トップ 最新の日記 ユーザー登録 ログイン ヘルプ

バベルの塔または火星での生活 このページをアンテナに追加 RSSフィード

IDを変え、引越しました。 現在は https://originallove.g.hatena.ne.jp/keyillusion/ です。

2006/01/31 (火)

[] NHK-FMミュージック・スクエア」 出演  NHK-FM「ミュージック・スクエア」 出演 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.nhk.or.jp/ms/

21:00~22:35

ON AIR:「ヒット曲がきこえる」「恋の片道切符」「さよなら、ルビー・チューズデイ」

トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20060131

2006/01/28 (土)

[] TOKYO-FM「深津里奈 Portraits Of Life」 出演  TOKYO-FM「深津里奈 Portraits Of Life」  出演 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.tfm.co.jp/pol/

8:00~8:25

田島貴男 洋楽ヒットソングを語る~

トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20060128

2006/01/27 (金)

[] FM802「Private Lounge」出演  FM802「Private Lounge」出演 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://funky802.com/lounge/index.html

21:00~22:00

「OFF LINE TALK」で音声が少し聴ける。(次回ゲスト出演時まで)

  • 好きなカヴァーソングはデビット・ボウイの『ピンナップス』
  • ビートルズは許可が下りなかったので、ビートルズがカヴァーしている曲をカヴァーした(「きみのとりこ」)。他にもいっぱいやりたかった、例えば「アンナ」とか。
  • ストーンズがカヴァーしている曲も好き。
  • ビートルズは、音楽に目覚めた中1のとき、母親がビートルズのテープを誕生日プレゼントにくれた。自分の中でリトマス試験紙的な存在。「いい音楽」の基準になっている。
  • ビートルズの全アルバムを聴いてコピーできれば、誰でもミュージシャンになれる。ロックの基礎と応用が完璧に揃っている。

[] Tajima's Voice 更新  Tajima's Voice 更新 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.originallove.com/WebSite/voice.html

恋の片道切符」の歌詞秘話。本当は「たどり着かないどこへも」だったそうだ。

トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20060127

2006/01/26 (木)

[][]『R25』vol.81 ロングインタビュー 掲載 『R25』vol.81 ロングインタビュー 掲載 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://r25.jp/b/honshi/a/long_interview_details/id/1022006012601_01

http://r25.jp/index.php/m/WB/a/WB000410/tpl/interview01_11/bkn/20060126/id/200601260201

BREAKTHROUGH POINT ~つきぬけた瞬間 「行け、R25、飛び込め!」


[] Tajima's Voice 更新  Tajima's Voice 更新 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.originallove.com/WebSite/voice.html

昨日に引き続き、「相棒」の世界。カウンター席の喫茶店にノスタルジーを覚えるのは自分も一緒。そういう店って、ブルマンを頼むと口漱用の炭酸水が一緒に出てくるんだよね。

トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20060126

2006/01/25 (水)

[] TOKYO-FM「so good!」 出演  TOKYO-FM「so good!」  出演 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.tfm.co.jp/sg/index.html

16:00~

オンエア:「ヒット曲がきこえる」「恋の片道切符

[] Tajima's Voice 更新  Tajima's Voice 更新 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.originallove.com/WebSite/voice.html

相棒」のモデルはやはり木暮晋也なのかな?

今まで一緒に曲を作ってこなかったのは、若いときは二人ともどこか音楽に関しては牽制しあっているような感じがあったからだろう。

昔は「なんで一緒にやらないの?」と不思議でならなかった。こういう事情があったわけだ。

トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20060125

2006/01/24 (火)

[] 25日(水)TFM「so good!」(16:00~)  25日(水)TFM「so good!」(16:00~) - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

明日1/25(水)渋谷スペイン坂スタジオに田島生登場です。

http://www.tfm.co.jp/spain/

http://www.tfm.co.jp/sg/index.html

以下の「パルコ so good LIVE!」でライブ映像配信?

http://www.tfm.co.jp/sg/live/index.html

スペイン坂スタジオのぞき穴」でも生放送中のスタジオが見られると思います。

http://www.tfm.co.jp/spain/vtfm.php

[]ピンク・フロイド「See Emily Play」のPromotion Video ピンク・フロイド「See Emily Play」のPromotion Video - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

友人に教えてもらいました。もちろん、1曲全部聴けます。これでもうピンク・フロイドは聞かなくてもいいや、という不届き者(笑)のために、先にオリジナル収録盤を紹介しておきます。

ピンク・フロイドの道

ピンク・フロイドの道

(Amazonの解説に間違いあり。「See Emily Play」は「Happiest Days Of Our Lives」の"前"です。)

『Echos』は2枚組ですが、こちらを強くお薦めします。本来はアルバムで聴かないとならないミュージシャンなのに、よくもまぁコンパクトにまとめたものです。個人的には『原子心母』が好きなんですが。

さて本題。2分46秒。取り込みには、我が家の12MBで数分かかりましたので、ナローバンドの方はご注意。

http://151.97.69.10:81/stuff/video/promo/SeeEmilyPlay.mpg



[] Tajima's Voice 更新  Tajima's Voice 更新 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.originallove.com/WebSite/voice.html

風邪を召したらしいです。ボクシングジムへ行く。

バラくまバラくま2006/01/26 11:57「See Emily Play」のPV、早速拝見しました♪ありがとうございます。ピンク・フロイドって想像以上に面白そうなグループですね。やっぱり、相当イカレた感じがステキでした(笑)。エアギターならぬエアドラムの先駆け?!(^^;)他のメンバーさんの風貌も、どことなく田島氏に通じるものがあるような気もしました(笑)。60年代近辺のミュージシャンは、皆さんこんな感じなのでしょうか???

originalovebeeroriginalovebeer2006/01/26 12:10ピンク・フロイドは非常に深いグループです。『Echos』を聴いていたら、聴いてないアルバムを全部買いたくなって困ってます(笑)。まぁただ、「エミリー」は一般的なフロイドのイメージとはちょっと違うというか、彼らのルーツというべきか…。
「エミリー」がらみであれこれ検索していて、面白い逸話をいっぱい見つけました。直後の1stアルバムは、ビートルズの『サージェント・ペパーズ…』の向かい部屋で録音されていたそうです。http://members.at.infoseek.co.jp/junn7/pinkfloyd%20piper.htm
「60年代近辺のミュージシャンは、皆さんこんな感じ」なのも道理なわけです。
ところで、「オリジナル・ラヴのやさしい予習メモ。」で、田島はこんなことを言っています。
『オリジナル・ラヴの文脈のはじまりは、'80年代以降になるんだよ。'80年代というのはさ、音楽がある意味でちょっとおかしくなっちゃった時期でしょ?ロックは、'60年代が全盛期。ほとんどの名盤って、'68年なんだよ、だいたいが!ッハハハハハ!!笑っちゃうくらいに。(中略)まじで、ロックは'68年あたりの1年に集約されてるんだよ。ビートルズ、スライ・ストーン、ヴェルヴェット・アンダーグラウンド、ドアーズやピンクフロイドがデビューしたりね。当時は、文化の比重がロックに傾いていたし、優秀な人たちがみんな「ロックやるぞ」と思ってた時期なんだよ。』
(「予習メモ」のURLは御自身でググってください)

バラくまバラくま2006/01/27 11:38リンク先や、その他諸々のピンク・フロイドのページを見て来ました。前述のコメントで「想像以上に面白そうなグループ」などと発言してしまいましたが、60年代近辺に端を発したロックは、現代におけるある意味商業的要素の強いロックとは比べものにならない位に「音楽(=ロック)が内包するエネルギー」が満ち溢れていた時代だったのだろうと思いました。ところで、「Echos」に収められている「吹けよ風、呼べよ嵐」は、ブッチャー入場のテーマ曲だったんですね(笑)。まだ子供だったので、恐いモノ見たさでテレビを見ていた記憶があります(^^;)

トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20060124

2006/01/23 (月)

[] Tajima's Voice 更新 本格化  Tajima's Voice 更新 本格化 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.originallove.com/WebSite/voice.html

本格的にブログ化しはじめたようです。RSSフィードしてくれないかな。

ラジオ番組もなく、「ほぼ日」も一段落したようなので、非常にありがたい話です。

[]『キングスロード』第一印象 『asin:B000CEK5D6:title』第一印象 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

キングスロード

キングスロード

大した感想ではないのに、もったいぶってすいません。やっとまとめられました。

続きを読む

CDJCDJ2006/01/24 00:16あ~わかるなぁ。その感想。自分は、先行シングルが、凄すぎた分(自分にとっては過去のシングルでも上位)それに比べるとなぁというのが、一聴した第一感想。それぐらい「青い鳥」は、歌、サウンドとも素晴らしいと自分の中で比重が高い曲。自分も同じようにアルバム前半のギターのエッジが効いた味付けは?と思うところもあり(ここ最近のOL音の特徴ではあるが)「ヒット曲が聞こえる」の原曲の
間奏のサックスが入ってくるところなんか予習では
もう想像しまくってたりしたんで余計にね。「ダウンタウン」はライヴで聞いたときは今ひとつピンと来なかった。でも今回凄く好きになって分かったのが、B-1曲目的な切り替えしのPOPな曲であると同時にピストルズのカバーにも通じるパンクなコード進行(シンプルな?)じゃないのかのと思った。特にサビ。逆にピストルズのカバーは、こんな感じになったりしたのでは?と思うのは思いすぎ?(失笑)なぜか「タッチミー」では「?!」原曲しってるから?!な印象だが、「ルビー~」のアレンジは、ご指摘のピストルスターに通じる3ピースのロックのエロさ(ギターの)が出て凄く好きな感じで
す。「荒野の~」あのアレンジはなんだろう?カッコいい。スティーリーダンっぽいか。と色々書いてますが、「キングスロード」好きなアルバムには間違いありませんが、一番美味しい部分をシングルで先に食べてしまった感はあります。だが、最後「エミリー~」で締めてくれますね。この曲順は素晴らしいし、この選曲も田島ならではですね。このスタンダードなポップで尚且つ歪んでる感じが年代は違いますけどトッドラングレンを引き合いに出したくなりますけどどうでしょうか?(笑)

originalovebeeroriginalovebeer2006/01/24 12:46伝わって、ちょっとホッとしてます(笑)。
トッド・ラングレンの引き合い、ものすごくうまいです。なるほど! 田島はたぶん、その「歪み」をできるだけ出したくなかったんでしょうけど、やっぱりそこかしこに滲み出ていますよね。田島の悲しい性(サガ)? 
「一番美味しい部分をシングルで食べた」感もわかります。たった3曲のシングルと比べても、食後のヴォリューム感があまり変わらないような感じもします。ただ、そこへ「エミリー」を持ってきたのが、アルバムを意識してのことなのかはわかりませんが、うまくできてますね。
「荒野」のアレンジは、『Sunny Side』かと(笑)。「青い鳥」が『Rainbow』に混ざっていても違和感ないような感じ。

rararapocarirararapocari2006/01/25 05:30原曲に忠実なアレンジは「青い鳥」だけだったんですね。やっぱり少しずつ原曲と聞き比べていきたいです。ピンクフロイドとかは10年以上「宿題」にしているような状態なので、「エミリー」に限らず、アルバムをババッと聴きたいですね。▼今回10曲ということもあり、A面・B面はほとんど意識しませんでした。また、原曲を知らない分、僕にとっては「これはどうか」という曲もありませんでした。全体の感想については、現在、温め中なので、まとまりましたらアップします。ひとことで言えば、「オリジナル・ラヴにしては聴き易い」アルバム、といったところでしょうか。

originalovebeeroriginalovebeer2006/01/25 10:21ピンク・フロイドも案外つかみ所のない人たちなので、『狂気』『炎』あたりを腰を据えて聞くほうがいいと思います。時間があれば『The Wall』も。▼自分にとって「ルビー・チューズデイ」は、元曲へのお思い入れが強いんでしょうね。たぶん、歌詞をじっくり聴いてみたら違う感想が出てくるのではないかと思っています。▼もしかして今度のツアーは鹿島/佐野とのスリーピースでやるんじゃないか…という妄想に取り付かれましたが、松本健一氏のページを見たらちゃんと出演予定になっているのでホッとしました。

バラくまバラくま2006/01/26 11:5060年代の名曲ロック&ポップスにジャンルが限定されている為なのか(結果的ではありますけど)、雰囲気的に「似たような曲」が集まっている印象を受けました。実は、私自身が60年代を中心とした往年の名曲ロック&ポップスが一番の苦手ジャンルだったりするので(昔から、何故か全く興味がナイのです)、キングスロードが好きなアルバムとなるかどうかは「?」でした。ただ、先行シングルで聴いた「青い鳥」があまりにも素晴らしかったから、期待していたのは本当です(^^;)
実際に聴いてみると、ほとんど知らない曲ばかりでしたが、OLのフィルターを通しているからなのか「聴き易い」と私も思いました。日本語訳詞もバッチリ決まっているし、歌もパワフル&ソウルフルで上手だし、演奏も迫力があってカッコいいですよね。ライブで聴いたら、物凄い迫力だと思います。ただ、全編結構ハイテンションな曲が多くて、緩急があまりないようにも感じられました。「似たような曲」の印象も、その辺りから来ているのだと思います。原曲を知らないので対比はできませんけど。アルバムとして聴いても、やっぱり一番のお気に入りは「青い鳥」でした。「エミリー」もイイなぁって思いました。イカレ具合がたまらないです(笑)。この2曲+「荒野」って、アルバムの中ではわりと異質?な感じがしますけど、「やっぱりそっちに行くのね、私」みたいな(笑)。
「音楽と人」インタビューは、読んでいて「???」な部分が多くて私も困惑しました。田島氏が、今回のカバー作品に「オレ色&オレ節」が強く出ることを否定的に捉えていたのは意外中の意外でした。カバーはコピーではないからこそ面白いのだと、私は思っていたので。こんな風に苦手意識ばかりが先行していますけど、気が付くと家事の合間に「タッチ・ミー」や「ルビー・チューズデイ」が耳の奥でガンガンとエンドレスで鳴っていて、名曲の威力?を思い知らされもいます。どうせ鳴るなら「エミリー」の方がいいんだけどなぁ…(笑)

originalovebeeroriginalovebeer2006/01/26 11:51『音楽と人』は、実はバラくまさんのブログを読んで気になったので、さっそく立ち読みした次第です。「言ってることとやってること違ゃうやん!」って感じ(笑)。きちんと買って読んで、エントリしてみたいなと考えています。
各曲が似ているのは、おっしゃるとおり時代的なものではないでしょうか。興味のない人が相撲取りや野球選手の顔がみんな同じに見えるように、意識的に聴かない限り違いは耳につかなくても当然だと思います。自分の場合も、今回意識的に聴かなければ、「ヒット曲」と「きみのとりこ」と「Be My Baby」のオリジナルの区別は付かなかったでしょう。
一方で、好きで聴いていた「タッチ・ミー」と「ルビー・チューズデイ」は、くっきりと浮き彫りになってます。バラくまさんの中で「タッチ・ミー」と「ルビー・チューズデイ」が特に響くのに理由があるとすれば、他曲に比べて今のロックと直結しているからではないかと思います。
そういえば(これはrararapocariさんへのレスでもありますが)、「原曲に忠実」なのは「タッチ・ミー」も同じです。ただ、「青い鳥」ほど"見事"ではなく、アレンジは少し薄い感じがあります。でも、歌い方はオリジナルのクサい部分を若干誇張した感があります。(別にも書いたようにこれはオリジナルを聴きなおしてないので、遠い記憶に頼ってますが)

バラくまバラくま2006/01/27 10:31えっ、私のブログ?!よくぞ、おいで下さいました(爆笑)。OLファンにあるまじきミーハーっぷり?なので、そろそろ音楽ネタは別の場所に移そうと考えていた所です(只今、準備中です)。開設の折りには、そちらもよろしくお願いします!▼「音楽と人」インタビューは、思わずツッコミたくなりますよね(笑)。エントリ、楽しみにしています。

2006/01/22 (日)

[] TOKYO-FM「JUSTA RADIO」 出演  TOKYO-FM「JUSTA RADIO」 出演 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.tfm.co.jp/mother/index.html

21:30~22:55(DJ:スカパラ茂木欣一

オンエア:「接吻」「さよなら、ルビーチューズデイ(BGM)」「ヒット曲がきこえる」「きみのとりこ」

http://www.tfm.co.jp/justa/onair/index.html

聴き逃した人も、もう一度聴きたいという人も「JUSTA RADIO FOR RECO」の更新を待つべし!こちらでは完全版でお届けの予定!(今回の爆裂トークには続きが・・・30分番組なのに1時間以上、収録したんです。)

トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20060122

2006/01/21 (土)

[] Tajima's Voice 更新  Tajima's Voice 更新 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.originallove.com/WebSite/voice.html

5日連続更新!!!!

トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20060121

2006/01/20 (金)

[] Tajima's Voice 更新  Tajima's Voice 更新 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.originallove.com/WebSite/voice.html

4日連続更新!!!

トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20060120

2006/01/19 (木)

[] Tajima's Voice 更新  Tajima's Voice 更新 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.originallove.com/WebSite/voice.html

3日連続更新!! おおっなんだかブログみたいだぞ、とブログで言ってみる。

トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20060119

2006/01/18 (水)

[] カヴァーアルバム『キングスロード』発売  カヴァーアルバム『キングスロード』発売 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

キングスロード

キングスロード


[] Tajima's Voice 更新  Tajima's Voice 更新 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.originallove.com/WebSite/voice.html

2日連続更新!

[]『キングスロード』第一印象 『キングスロード』第一印象 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

アルバムを聴いた時の第一印象はそのときにしか書けないものなので、「あたりはずれ」*1を別にしても残しておきたいものなのだが、他の人の感想を一切に見ず、思うままに垂れ流しに書いてみたら、結構辛口な内容が飛び出してきて自分でびっくりした。

いずれ公開しますが、今は少し寝かせておきます。

※書き直したものはこちら。

*1:そんなものあるのか?

rararapocarirararapocari2006/01/20 22:49もったいぶらずに、ぜひ早く聞かせてください。僕自身は、自分のページでも「第一印象」だけ書かせてもらいましたが、今までとは「異質」なアルバムなので、うまく評価が定まらずにいます。

originalovebeeroriginalovebeer2006/01/21 10:46どうもすみません。そうやってちゃんと読んでくださる方がいるので、勢いで載せたら収拾つけるのが大変かと思って(笑)。もう何回か聞いたら、少し整理が付きました。週明けくらいにはまとめます。
「MUSIC MAGAZINE」でも「問題作」とレビューされているようです(自分はそこまでいう気はないけど)。

トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20060118

2006/01/17 (火)

[] Tajima's Voice 更新  Tajima's Voice 更新 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.originallove.com/WebSite/voice.html

6ヶ月ぶりの更新。前回よりは早い。内容は、一発録りの素晴らしさについて。


[] 『MUSIC MAGAZINE』 2006年2月号 掲載  『MUSIC MAGAZINE』 2006年2月号 掲載 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

  • インタビュー(P82~85)「想像を絶するほど真っ直ぐ、真っ当。」by 伊藤亮     
  • アルバム評(P142)by かこいゆみこ

表紙:Fishmans

[] フリーマガジン『Tower』2006.Jan.20号 NO.204 掲載  フリーマガジン『Tower』2006.Jan.20号 NO.204 掲載 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://sale.towerrecords.jp/tower/

P11に掲載。

トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20060117

2006/01/16 (月)

[] M-ON!TV「「in Focus」  M-ON!TV「「in Focus」 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.m-on.jp/index.html

25:30~26:00

PV特集

プライマル」「接吻」「朝日のあたる道」「銀ジャケットの街男」「恋の片道切符

[] テレビ大阪「NUDE」第153週ゲスト  テレビ大阪「NUDE」第153週ゲスト - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.tv-osaka.co.jp/ip4/nud/

月~金:深夜0:53~の7分間

トランペット持ってる!(笑)

[]「女性自身」2243号  インタビュー 「女性自身」2243号  インタビュー - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.jisin.jp/pc/top.jsp

接吻」製作秘話などを話していたようです。

http://tajimaholic.blog43.fc2.com/blog-entry-120.html#comment329


[]Fe-MALEに田島のインタビュー Fe-MALEに田島のインタビュー - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.fe-mail.co.jp/trend/artistinfocus/60110.cfm

取材・文/二見裕志

[][]ラジオ出演情報 ラジオ出演情報 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

18(水)TFN(JFN)「恵俊彰のディア・フレンズ」11~11:30

http://www.tfm.co.jp/JFN/

22(日)TFM「JUSTA RADIO」21:30~21:55 田島ゲスト

http://www.tfm.co.jp/justa/index.html

27(金)FM802「Private Lounge」21:00~22:00 

http://funky802.com/lounge/index.html

「SCHEDULE」からゲストへ質問可。「OFF LINE TALK」で音声が少し聴ける。

CDJCDJ2006/01/16 20:40おひさです。いよいよですね。明日黄色のレコ屋で
フラゲ予定です。最近と言っても前作からNYでミックスやってますよね。音がクリアというかヌケ感も楽しみです。

originalovebeeroriginalovebeer2006/01/17 11:13ごぶさたです。フラゲは無理なので、感想は遅くなりそうです。というか、あのラインナップでハズレはありえなさそうなので、そもそも感想は書きづらくなりそうな予感です。元曲と比較した感想なんか書ければいいかな、と考えています。(そんな時間あるのやら)

トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20060116

2006/01/15 (日)

[]『ramblin'』vol.05 表紙とインタビュー掲載 『ramblin'』vol.05 表紙とインタビュー掲載 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.ramblin.jp/top/index.cgi?no=10

free paper/2006.1.15~2.14まで配布


[]久しぶりにカラオケへ行った 久しぶりにカラオケへ行った - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

恋の片道切符」が入っていた。珍しく家族で行ったのだが、母も「あらこの曲知ってるわぁ」と喜んでいた。どこにでもあるような家族の風景? ポップスだなぁ。

さて実際に歌ってみると、結構節回しが難しい。言葉はシンプルなのに。やっぱりよく練られているのね。

ソウル・タトゥー

今回、鈴木雅之名義で「ソウル・タトゥー」を発見した。小躍りしてしまった。淡白なアレンジだったのは、カラオケのせいなのか鈴木バージョンのまんまなのかは、そっちをまだ聞いてないのでわからない。

美貌の罠

美貌の罠

最近のシングルでは「沈黙の薔薇」の評価が高く、それもまた当然だとは思うが、自分はどうしてもこっちの方に軍配を挙げてしまう。そればかりか全シングルの中でもこれが一番好きだ。

踊る太陽』が出たとき、ジャケットその他であまり新作への気分が盛り上がらなくて、アルバムへ飛びつく前に、同時発売のこのシングルから聴き始めた。そうしたら、このソウルな2曲が飛び出してきたので、アルバムもそうなのか?とびっくりしてしまった。(結局、この2曲だけだったけどね)

ちょっと前に久しぶりに引っ張り出して聴いたが、改めてこれはかっこよすぎる。ホント、鼻血が出るほどかっこいい。もしこのブログを読んでいるのに、なんとなくこのシングルを聴いてない人がいたら、絶対損は無いから聴いてみるべきだ。今度のアルバムで「青い鳥」がいいなぁ、なんて呟いているのならなおさら。

もし、オリジナル・ラヴが「接吻」のころのパブリックイメージのままでいったら、今頃こんな曲ばかりを書いていたんだろう、と思わせる。しかし、その仮定はあまりにもバカバカしい。なぜなら「そのまま」だったら自分はとっくにオリジナル・ラヴなんて聴いてないだろうし、そもそも田島オリジナル・ラヴなんて名前はとっくに捨てているだろう。

それにしてもなんで「ソウル・タトゥー」は『踊る太陽』に入らなかったのだろうか? 「他人」の曲であればこんな風に「クールさ」が自然と出せるのは、例の「セルフプロデュースの弊害」と繋がっている話だと思うのである。田島が欲しがっている「ポップさ」というのは、実はその中に隠れてはいないだろうか。

のすたるぢあ

案外知らない人もいるかもしれないけれど、布施明名義で「のすたるぢあ」がカラオケにある。「金曜エンタテイメント」のタイアップが付いていたためのようだ。年配の人がいても歌いやすいのがうれしい。

「ソウル・タトゥー」は提供曲なのでセルフカヴァーだが、こちらは布施明の意向によるカヴァーである。アメリカでの生活を終えて帰ってきた布施氏が、帰国直後に『踊る太陽』を聴いてこの曲にひどく感激をして、ほぼすぐにカヴァーを決めたのだ、とラジオで喋っていた、という話を友人から聞いた。(3次情報かよ)

地味に増えている曲たち

10年前の『Rainbow Race』くらいがオリジナル・ラヴのカラオケ収録のピークで、その後はシングルしか入れられなくなってしまった。それがUGAがでてきたあたりから、ちょっとだけマニアックな曲が増えた。

EYES』と『Rainbow Race』は、カラオケで全部歌うことができるようになった。なんて言われても「JUDGEMENT」なんてなかなか覚えているものではないが。『風の歌』は「It's a Wonderful World」がないのでコンプリートではない。『結晶』も「愛のサーキット」「セレナーデ」がない。残念。

どういうわけか『XL』が追加されて、「ハニー・フレッシュ」「羽毛とピストル」がこちらのヴァージョンで歌える。『L』の「ハニー・フラッシュ」と「羽毛」はないのに。マイナーな曲といえば「ティアドロップ」がさりげなく追加されている。これを見つけたときは感動した。

かたや、1曲も収録されていないのが『ビッグクランチ』である。シングルの「R&R」が漏れてしまったせいである。一時期、リクエストのリストに「地球独楽」があったが、結局採用されなかったようだ。まぁ「セックスサファリ問題OK」とか「ダブルバーガー」は歌う場面を選びそうだし、「MP」なんか入れられても困るだけか(1度くらい歌ってみたいが)。でも「ショウマン」はいいんじゃないのかなぁ。

ピチカート・ファイヴにいけば「惑星」「誘惑について」「聖三角形」という『ベリッシマ』冒頭3連荘があるのが泣ける。「これは恋ではない」「リップ・サーヴィス」が入ったのも、担当者のセンスのよさを誉め称えたい。

[]ピストルスターはどこへ流れていったか ピストルスターはどこへ流れていったか - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20051129

読み返したら、ここのコメント欄でいい議論をしていますね(いや、自分がってわけじゃなくて)。あれからインタヴューも出揃ってきましたが、結局どのインタヴューも「ピストルスター」にはまったく触れていないですね。残念無念。*1

バラくまさんの『「街男~」からは完全にリセットして出てきた作品なのではないかと思います。』というクダリに、今は実感を覚えます。

そういえば、田島は「キングスロードはイギリスじゃない」とか「『王道』というのは間違えた訳なんですが」と言い訳してたけど、みんなツッコミどころは同じなんでしょうかね。

*1:そしてまだジョン・レノンも聴けてないのだった。

rararapocarirararapocari2006/01/17 00:46僕は、上手に歌えないので、カラオケでは、オリジナル・ラヴはあまり歌いません。ただ、ピチカート時代の曲はちょっと歌ってみたいですね。そんなにあるとは思いませんでした。特殊な機種ではないですよね。カラオケ自体は大好きなので、久しぶりに行きたいなあ・・・。▼ちなみに僕はシングル『美貌の罠』はAB両面だめなんです。でもソウルタトゥーなんかはそんなに数を聴いていないので、聴きなおしてみようと思います。

originalovebeeroriginalovebeer2006/01/17 11:09上手い下手はともかく、細かいところまで自信を持って歌える数少ない歌手なので…。機種としてはUGAが一番揃っています。今回行ったのは複数メーカーがいっぺんに歌えるところだったので、「片道切符」がどこだったかはハッキリ覚えていません。▼そういえば「リフ重視の曲はちょっと」のようなことを以前おっしゃってましたね。自分のドツボ曲はああいうあたりなんです。

自転車自転車2006/01/17 11:31はじめまして.いつも楽しみに読ませていただいてます.JOYSOUNDには「片道切符」の他に、「青い鳥」、そしてなんと「ピストルスター」まで入っているみたいですよ.自分が良く行くDAMはOL関連あんまりないんですが(笑

バラくまバラくま2006/01/18 01:03originalovebeerさんがカラオケって、ちょっと意外でした(笑)。私は決して上手ではありませんが、雰囲気が好きで昨年位からよく行ってます。「朝日のあたる道」と「灼熱」がお気に入りです♪自分で歌ってみると、曲の奥深さがよくわかりますよね。▼「美貌」も「沈黙」も、どちらも大好きですけど、私も僅差で「美貌派」かも…。一度聴くと、何度も繰り返して聴きたくなります。

originalovebeeroriginalovebeer2006/01/20 11:39>自転車さん ありがとうございます。「青い鳥」「ピストルスター」まで入っていたんですね。まったく気づきませんでした。今度は注意して見ます。
>バラくまさん 趣味が同じ人といくカラオケは、至上の一時です。昔は田島のシャウトの完コピに凝ったりしてました(笑)。

バラくまバラくま2006/01/20 21:14>シャウトの完コピ あははは!盛り上がりそうですね。何事も、メンバーは最重要ファクターだと思います(笑)。

マメマメ2006/01/25 04:35はじめまして。いつも楽しく読ませてもらっておりますが、初めてコメントします。
>「他人」の曲であればこんな風に「クールさ」が自然と出せるのは・・・
すごく納得で同意です。
提供曲に結構好きな曲多いです。「ソウル・タトゥ」もそうですが、クリスタルケイに提供した「CURIOUS」とかもすごくかっこよくて、もったいないなぁと。田島に歌ってほしいよって思います。
しかも、もうこういう曲は書けないのかなって思わせといて、「なんだ、書けるんじゃん」っていつも思います。
クールな田島を熱望してしまう自分です。。。

originalovebeeroriginalovebeer2006/01/25 10:09コメントありがとうございます。
「なんだ書けるじゃん」という風に自分もふとこぼしてしまいます。書けるからこそ、わざと書かないようにしているのか? その辺は定かではありませんが、もう少し素直になればいいのにと思うこともあります。
最新の『MARQUEE』のインタヴューでだったか(うろ覚え)、「オリジナル・ラヴらしさというイメージをもたれることに今は嫌悪感はない、むしろ楽しんでいる」といったような答えをしていました。その割りに熱い作品が続いているというのは、やっぱり意図的にクールな部分を押し殺しているのかもしれません。
そういえば、'00年代の「タジマタカオ」名義のものを、だいぶ聞き漏らしていることを思い出してしまいました(苦笑)。heacoあたりはそろそろ品切を起してもおかしくない頃ですね。

トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20060115

2006/01/13 (金)

[] FM802HIRO T'S MORNING JAM」9時台ゲスト  FM802 「HIRO T'S MORNING JAM」9時台ゲスト - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.kabocha.co.jp/dj/hirot.html

今日付に田島の写真アリ。

トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20060113

2006/01/12 (木)

[]ROOTS 66の記者発表で新聞・テレビが一斉報道 ROOTS 66の記者発表で新聞・テレビが一斉報道 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.oricon.co.jp/news/music/8785/

ジャニーズ成人式が同日同所で行われ、付足しのように報道されていた。

BARKSには田島のコメントあり。

http://www.barks.jp/news/?id=1000017112&m=jpop

記者会見の模様も。(生田ユリ氏のブログより)

http://fp-ikuta.jugem.jp/?eid=7


[] FM大阪「ロックザレディオ」20時台登場  FM大阪「ロックザレディオ」20時台登場 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

FM大阪タワーステーションから公開生中継)

http://www.fmosaka.net/

トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20060112

2006/01/09 (月)

[] J-WAVE「BOOMTOWN」LIVE THE LIFEのコーナーに1週間登場  J-WAVE「BOOMTOWN」LIVE THE LIFEのコーナーに1週間登場 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.j-wave.co.jp/original/boomtown/cgi-bin/contents.cgi?genre=3&id=791

10:40〜10:50

昔よく聞いてたな、この番組…。

トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20060109

2006/01/08 (日)

[] TFMJFN)「Reco」23:00~23:55  TFM(JFN)「Reco」23:00~23:55 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://http://reco.jfn.co.jp/radio/index.php

オンエア:「恋の片道切符」「ヒット曲がきこえる」(初)

BGM:「タッチ・ミー」「さよなら、ルビーチューズデイ」「エミリーはプレイガール

オリジナルラブ田島貴男さんからの旅のレコはNY&ボストン
NYでは、ローリングストーンズのLIVEを堪能!!

[] TFM「Reco」スペシャルインタヴュー  TFM「Reco」スペシャルインタヴュー - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://reco.jfn.co.jp/music/interview/index.html

動画が4つ。

トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20060108

2006/01/07 (土)

[]今年もよろしく 今年もよろしく - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

今年も細々とよろしくお願いします。新着情報が多いのですが、1週間遅れの帰郷のため更新はあとまわしです。12月24日付のコメント返し代わりに、思いつき的な断章を。

太陽と街男

最近オリジナル・ラヴを紹介する記事(個人ブログではなく)で、立て続けに『街男 街女』に比して『踊る太陽』を高く評価しているのを目にしました。『太陽』の方が、世界の拡散度が広くて爆発力があるように見えるからなのでしょうが、自分は『街男』の方が断然いい(好き)と思っています。田島の「やりたいこと」がスッと見えて、曲が自然に生まれているという感じが強いからです。もちろんそういう感想は、田島貴男の周縁的な情報を手にしすぎて、感情移入しすぎているせいもあるのかもしれませんが。

セルフプロデュースの反省

…といえば、「沈黙の薔薇」リリース時に衝撃的な告白がありました。こちらでは明確に「弊害」を告げています。

http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20040729/p2

クールと激情

自分もユーミンの曲を聴いたときは「他人の曲なら力コブが入らない」と思ったものでした。それは「クールさ」ということです。初期のオリジナル・ラヴの魅力は、「クールの仮面からチラリと漏れる激情」だったように思うのですが、最近では「激情から垣間見える冷静さ」が溜まらなく魅力的だったりします。

「酔っぱらいのへべれけな感じ」

あははは、まったく同感です。あれほどの酔いどれアルバムは「ポップス」にあるまじきことかと(笑)。いや、ポップに酔いどれてるのか? フォークルのカヴァーもその返答だったりして(これは妄想)。

キングスロード』カヴァー曲のオリジナル

THE BEST OF THE RONETTES

ロネッツのベスト盤(↑の国内盤)を中古屋で見つけたら、4000円もして断念。これもフィル・スペクターのせい?かと思ったら、単に廃盤のようです。

ECHOES THE BEST OF PINK F

ピンク・フロイドは思い切って2枚組ベストを買いました。このベストはすごい。『サマー・ラヴ』くらいの衝撃があります(←褒めてます)。

'Emily See Play'は、なんともサイケな1曲*1田島がどう料理するのか非常に楽しみですし、アルバム自体のいい締め括りになりそうです。

Flowers

ストーンズは結局『Flowers』を買いました。得体の知れない編集盤と思って避けていたけど、買ってみたら結構お得な内容でした。


[] 『音楽と人』06年2月号 掲載  『音楽と人』06年2月号 掲載 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.shinko-music.co.jp/mag/on/0602.html

*1ビートルズの'Tommorow Never Knows'といえばわかりやすい?

バラくまバラくま2006/01/15 21:18遅ればせながら、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします^^
今年は「マイランキング」を、なんとか形にしてみたいなぁ…と思っています。
セルフプロデュースについてのインタビュー抜粋、拝見しました。自分自身を客観視できるアーティストって、ある意味破綻しているかもしれないですね。自身を「商品」として割り切っている場合なら、ともかく。弊害について、ここまで自覚しているのに「結局、今回も一人でやってしまった^^;」的な方向に流れてしまう田島氏は、やはり希代の音楽バカ一代なのかもしれません(褒めてます!!)。そして私は、そんな田島氏に強く心惹かれてしまう訳です(笑)。
いよいよ、アルバム発売間近となりましたね。本当に楽しみです♪

originalovebeeroriginalovebeer2006/01/16 15:29今年もよろしくお願いします。「ほぼ日」も編集者がうまく田島をプロデュースしていると思っています。あんないい出会いが、音楽的に今年の田島にあるといいですね。
ロネッツとフォークル以外は、オリジナルを聞くことができました(逆に言えば2つも取りこぼしているわけですが)。『キングスロード』がつまらないわけはなさそうです。その成果は必ずや次のアルバムで出るでしょう。自分は性急にもそっちが気になって仕方ないです。

トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20060107

2006/01/06 (金)

[] JFN「ミュージック・バイヤー」20:00~20:55  JFN「ミュージック・バイヤー」20:00~20:55 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www2.jfn.co.jp/buyer/

オンエア:「さよならルビーチューズデイ」(初)「恋の片道切符

トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20060106