアフレンズ」出演  JFN「恵俊彰のディアフレンズ」出演 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.boyfm.co.jp/event/#dear

11:00〜11:30

[] FM OSAKA「Afternoon Cafe FM OSAKA「Afternoon Cafe」 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://fmosaka.net/index_acafe.html

13:00〜16:50 14時台に生出演

http://kabocha.co.jp/

Hiro-T's Diaryに写真掲載予定

[] J-WAVE「TR2」生出演  J-WAVE「TR2」生出演 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.j-wave.co.jp/original/tr2/

26:00〜28:00
DJ:みうらじゅん 安斎肇

生出演。東京大阪。ご苦労様。

[] ポニーキャニオンサイト『街男 街女』試聴  ポニーキャニオンのサイト『街男 街女』試聴 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.ponycanyon.co.jp/wtne/cdj/pcca80031.html

  • 銀ジャケットの街男 (冒頭から42秒・PVもあり)
  • Yen (冒頭から42秒)
  • 或る逃避行 (イントロなし1番から42秒)
  • 夜の宙返り (冒頭から42秒)
  • 鍵、イリュージョン (イントロなし1番から42秒)

以上5曲。例によって、これだけだと「良さ」はわかりづらいと思います。


[] Music Nifty 『街男 街女』レビュー  Music Nifty 『街男 街女』レビュー - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

「大人の芳香が匂いたつアダルト・オリエンテッドな一枚」

あぁ、そういえばこのアルバムAOR」だよなぁ。ただしAはAlbumの方。それと、横山剣の場合は、向こうが田島に「嫉妬」していたのである。


[] Listen Japan 『街男 街女』レビュー  Listen Japan 『街男 街女』レビュー - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://music.yahoo.co.jp/jpop/cd_reviews/listen/20041026/lisrvw001.html

ロバートプラント。「全盛期」って当然後期ですよね? それなら納得。

[] 『TV.Bros』10.30→11.12号  『TV.Bros』10.30→11.12号 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.tokyonews.co.jp/book_pages/book_tvbros_top.html

忌野清志郎コラムのページに、清志郎と田島のツーショット写真あり。17ページです。

[]歴代アルバムチャートオリコン歴代アルバムチャート(オリコン) - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

アルバムチャート

CDJさんのリクエストです。

改めてオリコンサイトを見たら、今でも最高順位・登場回数の結果は出ますね。ただ、自分が調べたときは「得点」という数値も出ていたので、それをあわせて紹介します。「得点」はおそらく単位が「10枚」です。

 

最高順位

登場回数

得点

1

LOVE!^3

-

-

-

2

結晶

10

7

6363

3

EYES

-

-

4

風の歌

-

-

5

3

8

23986

6

DESIRE

-

-

-

7

ELEVEN

9

5

9028

8

L

17

4

4084

9

26

2

1298

10

ムーン

40

2

879*2

11

29

5

12

街男

?

?

*1:記憶による

*2:1週目時点での得点

originalovebeeroriginalovebeer2005/01/17 16:52
# rararapocari 『こんばんは。“調査”お疲れ様です。オリコンのサイトに行ったんですが、どこから「最高順位・登場回数」を調べるのでしょうか?登録みたいなものが必要ですか?あと、「-」になっていますが、『DESIRE』は結構売れているはずですよね。こういうチャートアクションも結構おもしろいですね。』 (2004/11/03 01:14)
# CDJ 『こちらも調査有難うございます。私の記憶でいくと確か「DESIRE」が一番売れてますよね。30万っていったような。
田島自身 ロッキンオンのインタビューで。上記のリスト見ると
「クランチ」前後でセールスが大きく違いますね。個人的には
凄く大事なアルバムなんですけどね。「ムーン」はタイアップ
無しが響いたのか?「街男」各HP見ても評判いいんじゃないですか。』 (2004/11/03 01:17)
originalovebeer 『「CD検索」から「オリジナル・ラブ」で検索をかけてください。各アルバム/シングルの中に「最高順位・登場回数」があります(すべて手動で調べました)。嫌らしいことには、「ORIGINAL LOVE」「オリジナル・ラヴ」でしか引っかからないものもあります。
http://www2.oricon.co.jp/search/artist.asp?category=2&artist=%83I%83%8A%83W%83i%83%8B%81E%83%89%83u
実は『EYES』と『風の歌』の初登場時のチャートの切抜きを持っているのですが、ちょっと探さないとならないです。『EYES』はたしか最高3位だったような…。
PS 「オリコンサイト」のリンク直しました。ありがとうございます。』 (2004/11/04 20:48)
originalovebeer 『『DESIRE』30万枚とは知りませんでした。ありがとうございます。ちなみに「プライマル」は手元の「オリコン推定売上」によれば47万枚、別の話では60万枚という数字を聞いたこともあります。
改めて見て、『ビッグクランチ』でここまで苦戦していたのには驚きました。もったいないことです。』 (2004/11/04 20:53)
# izushi 『書くところ間違えました。。
オリコン初登場43位でした。う~ん、何でだろう。』 (2004/11/05 11:35)
originalovebeer 『情報ありがとうございます。うっはー、『ムーンストーン』以下かぁ。プロモーションは結構しっかりやってると思うのだけれど、タイアップの有無が大きいようですね。
本誌を見なければ数字はわかりませんが、この売り上げ枚数が現在のファンの人数に近い値なんでしょうね。』 (2004/11/05 17:32)

トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20041102

2004/11/01 (月)

[] Kiss-FMKiss MUSIC PRESENTER」  Kiss-FM「Kiss MUSIC PRESENTER」 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.kiss-fm.co.jp/pc2/musicpresenter/

17:30〜18:30 生出演

トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20041101