トップ 最新の日記 ユーザー登録 ログイン ヘルプ

バベルの塔または火星での生活 このページをアンテナに追加 RSSフィード

IDを変え、引越しました。 現在は https://originallove.g.hatena.ne.jp/keyillusion/ です。

2006/01/15 (日)

[]『ramblin'』vol.05 表紙とインタビュー掲載 『ramblin'』vol.05 表紙とインタビュー掲載 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.ramblin.jp/top/index.cgi?no=10

free paper/2006.1.15~2.14まで配布


[]久しぶりにカラオケへ行った 久しぶりにカラオケへ行った - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

恋の片道切符」が入っていた。珍しく家族で行ったのだが、母も「あらこの曲知ってるわぁ」と喜んでいた。どこにでもあるような家族の風景? ポップスだなぁ。

さて実際に歌ってみると、結構節回しが難しい。言葉はシンプルなのに。やっぱりよく練られているのね。

ソウル・タトゥー

今回、鈴木雅之名義で「ソウル・タトゥー」を発見した。小躍りしてしまった。淡白なアレンジだったのは、カラオケのせいなのか鈴木バージョンのまんまなのかは、そっちをまだ聞いてないのでわからない。

美貌の罠

美貌の罠

最近のシングルでは「沈黙の薔薇」の評価が高く、それもまた当然だとは思うが、自分はどうしてもこっちの方に軍配を挙げてしまう。そればかりか全シングルの中でもこれが一番好きだ。

踊る太陽』が出たとき、ジャケットその他であまり新作への気分が盛り上がらなくて、アルバムへ飛びつく前に、同時発売のこのシングルから聴き始めた。そうしたら、このソウルな2曲が飛び出してきたので、アルバムもそうなのか?とびっくりしてしまった。(結局、この2曲だけだったけどね)

ちょっと前に久しぶりに引っ張り出して聴いたが、改めてこれはかっこよすぎる。ホント、鼻血が出るほどかっこいい。もしこのブログを読んでいるのに、なんとなくこのシングルを聴いてない人がいたら、絶対損は無いから聴いてみるべきだ。今度のアルバムで「青い鳥」がいいなぁ、なんて呟いているのならなおさら。

もし、オリジナル・ラヴが「接吻」のころのパブリックイメージのままでいったら、今頃こんな曲ばかりを書いていたんだろう、と思わせる。しかし、その仮定はあまりにもバカバカしい。なぜなら「そのまま」だったら自分はとっくにオリジナル・ラヴなんて聴いてないだろうし、そもそも田島オリジナル・ラヴなんて名前はとっくに捨てているだろう。

それにしてもなんで「ソウル・タトゥー」は『踊る太陽』に入らなかったのだろうか? 「他人」の曲であればこんな風に「クールさ」が自然と出せるのは、例の「セルフプロデュースの弊害」と繋がっている話だと思うのである。田島が欲しがっている「ポップさ」というのは、実はその中に隠れてはいないだろうか。

のすたるぢあ

案外知らない人もいるかもしれないけれど、布施明名義で「のすたるぢあ」がカラオケにある。「金曜エンタテイメント」のタイアップが付いていたためのようだ。年配の人がいても歌いやすいのがうれしい。

「ソウル・タトゥー」は提供曲なのでセルフカヴァーだが、こちらは布施明の意向によるカヴァーである。アメリカでの生活を終えて帰ってきた布施氏が、帰国直後に『踊る太陽』を聴いてこの曲にひどく感激をして、ほぼすぐにカヴァーを決めたのだ、とラジオで喋っていた、という話を友人から聞いた。(3次情報かよ)

地味に増えている曲たち

10年前の『Rainbow Race』くらいがオリジナル・ラヴのカラオケ収録のピークで、その後はシングルしか入れられなくなってしまった。それがUGAがでてきたあたりから、ちょっとだけマニアックな曲が増えた。

EYES』と『Rainbow Race』は、カラオケで全部歌うことができるようになった。なんて言われても「JUDGEMENT」なんてなかなか覚えているものではないが。『風の歌』は「It's a Wonderful World」がないのでコンプリートではない。『結晶』も「愛のサーキット」「セレナーデ」がない。残念。

どういうわけか『XL』が追加されて、「ハニー・フレッシュ」「羽毛とピストル」がこちらのヴァージョンで歌える。『L』の「ハニー・フラッシュ」と「羽毛」はないのに。マイナーな曲といえば「ティアドロップ」がさりげなく追加されている。これを見つけたときは感動した。

かたや、1曲も収録されていないのが『ビッグクランチ』である。シングルの「R&R」が漏れてしまったせいである。一時期、リクエストのリストに「地球独楽」があったが、結局採用されなかったようだ。まぁ「セックスサファリ問題OK」とか「ダブルバーガー」は歌う場面を選びそうだし、「MP」なんか入れられても困るだけか(1度くらい歌ってみたいが)。でも「ショウマン」はいいんじゃないのかなぁ。

ピチカート・ファイヴにいけば「惑星」「誘惑について」「聖三角形」という『ベリッシマ』冒頭3連荘があるのが泣ける。「これは恋ではない」「リップ・サーヴィス」が入ったのも、担当者のセンスのよさを誉め称えたい。

[]ピストルスターはどこへ流れていったか ピストルスターはどこへ流れていったか - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20051129

読み返したら、ここのコメント欄でいい議論をしていますね(いや、自分がってわけじゃなくて)。あれからインタヴューも出揃ってきましたが、結局どのインタヴューも「ピストルスター」にはまったく触れていないですね。残念無念。*1

バラくまさんの『「街男~」からは完全にリセットして出てきた作品なのではないかと思います。』というクダリに、今は実感を覚えます。

そういえば、田島は「キングスロードはイギリスじゃない」とか「『王道』というのは間違えた訳なんですが」と言い訳してたけど、みんなツッコミどころは同じなんでしょうかね。

*1:そしてまだジョン・レノンも聴けてないのだった。

rararapocarirararapocari2006/01/17 00:46僕は、上手に歌えないので、カラオケでは、オリジナル・ラヴはあまり歌いません。ただ、ピチカート時代の曲はちょっと歌ってみたいですね。そんなにあるとは思いませんでした。特殊な機種ではないですよね。カラオケ自体は大好きなので、久しぶりに行きたいなあ・・・。▼ちなみに僕はシングル『美貌の罠』はAB両面だめなんです。でもソウルタトゥーなんかはそんなに数を聴いていないので、聴きなおしてみようと思います。

originalovebeeroriginalovebeer2006/01/17 11:09上手い下手はともかく、細かいところまで自信を持って歌える数少ない歌手なので…。機種としてはUGAが一番揃っています。今回行ったのは複数メーカーがいっぺんに歌えるところだったので、「片道切符」がどこだったかはハッキリ覚えていません。▼そういえば「リフ重視の曲はちょっと」のようなことを以前おっしゃってましたね。自分のドツボ曲はああいうあたりなんです。

自転車自転車2006/01/17 11:31はじめまして.いつも楽しみに読ませていただいてます.JOYSOUNDには「片道切符」の他に、「青い鳥」、そしてなんと「ピストルスター」まで入っているみたいですよ.自分が良く行くDAMはOL関連あんまりないんですが(笑

バラくまバラくま2006/01/18 01:03originalovebeerさんがカラオケって、ちょっと意外でした(笑)。私は決して上手ではありませんが、雰囲気が好きで昨年位からよく行ってます。「朝日のあたる道」と「灼熱」がお気に入りです♪自分で歌ってみると、曲の奥深さがよくわかりますよね。▼「美貌」も「沈黙」も、どちらも大好きですけど、私も僅差で「美貌派」かも…。一度聴くと、何度も繰り返して聴きたくなります。

originalovebeeroriginalovebeer2006/01/20 11:39>自転車さん ありがとうございます。「青い鳥」「ピストルスター」まで入っていたんですね。まったく気づきませんでした。今度は注意して見ます。
>バラくまさん 趣味が同じ人といくカラオケは、至上の一時です。昔は田島のシャウトの完コピに凝ったりしてました(笑)。

バラくまバラくま2006/01/20 21:14>シャウトの完コピ あははは!盛り上がりそうですね。何事も、メンバーは最重要ファクターだと思います(笑)。

マメマメ2006/01/25 04:35はじめまして。いつも楽しく読ませてもらっておりますが、初めてコメントします。
>「他人」の曲であればこんな風に「クールさ」が自然と出せるのは・・・
すごく納得で同意です。
提供曲に結構好きな曲多いです。「ソウル・タトゥ」もそうですが、クリスタルケイに提供した「CURIOUS」とかもすごくかっこよくて、もったいないなぁと。田島に歌ってほしいよって思います。
しかも、もうこういう曲は書けないのかなって思わせといて、「なんだ、書けるんじゃん」っていつも思います。
クールな田島を熱望してしまう自分です。。。

originalovebeeroriginalovebeer2006/01/25 10:09コメントありがとうございます。
「なんだ書けるじゃん」という風に自分もふとこぼしてしまいます。書けるからこそ、わざと書かないようにしているのか? その辺は定かではありませんが、もう少し素直になればいいのにと思うこともあります。
最新の『MARQUEE』のインタヴューでだったか(うろ覚え)、「オリジナル・ラヴらしさというイメージをもたれることに今は嫌悪感はない、むしろ楽しんでいる」といったような答えをしていました。その割りに熱い作品が続いているというのは、やっぱり意図的にクールな部分を押し殺しているのかもしれません。
そういえば、'00年代の「タジマタカオ」名義のものを、だいぶ聞き漏らしていることを思い出してしまいました(苦笑)。heacoあたりはそろそろ品切を起してもおかしくない頃ですね。

トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20060115