トップ 最新の日記 ユーザー登録 ログイン ヘルプ

バベルの塔または火星での生活 このページをアンテナに追加 RSSフィード

IDを変え、引越しました。 現在は https://originallove.g.hatena.ne.jp/keyillusion/ です。

2005/04/24 (日)

[]Happy Birthday dear baby Happy Birthday dear baby - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

田島御大、41歳の誕生日


このブログでこのネタを書くのが3回目であることに、どこか感慨もあります。(そんなに続くと思っていなかった)


Happy Birthday dear baby 田島御大、39歳の誕生日でした。 Happy Birthday dear baby 田島御大、39歳の誕生日でした。  - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://originallove.blog3.fc2.com/blog-date-20050425.html

自分も「なんかあったなぁ…」と思っていたのに、言われて思い出しました。(25日記) そういえば「ペテン師のうた」のところで触れるの忘れたけど、「ディア・ベイビー」ってこの歌詞から取られているんだよな(たぶん)。

トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20050424

2005/04/15 (金)

トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20050415

2005/04/12 (火)

[]ORIGINAL LOVEカレンダー ORIGINAL LOVEカレンダー - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://originallove.g.hatena.ne.jp/calendar

スケジュール管理にご自由にご利用ください。

なお、体裁統一のため勝手に修正したりしますので、ご了承ください。

7/27ライヴ分の登録、ありがとうございました>rararapocariさん

[] その1『ELEVEN GRAFFITI その1『ELEVEN GRAFFITI』 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

全アルバムを改めて聴きなおすシリーズの1回目。マイランキングの各アルバム版です。

最初は、マイランキングで奇しくも"11"番目となった『ELEVEN GRAFFITI』から始めます。

ELEVEN GRAFFITI

ELEVEN GRAFFITI

おことわり

実際に曲を聴きながら、思い出すことを思うままに書いています。そして、「今、この時点でどう聴こえるか」ということを主眼にして書いています。昔話が多いのは、曲にまつわっているイメージをそのまま書いているからであって、曲の解説のつもりなのではありません。したがって、いちいち裏を取る作業は省略していますので、信憑性を少しは疑ってください。

アルバム全体の評価は、http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20050309/p12を参照してください。それを前提に書いているところもあります。

続きを読む

momonga80momonga802005/04/13 21:25こんにちは。カレンダーに勝手に書き込ませてもらったのですが、うまく表示されなかったので、編集してください。M-ON!TVの出演情報です。

rararapocarirararapocari2005/04/14 00:54最近聴き直した感じだと、全体的に軽やかないいアルバムだと思います。▼ベックの影響は、確かにその通りですよね。もしかしたらこのアルバム聴いてベック聴いたかもしれません。▼「ペテン師のうた」の元ネタは、CD屋で聴いて衝撃を受けた覚えがあります。もう一度聴きたいですね。▼平原綾香の父親がミュージシャンだったのは知りませんでした。▼「踏み固められた大地」は、嫌いではないんですが、そこまで褒める気にもなれません。僕の「サーディンの缶詰め」好評価と正反対になって面白いです。それ以外は、似た不満や印象を抱いているのだなあと感じました。同じようなこと書くなら、文章表現は下手でもとにかく書いてしまえ!と焦ったのが、ここ数日のマイランキングの企画執筆です。(笑)→http://d.hatena.ne.jp/rararapocari/20050412

originalovebeeroriginalovebeer2005/04/14 01:24>momonga80 さん
改めてヨロシクお願いします。23日の「George's 1 Hour」ですよね? ちゃんと読めますよ。

originalovebeeroriginalovebeer2005/04/14 01:34>rararapocari さん
「サーディン」は、なかなか良さが伝わってきません。前曲「ファントム」との繋がりが、このアルバムの全体評価にも響いているのかもしれません。▼「大地」は本当はもっと誉めたいんです(笑)。昔はそれほど好きな曲ではなかったんですが、歳を取るためなのか、だんだん心に響いてきてます。「イリュージョン」との絡みで、なんかもっといい表現ができそうな予感もありますので、言葉がまとまったら(下手なりに)またもっと誉めたいと思います。▼平原家はまこと氏の父もミュージシャンです。

momonga80momonga802005/04/14 05:48良かった・・ほっ。みなさんみたいに使いこなせてなくて。自分のブログもだらだら気味です。あとこんなのもありました。「ヴィーナス」がカバーされます。→http://www.bounce.com/news/daily.php/5328/headlineclick
「ELEVEN〜」は、個人的に初めてライブ行ったのがこのアルバムだったことを思い出しました。「ローラーブレード」が好きです。

k.c.e.k.c.e.2005/04/22 07:47originalovebeerさん、はじめまして!rararapocariさんのところからとんで参りました。レビューじっくり読ませていただき、originalovebeerさんの音楽の造詣の深さから来る文章力に圧倒されました。私の感想はまるで小学生のよう(笑)、と同時に自分はまだまだ聴き込みが浅いなと反省させられましたです。実は自分はファン暦まだ1年半なのです。1年半でブワーッと12枚聴いての感想でしたので、こんな自分が意気揚々と口をはさむべきではなかったのかもとも思いましたが、しかしはさまずにはいられませんでした(笑)。 「アイリス」は、「接吻」のようにファンなら誰もが好きなはず、と自分は勝手に思い込んでいたのですが、往年のファンの方からするとついていけない感じもあったりするのでしょうか。某ファンサイトのBBSで、この曲について語り合いたい!と思いスレッドを立ててみたことがあったのですが、そういえば反応が思ったより少なかったです。この曲はライブでは、当時のツアーで一回演奏されたのみだそうですね。こんないい曲を作ってたこと、自分で忘れてるんじゃないでしょうか。基本的に田島さんは後ろを振り返らない方なので、仕方ないのでしょうかね。いつか聴きたいなあ...。

originalovebeeroriginalovebeer2005/04/22 10:03ご来訪ありがとうございます。少しでも「疑問」が解けたのであれば幸いです。▼『ELEVEN』が好きな人という方もたくさん知っています。『風の歌』のようにカッチリしすぎたものは苦手だとか、あの多様性がいいんだとか、聞いてみれば頷ける話ばかりです。ただ、そういう意見を自分が実感を持って書ききることは当然できないわけで、あとは好きな方のレヴューを待つのみなのです。▼「アイリス」は、たしかにもっと大事にしてもいい曲ですねぇ。でもそういえば、「接吻」「プライマル」以外のバラード曲の再演はほとんどないですね。将来、1回くらいバラードばかり歌うようなときが来る可能性もないとはいえませんが…「最近バラード歌手っていわれるのもアリかな、って思うんですよ」とか(笑)。

2005/04/11 (月)

[] 夏の「渋谷AXライヴが追加公演決定  夏の「渋谷AX」ライヴが追加公演決定 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

7月28日(木)東京 SHIBUYA-AX 18時開場 19時開演 ¥5,250

FC優先予約受付期間:4/18(月)~4/28(木)消印有効

一般発売は後日ホームページでお知らせいたします。

7月27日(水)渋谷AX公演は4月16日発売。

うーん、これってサギに近いよ*1。「1日限り」と考えて買った人は多かったはずだよ(って俺だよ)。それに東京公演2daysなんて、大阪とかじゃダメだったの?*2

[]ソウルを歌うシド・ヴィシャス ソウルを歌うシド・ヴィシャス - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http:www.hatena.ne.jp/1070428151

4,5年前にlisten.co.jpプロフィール紹介(gooexciteかもしれないが、ともあれそのオリジナル)で使い始めたのが最初じゃないか? 回答に出ているインディーズ盤再発(2000年)よりは少し前だったような気がするが。最初見たときに笑ってしまったのを覚えている。

で問題は、そのサイトの執筆者がどこからか持ってきたかということなんだろうが、自分も寡聞にしてその文句を他で見たことがない。ピチカートと平行して活動していたインディーズ時代に付けられたんじゃないかと想像するのだが。家中の資料を漁れば出てくるかもしれないので、見つけたらまそのときに。

*1:といって、そんなに怒っているわけではない。読みきれなかった自分の負け。

*2:「東京公演のみ」と書いてしまった手前ダメだったんだろう。

トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20050411

2005/04/10 (日)

[] 『MARQUEE』vol.48 発売 田島の連載「TAJIMA Takao 4・8・16・3・6・12・25」最終回(第26回)  『MARQUEE』vol.48 発売 田島の連載「TAJIMA Takao 4・8・16・3・6・12・25」最終回(第26回) - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.marquee-mag.com/backnumber/vol_48.html

  • 「TAJIMA Takao 4・8・16・3・6・12・25」連載第26回(最終回)
トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20050410