トップ 最新の日記 ユーザー登録 ログイン ヘルプ

バベルの塔または火星での生活 このページをアンテナに追加 RSSフィード

IDを変え、引越しました。 現在は https://originallove.g.hatena.ne.jp/keyillusion/ です。

2006/01/23 (月)

[] Tajima's Voice 更新 本格化  Tajima's Voice 更新 本格化 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.originallove.com/WebSite/voice.html

本格的にブログ化しはじめたようです。RSSフィードしてくれないかな。

ラジオ番組もなく、「ほぼ日」も一段落したようなので、非常にありがたい話です。

[]『キングスロード』第一印象 『asin:B000CEK5D6:title』第一印象 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

キングスロード

キングスロード

大した感想ではないのに、もったいぶってすいません。やっとまとめられました。

このアルバムは「歌詞」を重視したアルバムであると思っている。でも実は、まだ1回も歌詞カードには目を通さずに聴いている。歌詞をじっくり読みながら聴く楽しみはまだこれから、というつもり。それによってまた違う印象も出てくるだろうと期待しているので。

第一印象

前に「思ったよりも辛口」と書いた第一印象の感想はこのとおり。

第一印象は、ちょっと「えーっ!?」って感じ。全体印象がジャケットのままで、モノクロームな印象。多彩な音世界が繰り広げられているのではなくて、エッジの効いたギターでジョリジョリと世界を剃っていく感じ。

特に前半、「俺ジナル・ラヴ」節が爆発。田島の歌と尖りすぎのギターが、元曲の繊細さをぶち壊してしまっているところがある。なんでも濃ければいいというものではないだろう。と思ってしまうのは、濃淡のヴァランスがよくないからだ。「タッチ・ミー」のあと、「きみのとりこ」で一息つけるかと思ったらスカアレンジ(スカパラ担当なので当然だが)で、続いて「ルビーチューズデイ」まで行ってしまう。少し「踊り場」を作るべきだったのでは。このあたり、せっかく「ポップス」をカヴァーしたのに、その曲のもっとも「ポップ」な部分をあまり大事していないように聞こえる。しかし、後半に行くにつれてだんだんと良くなってくるのが救い。

「ピストルスター」のような新曲が出来るのも道理で。田島の今のモードは、本当にアレだったわけだ。粗削りの感触を大事にしているということか。でも、なんだか内省的な臭いがするんだよな。「ありもしないもの」を見られるほどの力が、そこにはあるの?

この感想は、「きみのとりこ」と「ルビー・チューズデイ」の2曲に引っかかっているようだ。何度か聞いているけど、やっぱりこの2曲は気にくわない。両曲の原曲は、「優しい声」が特長な曲だからなのだと思う。スモーキー・ロビンソンについては今回はじめて聴いたに等しいので偉そうなことは言えないが、ストーンズに関しては一言言いたい。あの可愛らしい曲を、なんで無理してスリーピースでゴツゴツにしてしまったのかなぁ? ぜんぜんハマっていると思えない。このあたりでガッカリしたのが尾を引きずって、アルバム全体を聴いた後に書いた「第一印象」がこんなキツイ物言いになっているようだ。

先日、『音楽と人』のインタヴューを読んだら、「スタンダードをカヴァーするのに"俺"が出てはダメだ」(立ち読みなので不正確)のようなことを言っていた。「はぁ???」と思った。

しかし、「B面」はどれをとっても最高だ。「ダウンタウン」は、田島の太い声にもかかわらずきちんと原曲の「可愛らしさ」が出ている。「青い鳥」には、全体で原曲に忠実なカヴァーが、実はこの1曲だけだったことに驚かされる。「Be My Baby」のアレンジは、パーカッションを加えただけの編成であの「壁の音」をきちんと再現していて、田島が未練がましくこの曲を捨てられなかった気持ちがよくわかる。「荒野をめざす」も、オリジナルとは違う視点から歌詞の世界をうまく歌っている。「エミリー」のソリッドな感じは、原曲にない魅力を引き出している。こうして、ひとくちにカヴァーといっても、直球から変化球までそれぞれにさまざまな方法を用いているのは、さすがオリジナル・ラヴだ。

この「B面」のクォリティを、あの2曲に感じられなかったのは本当に残念。

「予習」について

いろんなところでアルバムの感想を見て思ったのだが、自分みたいにクソまじめに原曲を「予習」した人は、ほとんどいないみたいだ。ただ、自分の場合は、後追いにしたらそのまま一生聴かないかもしれないという無精者だから、一念発起してみたというだけ。実生活でもこのくらいヴァイタリティがあればねぇ、という話は虚しくなるだけのでやめとく。まぁ、どうせこのアルバムはこの先もずっと聴いていくのだろうから、田島のアレンジを知らない耳で聴いておきたかったというのが大きい。

ところで自分の場合、タイトルだけで「あれかぁ!」とわかっていた曲は3,5,7(トラックNo。以下同)しかない。ロック系の曲ばかりなのは御愛嬌。しかも、7は大昔にレンタルで借りたきりで、ほとんど忘れていた。

1,6は試聴などで聞いてみたらよく知っていた曲だったので、オリジナルを聞き直さなかった。3も面倒くさがってオリジナルを聞き直していない。2,4は、オリジナルを聞いたらタイトルを知らなかっただけで、ラジオなどでよく知っていた曲だった。

最後の8,9,10は、オリジナルを聞いてもまったく知らない曲であることを確認した。8を知らないのは自分の底が浅いだけの話だけれど、10ってそんなに「王道」なのかなぁ? アルバムミュージシャンという印象が強いピンク・フロイドのシングル曲なんて、結構マニアックだと思うんだけど。まぁ、いい曲だからいいんだけどね。

ドアーズはあらためて聴き直したくなったし、平尾昌晃訳詞の「片道切符」も田島の歌詞とどう違うのか聴いてみたい。

CDJCDJ2006/01/24 00:16あ~わかるなぁ。その感想。自分は、先行シングルが、凄すぎた分(自分にとっては過去のシングルでも上位)それに比べるとなぁというのが、一聴した第一感想。それぐらい「青い鳥」は、歌、サウンドとも素晴らしいと自分の中で比重が高い曲。自分も同じようにアルバム前半のギターのエッジが効いた味付けは?と思うところもあり(ここ最近のOL音の特徴ではあるが)「ヒット曲が聞こえる」の原曲の
間奏のサックスが入ってくるところなんか予習では
もう想像しまくってたりしたんで余計にね。「ダウンタウン」はライヴで聞いたときは今ひとつピンと来なかった。でも今回凄く好きになって分かったのが、B-1曲目的な切り替えしのPOPな曲であると同時にピストルズのカバーにも通じるパンクなコード進行(シンプルな?)じゃないのかのと思った。特にサビ。逆にピストルズのカバーは、こんな感じになったりしたのでは?と思うのは思いすぎ?(失笑)なぜか「タッチミー」では「?!」原曲しってるから?!な印象だが、「ルビー~」のアレンジは、ご指摘のピストルスターに通じる3ピースのロックのエロさ(ギターの)が出て凄く好きな感じで
す。「荒野の~」あのアレンジはなんだろう?カッコいい。スティーリーダンっぽいか。と色々書いてますが、「キングスロード」好きなアルバムには間違いありませんが、一番美味しい部分をシングルで先に食べてしまった感はあります。だが、最後「エミリー~」で締めてくれますね。この曲順は素晴らしいし、この選曲も田島ならではですね。このスタンダードなポップで尚且つ歪んでる感じが年代は違いますけどトッドラングレンを引き合いに出したくなりますけどどうでしょうか?(笑)

originalovebeeroriginalovebeer2006/01/24 12:46伝わって、ちょっとホッとしてます(笑)。
トッド・ラングレンの引き合い、ものすごくうまいです。なるほど! 田島はたぶん、その「歪み」をできるだけ出したくなかったんでしょうけど、やっぱりそこかしこに滲み出ていますよね。田島の悲しい性(サガ)? 
「一番美味しい部分をシングルで食べた」感もわかります。たった3曲のシングルと比べても、食後のヴォリューム感があまり変わらないような感じもします。ただ、そこへ「エミリー」を持ってきたのが、アルバムを意識してのことなのかはわかりませんが、うまくできてますね。
「荒野」のアレンジは、『Sunny Side』かと(笑)。「青い鳥」が『Rainbow』に混ざっていても違和感ないような感じ。

rararapocarirararapocari2006/01/25 05:30原曲に忠実なアレンジは「青い鳥」だけだったんですね。やっぱり少しずつ原曲と聞き比べていきたいです。ピンクフロイドとかは10年以上「宿題」にしているような状態なので、「エミリー」に限らず、アルバムをババッと聴きたいですね。▼今回10曲ということもあり、A面・B面はほとんど意識しませんでした。また、原曲を知らない分、僕にとっては「これはどうか」という曲もありませんでした。全体の感想については、現在、温め中なので、まとまりましたらアップします。ひとことで言えば、「オリジナル・ラヴにしては聴き易い」アルバム、といったところでしょうか。

originalovebeeroriginalovebeer2006/01/25 10:21ピンク・フロイドも案外つかみ所のない人たちなので、『狂気』『炎』あたりを腰を据えて聞くほうがいいと思います。時間があれば『The Wall』も。▼自分にとって「ルビー・チューズデイ」は、元曲へのお思い入れが強いんでしょうね。たぶん、歌詞をじっくり聴いてみたら違う感想が出てくるのではないかと思っています。▼もしかして今度のツアーは鹿島/佐野とのスリーピースでやるんじゃないか…という妄想に取り付かれましたが、松本健一氏のページを見たらちゃんと出演予定になっているのでホッとしました。

バラくまバラくま2006/01/26 11:5060年代の名曲ロック&ポップスにジャンルが限定されている為なのか(結果的ではありますけど)、雰囲気的に「似たような曲」が集まっている印象を受けました。実は、私自身が60年代を中心とした往年の名曲ロック&ポップスが一番の苦手ジャンルだったりするので(昔から、何故か全く興味がナイのです)、キングスロードが好きなアルバムとなるかどうかは「?」でした。ただ、先行シングルで聴いた「青い鳥」があまりにも素晴らしかったから、期待していたのは本当です(^^;)
実際に聴いてみると、ほとんど知らない曲ばかりでしたが、OLのフィルターを通しているからなのか「聴き易い」と私も思いました。日本語訳詞もバッチリ決まっているし、歌もパワフル&ソウルフルで上手だし、演奏も迫力があってカッコいいですよね。ライブで聴いたら、物凄い迫力だと思います。ただ、全編結構ハイテンションな曲が多くて、緩急があまりないようにも感じられました。「似たような曲」の印象も、その辺りから来ているのだと思います。原曲を知らないので対比はできませんけど。アルバムとして聴いても、やっぱり一番のお気に入りは「青い鳥」でした。「エミリー」もイイなぁって思いました。イカレ具合がたまらないです(笑)。この2曲+「荒野」って、アルバムの中ではわりと異質?な感じがしますけど、「やっぱりそっちに行くのね、私」みたいな(笑)。
「音楽と人」インタビューは、読んでいて「???」な部分が多くて私も困惑しました。田島氏が、今回のカバー作品に「オレ色&オレ節」が強く出ることを否定的に捉えていたのは意外中の意外でした。カバーはコピーではないからこそ面白いのだと、私は思っていたので。こんな風に苦手意識ばかりが先行していますけど、気が付くと家事の合間に「タッチ・ミー」や「ルビー・チューズデイ」が耳の奥でガンガンとエンドレスで鳴っていて、名曲の威力?を思い知らされもいます。どうせ鳴るなら「エミリー」の方がいいんだけどなぁ…(笑)

originalovebeeroriginalovebeer2006/01/26 11:51『音楽と人』は、実はバラくまさんのブログを読んで気になったので、さっそく立ち読みした次第です。「言ってることとやってること違ゃうやん!」って感じ(笑)。きちんと買って読んで、エントリしてみたいなと考えています。
各曲が似ているのは、おっしゃるとおり時代的なものではないでしょうか。興味のない人が相撲取りや野球選手の顔がみんな同じに見えるように、意識的に聴かない限り違いは耳につかなくても当然だと思います。自分の場合も、今回意識的に聴かなければ、「ヒット曲」と「きみのとりこ」と「Be My Baby」のオリジナルの区別は付かなかったでしょう。
一方で、好きで聴いていた「タッチ・ミー」と「ルビー・チューズデイ」は、くっきりと浮き彫りになってます。バラくまさんの中で「タッチ・ミー」と「ルビー・チューズデイ」が特に響くのに理由があるとすれば、他曲に比べて今のロックと直結しているからではないかと思います。
そういえば(これはrararapocariさんへのレスでもありますが)、「原曲に忠実」なのは「タッチ・ミー」も同じです。ただ、「青い鳥」ほど"見事"ではなく、アレンジは少し薄い感じがあります。でも、歌い方はオリジナルのクサい部分を若干誇張した感があります。(別にも書いたようにこれはオリジナルを聴きなおしてないので、遠い記憶に頼ってますが)

バラくまバラくま2006/01/27 10:31えっ、私のブログ?!よくぞ、おいで下さいました(爆笑)。OLファンにあるまじきミーハーっぷり?なので、そろそろ音楽ネタは別の場所に移そうと考えていた所です(只今、準備中です)。開設の折りには、そちらもよろしくお願いします!▼「音楽と人」インタビューは、思わずツッコミたくなりますよね(笑)。エントリ、楽しみにしています。