トップ 最新の日記 ユーザー登録 ログイン ヘルプ

バベルの塔または火星での生活 このページをアンテナに追加 RSSフィード

IDを変え、引越しました。 現在は https://originallove.g.hatena.ne.jp/keyillusion/ です。

2004/11/27 (土)

[] 名古屋 クラブクアトロ  名古屋 クラブクアトロ - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

オリジナル・ラヴツアー2004秋「街男 街女ツアー」6日目

OPEN 18:00 START 19:00 1ドリンク付 全自由\5,250

http://www.zepp.co.jp/sendai/

originalovebeeroriginalovebeer2005/01/17 16:20
# Linda 『名古屋1日目、行ってきました。ネタバレします。まだ興奮さめやらぬ状態です。興奮しちゃってる・・・ってことは、とっても素晴らしいライブでした。開演前に流れていた音楽はプレスリーではなく、70年代風ロック?よくわからないけど、T.REX?どなたか教えてくださると嬉しいのですが・・・。この名古屋1日目は何週間か前から完売となっていました。ちょっと嬉しいです。曲目は今までとは変わりません。のっけから、盛り上がりナンバーが次から次へと。私のような年増には、休みがほしい、と思わせるほど。MCはちょこちょこ短くありました。「満員御礼です!」とか接吻の前に「名古屋の人に捧げます」とか。接吻では投げキッスをしたり、マイクにキスをしたり。上田さんのシルクハットは、ほとんど田島さんの物と化してました。銀ジャケでも被っていたし、そのあともずっと。銀ジャケを着てシルクハットを被っていると、まるでマジシャンのようで、ハトでも飛ばしてくれたら最高だと思いました。「死と誘惑のブルース」では、帽子を客席に落とし、拾いに降りたりしてました。今回のライブでは、ギターを持つ場面は少なく、ほんとにシンガーに徹してるという感じです。アコースティックギターを持つ曲が何曲かありましたが、田島さんのギター良かったです。「夜の宙返り」の歌はとても素晴らしく、「鍵、イリュージョン」ではCDを聴いたときと同じ感動がありました。アンコール「Jumpin’ Juck Jive 」の掛け合いは「あいあい」「おさ~るさんだよ~」でした。笑えました。そして、今日はなんと2回目のアンコールがあったのです!田島さんが一人で出てきて、「今日は満員御礼なので特別に。全然練習してないんだけど」といい、アコースティックギター1本で「欲しいのは君」を歌い始めました。これが、とても良かったんです。今日のベスト3には入ると思います。田島さんが最後に両手を広げて「欲しいのは君さ~」と歌い、アンコールは終わりました。「明日も来てください」と言って、ステージを去っていきました。カンペ問題についてですが、時々下をチラッと見ることはありましたが、ずっと下を向いていることはなく、それほど気になりませんでした。歌詞の間違いは所々あり、むにゃむにゃとごまかしちゃったところもありました。7月の渋公のときの方がカンペをよく見ていたと思います。田島さんの歌声は絶好調で、CD以上の歌を聴かせてくれたと私は思いました。カンペや歌詞の間違いのことがライブ前は不安でしたが、あの歌を聴いたら吹き飛んでしまいました。あまいかな~。支離滅裂なレポですいませんでした。』 (2004/11/28 00:41)
# CDJ 『凄く良かったみたいですね。ほんと良かった!今回、ハコ規模、雰囲気は重要なんでしょう。酒があるスタンディングのホール。
パブロックのイアンデューリーのカバー演ってるしですね。』 (2004/11/28 01:21)
# Linda 『CDJさん、レスありがとうございます。ファンサイトを見ていて、23日の渋公が「良かった」という声と「不完全燃焼だった」という声がありました。鹿島さんの日記を見ていたら、それなりのことが書いてあり、そうだったんだ~と思いました。そんなこともあり、名古屋も不安だったのですが、ほんとに良かったです!今日の鹿島さんの日記は、一言ですが嬉しいことが書いてありました。見てみてください。やっぱり、ハコや雰囲気って重要なんですね。今回はイスはいらないですね。でも、やっぱり年増には辛い・・・。腰が・・・。でも、頑張ります。名古屋2日目も行ってきます。』 (2004/11/28 10:58)

トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20041127