トップ 最新の日記 ユーザー登録 ログイン ヘルプ

バベルの塔または火星での生活 このページをアンテナに追加 RSSフィード

IDを変え、引越しました。 現在は https://originallove.g.hatena.ne.jp/keyillusion/ です。

2006/06/27 (火) このエントリーのブックマークコメント

バラくまバラくま2006/07/07 12:26こちらへの書き込みは久しぶりです^^
よろしくお願いします。
今回のoriginalovebeerさんのエントリを読んで、「いつか自分のブログに書いてみたい」と思っていた事をポツポツと書かせていただきます。
私も、その秋のツアーを渋公で観ました(もしかすると同じ会場にいたのかもしれないですね)。新曲として披露した、後の『ガンボ・チャンプル・ヌードル』の衝撃は今でも忘れられません(笑)。私が初めてOLに躓いた曲です。その時のツアーパンフの丸刈りの田島氏にも軽い目眩を覚えましたけど(^^;)旅行先で得た新しいインスピレーションの方向性が私には理解不能でした。ただ、三線を片手に演奏するお姿を見て「うーん、もしかして??」と思った事がありました。
『RAINBOW RACE』リリース時の『月カド』の特集号に某ミュージシャンM氏との対談が掲載されていますよね。M氏の属するバンドの代表作となったあの曲が、田島氏の音楽人生の方向性をある意味狂わせてしまったのではないか?と思ったのです。それまで国内のミュージックシーンなど意に介するようなことが無かった田島氏が、初めて味わった挫折感やジェラシーのようなものがあの対談から伝わって来るような気がしました。
聴く人によって好みの問題はあると思いますが、やはり『ガンボ~』は例え「旅の空の元で出来上がったウキウキするような楽しい曲」だとしても、あまりにも中途半端でショッキングな1曲だと思います(笑)。
満を持して聴いた『プライマル』も、私は個人的に好きになれない曲で、あのシングル(カップリングが『ガンボ~』^^;)が受け入れられなくて、しかも世間的には大ヒットした訳で、いよいよ「何もかも全部理解していた大好きな彼氏」が「最近、何を考えているのか全くわからない」状態に陥ってしまった訳です(爆)。
そんな強烈な先制パンチを2発食らった後の『DESIRE』は意外と?佳曲揃いで、でもどこか人工的な匂いのするアルバムだと思いました。ソロとなったOLのその後でも、この「人工的な匂い」が感じられる作品は苦手なものが多いです。その辺の詳しい事は、また自分ン家でいつかじっくりと書いてみたいです(笑)。長文、失礼致しました^^

rararapocarirararapocari2006/07/13 00:26お久しぶりです。
「Masked」が「ハニー・フラッシュ」の原型だったとか貴重な話がたくさんあり盛りだくさんですね。バラくまさんもですが、その頃のライヴに行っているのは羨ましい限りです。(自分が行き始めたのはDESIREツアーから)
「Desire」は、「ブラック・コーヒー」をはじめ、特に前作までと比較して違和感を感じたりする曲の多いアルバムでしたが、このアルバムで、オリジナルラヴの聴き方を学んだ気がします。(⇒意外性を楽しむ。聞き手がミュージシャンを枠にはめない。)
横レスですが、バラくまさんの言う“「人工的な匂い」が感じられる作品”というのは、『Desire』以外では『L』が、その筆頭なのではないかと思いますが、上の意味で、こちらも大好きです。(『街男街女』も同じ意味で好きです)
「Hum a tune」は、聴いた当初すぐに受け入れられなかった思い出も含めて、OLの中でも1、2を争うほど好きな曲です。
「Words of Love」も、シングルとしてはB面(ガンボ~)とのバランスがよく、シンプルですが繰り返し聞いても飽きない曲で大好きです。(いわゆる噛めば噛むほど・・・という曲)逆に「プライマル」の方が素直に聞けません。
『FIREWALKING』のライヴビデオが廃盤なのは残念ですね。ライヴならではの異色アレンジが多数あったように思います。久しぶりに見てみたいと思いました。

バラくまバラくま2006/07/13 14:05↑「プライマル」のカップリングは「ガンボ~」じゃありませんでした(滝汗)。現物を見ずに思い込みで書き込みしてしまいました。スミマセン(^^;)お詫びして訂正します。

originalovebeeroriginalovebeer2006/07/14 18:44遅ればせながら、コメント返しです。
バラくまさんのいう「人工的な匂い」は、自分が「グルーヴ感の欠如」と感じているあたりと近いのではないかと想像します。あるいは、「観念的」な曲。これは、メモ的に別エントリにしましたので、参考になさってください。
田島の作曲(編曲)の大半は、観念→肉感の置換作業に使われているのではないかと想像します。それが中途半端な段階で終わってしまうと、「人工的な」とか「消化不良」とかいうような印象を与えてしまうのではないかと。そして、「ガンボ」は、田島の「素」のままで出されてしまった曲のような気がします。
田島のルーツは、ポストパンクやニューウエイヴにありますが、正直なところ、自分はその周辺の音楽がニガテです。もっとロックがロックロックしていたころの曲が、あるいは、ばかばかしいほどに肉体的な'80年代末期のハードロックが好きです。それでも田島の音楽にこんなに惹かれているのは、田島がそういう観念性をしっかりと換骨奪胎しているからなのだと思います。
『L』は、たしかに観念的なアルバムなんですが、その観念を逆手に取ったアルバムであると思っています。そこまで行ってしまっているともう、裏の裏というか、別の世界が開けているので、そこがあのアルバムの非常に好きなところです。
>M氏との対談
『DESIRE』の方向転換は、今でもよくわからないことの一つです。ひとつのきっかけに「島唄」があったのでしょうし、渋谷系ムーヴメントから細野春臣のトロピカル3部作の再評価などがあったりしたのもあるでしょうし…。94年ごろ、レゲエや沖縄音楽のブームがあって、そういうのがネジれて出たのかなという気もするし。当時も「何故?」というのは注意してインタヴューを読んでいた気はするのですが、なんか腑に落ちる説明に当たった覚えもありません。
>オリジナルラヴの聴き方
自分の実感と照らしても、なかなか含蓄のある表現ですね。こうでもない、ああでもないとついつい考えてしまうのが、田島の不思議なところです。まぁ、一ミュージシャンのファンになるということは、つまりそういうことなのですけれども。
「プライマル」のc/wは「Your Song」でしたっけ。風船持ったジャケットといい、プレゼントに使えば結構ラヴリーかもなぁ、と思ったものでした(結局使わなかったけど)。

バラくまバラくま2006/07/19 11:52私のブログに追記したエントリをTBさせて頂きました。

トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20060627