トップ 最新の日記 ユーザー登録 ログイン ヘルプ

バベルの塔または火星での生活 このページをアンテナに追加 RSSフィード

IDを変え、引越しました。 現在は https://originallove.g.hatena.ne.jp/keyillusion/ です。

2005/07/28 (木)

[] 東京 SHIBUYA-AX  東京 SHIBUYA-AX - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

オリジナル・ラヴPOP」2日目

OPEN 18:30 START 19:00 全自由\5,250

ダブルアンコールで「夜をぶっとばせ」のギター弾き語り。

トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20050728

2005/07/27 (水)

[] 東京 SHIBUYA-AX  東京 SHIBUYA-AX - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

オリジナル・ラヴPOP」1日目

OPEN 18:30 START 19:00 全自由\5,250

em-iさんによるセットリスト

http://primitivefive.blog16.fc2.com/blog-entry-27.html

友部正人氏も見ていた模様。訳詞は氏の影響。

http://www5a.biglobe.ne.jp/~hanao/001-tomobe/tomobemasatoyori-log/yori_0507_0508.htm

トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20050727

2005/07/22 (金)

[]ライヴ「POP」曲目予想 ライヴ「POP」曲目予想 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

今回のライヴの予想は難しい。去年の「街男 街女」ツアー以降、田島の音楽的な傾向が読みきれないためだ。最大のヒントは、アルバム発売以後に連載された「ほぼ日」であるが、具体的な音楽的な話はほとんど出てこない(笑)。http://www.1101.com/original_love/

そもそも、今回はツアーメンバーさえ発表されてないような気がするのだが…。

しかしもうひとつ、クローズドではあるが大きなヒントがある。同ほぼ日経由でチケットを買うと読めるという「オリジナル・ラヴのやさしい予習メモ。」*1。それによれば、「ライヴに聴いていったほうがいいCD3枚」として、以下を挙げている。

  1. オリジナル・ラヴ『街男 街女
  2. オリジナル・ラヴ『踊る太陽
  3. ザ・ローリング・ストーンズ『ビトゥイーン・ザ・バトンズ』Between the Buttons

前の2枚は当たり前として、3枚目はいったい? しかも田島は、「コンサートとは全然関係ない場合があります!」と断言している。とはいうもの、数少ないヒントとして尊重すれば、1曲目は自動的にこれで決まってしまう。

  • 夜をぶっとばせ

この曲のタイトルはストーンズの同名曲から採られているわけだが、それが収録されているのがこのアルバム。ただし元々シングル曲だった「夜をぶっとばせ」が収録されているのは、オリジナルのイギリス盤ではなくてアメリカ盤の方だ。このころのストーンズは、この辺がちょっとややこしい。アルバムの数も膨大で、どこから手を付けたらいいか途方にくれてしまうが、『ビッグヒッツ』ASIN:B00006JOR1あたりから、'60年代のストーンズにはぜひ触れて欲しい。'60年代のストーンズは、「不良」とか「産業ロック」とかいうイメージとは裏腹に、すごくスタイリッシュでかっこいい。ビートルズのようなキャッチーさはないけれど、聴き込むほどに味が出てくる。ロックとポップスの狭間のせめぎあいも、ビートルズやビーチボーイズよりも生々しい。

さて、オリジナル・ラヴの「夜をぶっとばせ」に話を戻すと。ファンの間ではアンコールの弾き語りで食傷気味の1曲かもしれないが、バンドでやったのは2000年の「ビッグクランチ」ツアー以来となる。しかも1曲目ともなれば、たぶん1stアルバムのツアーのころ以来だろう。そう考えてみれば、これでオープニングというのは想像しただけでご飯3杯はイケてしまう。

  • 夜をぶっとばせ
  • 築地オーライ
  • 銀ジャケットの街男
  • R&R
  • 夜行性
  • BODY FRESHER
  • ひとりぼっちのアイツ
  • 沈黙の薔薇
  • プライマル
  • 恋の彗星
  • ふられた気持ち
  • こいよ
  • The Rover
  • 接吻
  • 朝日のあたる道
  • フィエスタ
  • サンシャイン・ロマンス
  • JUMPIN' JACK JIVE
  • ブギー4回戦ボーイ
  • GOOD MORNING GOOD MORNING

最近やった曲を単に並べてみたのだが…案外こんなもんかもなぁ。でもこれじゃ面白くない。ストーンズを引き合いに出すのなら、定番の中にも「え?あの曲をやるの!?」という驚きがなければいけない。キャリアの長いストーンズのセットリストは、骨子となるラインナップは大体同じながらも、会場ごとにサプライズのある曲を必ず用意してくれる。

しかも、今回のライヴタイトルは「POP」だ。捻くれ系の曲よりも、ポップス感満載の曲が多いだろう。そうなると、こんな感じ?

  1. 夜をぶっとばせ
  2. BODY FRESHER
  3. 月の裏で会いましょう
  4. サンシャイン・ロマンス
  5. ORANGE MECHANIC SUICIDE
  6. ヴィーナス
  7. 朝日のあたる道
  8. 接吻
  9. GOOD MORNING GOOD MORNING
  10. プライマル
  11. WORDS OF LOVE
  12. TENDER LOVE
  13. 恋の彗星
  14. 沈黙の薔薇
  15. ひとりぼっちのアイツ
  16. R&R

 :

 :

あぁなんかダメだぁ。単なるベスト盤的選曲になってしまった…。断念。

カヴァー曲は、ドアーズ、N.E.R.D.、ザ・クラッシュあたりからやるかもしれません(「予習メモ」より)。田島の「タッチ・ミー」(ドアーズ)とか聴いてみたいな。

*1:URLはさらせません。

トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20050722

2005/07/06 (水)

[][]アサヒ新生のナレーション アサヒ新生のナレーション - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

オリジナル・ラヴがビールのナレーションという、僕を覆いつくす悪い冗談のようなできごと。

http://www.asahibeer.co.jp/shinnama/noflash_cm.html

「夏を冷やす」篇のナレーションを田島貴男が担当している。上ページにはどこにもクレジットがないのだが、ファンクラブ会報による情報なので間違いはない。

夏は当然 キリッと新しい生 アサヒ新生

いやこれ、言われない限り絶対わかんねえっす。「夏は」の「な」のあたり(しかも母音寄り)だけが辛うじて田島らしい。とくに「しんなま」のところなど、言われてさえも田島のどこからこの声が出ているの?と思ってしまうくらいだ。ヴォーカルスタイルの新境地なんだろうか。思いも付かぬところであらぬ方に新境地を開拓するよな、この方は。

アサヒという大手の仕事が来るのはすごいけど、よりによって新生かぁ(残念)、というのが酒好きとしての本音。アサヒ新生自体についての感想は下記。

http://d.hatena.ne.jp/originalovebeer/20050418/

トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20050706