トップ 最新の日記 ユーザー登録 ログイン ヘルプ

バベルの塔または火星での生活 このページをアンテナに追加 RSSフィード

IDを変え、引越しました。 現在は https://originallove.g.hatena.ne.jp/keyillusion/ です。

2006/07/31 (月)

[] 東京 SHIBUYA-AX  東京 SHIBUYA-AX - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

オリジナル・ラヴ13号室からの眺め」(1日のみ)

OPEN 18:00 START 19:00 全指定 \5,250

[] 2006/7/31 東京 SHIBUYA-AX  2006/7/31 東京 SHIBUYA-AX - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

  1. エミリーはプレイガール
  2. 13号室からの眺め(新曲)
  3. BE MY BABY(日本語詩)
  4. ブラックコーヒ
  5. 二度目のトリック(新曲)
  6. MP
  7. しゃれこうべ(新曲)
  8. GLASS
  9. Xの絵画
  10. 悪い種
  11. 愛の薬
  12. スキャンダル
  13. 心理学
  14. 或る逃避行
  15. Let's Go!
  16. The Rover
  17. 水の音楽
  18. 明日の神話

<encore-1>

  1. 接吻
  2. めくれたオレンジ
  3. BODY FRESHER
  4. ブギー4回戦ボーイ

<encore-2>

  1. プライマル(ギター弾き語り)

CDJCDJ2006/08/01 12:39どうもです。ちょっと観てきた感想を。全体的な感想ですが、ここ最近のライヴでは、一番良かったのではないでしょうか?凄くまとまってたと思います。テーマのエロ&オカルト的な選曲もよかったし。自分的には聴き所は、セットリスト6~11だったりします。それぞれミディアム~スロー的なアルバムの主格となる曲ではないかもしれませんが、今のアレンジとそれぞれ続けて演ることでライヴのテーマまとまり感が出たように感じました。特に「Xの絵画」間奏の所、ラティンルーシーが「沈黙の薔薇」的に早いパーカッションと田島のこれまた早いリズムギターが絡み、曲テンポが上がり昂揚していく感じ。なんてエロい!(笑)で、新曲これらいい!!多分、絶対今度のアルバムは凄いことになるかも?!なんて。「しゃれこうべ」の初めスローなジャジィー途中~から早くの展開とか「二度目のトリック」で出しギターの小暮とユニゾンで始まったキャッチーなフレーズなどここ最近のオレ節を低めにし、上手く調節した上でのアレンジ。声の響きがカッコいい。って印象を受けました。そう言えば、開演前のSEでは、ボブマリーなどから後半70年代後半ニューウェーブオンパレード。ジャム「アートスクール」、テレビジョン「マーキームーン」、ロキシーミュージック「ラヴイズドラック」など。OL初期、70~80年NW,など気負いもなく、オレ節抑えた上で新曲にあらわれるのでしょうか?で、ライヴ後半サプライズでは「スキャンダル」「心理学」!!これはサプライズとしてほんと聞いてます。当時を完全再現!キーボードの音色は違いますが。音の隙間全く無し。うねるグルーヴ。テーマ「オカルト、エロす的」から選んだみたいですが、気負いがないから楽に初期の曲もやってる感じがした。で「心理学」では、出だしだけリーディングラップのところ、声がうわずって、ピチカートの月面の「これ恋」のラップみたいだった(笑)「THE ROVER」ここ最近のライヴではテンポがやや遅め。それがまた、エロな夏な感じでいい。で出し、原曲と同じリズムボックスから始まる部分も久しぶり。で終盤「明日の神話」にどう結びつけるのかなと思ったら「水の音楽」なるほど理解できました。多分次ぎはみたいな!この流れはお見事。「水の音楽」の最後「ファイァーウォーキングツアー」でのエンディングフレーズ懐かしい!で最後「明日の神話」自分的には、以前originalbeerさんのコメントにもあったここまでやってどうなの?というのはありました。強く引っかかる曲で、「名曲」と簡単に軽く言えなくて。もっとじっくり味わいたいですね。で、結果的ですが、「オカルト、エロす的」もあって最後の際立たした「街男街女」的かもしれません。オーラス「ブギー~」では、長いエンディングの部分、カウントダウンを発して、スリー、トウー、ワンで最後、爆発(SE)して終わりという笑える余裕さもありました。爆発した時、なぜか気持良かった。スッキリした。田島、小暮も爆発しておりました。決して汗かきライヴではなかったんですけど、OLのある種の知的肉体的音楽、サプライズ、エンディングのエンタ心も忘れない満足のライヴでした。これで途中「美貌の~」があれば
合うほんと言うこと無いですけどね。!!

originalovebeeroriginalovebeer2006/08/02 09:18テレビでやらないときは、本当にいいライヴをしますね…。各曲のアレンジ具合も教えていただいてありがとうございます。
開演前のSEの話、興味深いです。そういう目で見てみると、「聴き所」の中盤のミディアムな曲たちの理由もわかるような気がします。田島の「変態系」の曲がうまく並べられていますよね。そこから緩やかにスケールの大きな曲に結び付けていて、田島が自身の魅力を十二分にわかっていることが確認できます。前回以上によく練られたセットリストだと思います。これで「美貌」があったら「できすぎ」でしょう(笑)。
夏だから「オカルト、エロス」なのか、それが次回作のコンセプトに繋がっていくのか、興味深いところです。

rockcandyrockcandy2006/08/02 21:32こんにちは!今回、非常に無理して遠征した甲斐ありました。素晴らしかったです。媚薬系田島はバリバリ健在でした。
開演前のSEなのですが、私は洋楽に疎いので他はさっぱりわからなかったのですが、2年前の夏、茂木欣一氏のラジオで田島氏が絶賛し、茂木氏が「この人、田島さんの影響受けてる!」って言った“ルーファス・ウェインライト”がかかりました。私、この人のファーストアルバム買ったんですよ。田島氏もベタ褒めしてた“Matinee Idol”って曲、本当に田島さんにそっくりで。声もなんか似てるし、今回のライブの方向性にもぴったり合った感じで、(色っぽくて、どことなくオカルトチック)次のアルバムはこんな雰囲気で行くのかな~?なんて。ちょっと昭和歌謡の流れから、洋楽よりの感じに戻ってくるような気がしています。
楽しみです!

rockcandyrockcandy2006/08/02 21:40連続投稿スミマセン。Rufus Wainwrightの“Matinee Idol”って曲、「バベルより遥かに上 この世界から遠くはなれたテーブルに座るため」って歌詞が出てきます~

originalovebeeroriginalovebeer2006/08/03 15:26ルーファス・ウェインライト、寡聞にして私も知りませんでした。かなりツボに入りそうなミュージシャンなので、ぜひ聴いてみたいと思います。ありがとうございます。
「洋楽のよりの感じ」は、個人的にはやはり嬉しいです。そういえば、『キングスロード』を出したときも「やっぱりオレは洋楽好き」のようなことを田島も言っていたのを思い出しました。
「バベルよりも遥か上」って、やっぱり火星なのかな?(笑) そういえばこの曲は夏になると聴きたくなるので、そろそろ引っ張り出して聴きます(「R&R」シングル)。

POP-IDPOP-ID2006/09/07 02:26はじめてお邪魔致します。hiroharuさんの所からやってまいりました。なんかエキサイトブログでお世話になっているROCK CANDYさんもいらしててビックリしました。繋がるものですね。スキャンダル、好きなんですよねー。COOOOOOOL!!!

originalovebeeroriginalovebeer2006/09/07 17:42>POP-IDさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
自分も「スキャンダル」大好き…というか、本当に特別な1曲です。もう何百回と聞いているのに、今でもはじめて聴いたときと同じ感動を味わうことができます。クールなのにホット。今回のライヴで聴けなかったのは、本当に悔しいです。

トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20060731

2006/07/30 (日)

[]Fried Prideが「接吻」をカヴァー Fried Prideが「接吻」をカヴァー  - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

ミュージックリーム

ミュージックリーム

http://www.jvcmusic.co.jp/-/Discography/A016164/VICJ-61356.html


すでに発売中。オフィシャルはアテにならないからしょうがないとしても、カヴァー情報を集めるのは難しい。

トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20060730

2006/07/29 (土)

[]J.O.Y.(高木完) 「Sphere」にゲストヴォーカル J.O.Y.(高木完) 「Sphere」にゲストヴォーカル - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

Projection

Projection

手塚眞監督の映画『ブラックキス』の劇中にも使われたそう。…って、これ2004年の映画じゃん!? 奇しくも昨日DVDリリース。

高木氏のブログによれば、「ピチカートファイブの解散イベントで見た田島の歌を聴いたこと」が参加のきっかけ。高木完田島の組み合わせって、ありそうでなかった。


[]bounce book『NEW ORLEANS THE MUSIC & LIVING LARGE』にコメント bounce book『NEW ORLEANS THE MUSIC & LIVING LARGE』にコメント - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.bounce.com/news/daily.php/8373

2006年8月25日発売。

アメリカで行きたいところは少ないけれど、西海岸ニューオーリンズは行きたい。ケイジャン料理にデルタブルース…。

以上2つの情報は、yokoさんの「田島中毒。」より(孫引きということになりますが)。ありがとうございます。


[]ライヴ「13号室からの眺め」で「TARO MONEY」販売決定! ライヴ「13号室からの眺め」で「TARO MONEY」販売決定! - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.originallove.com/WebSite/news44.html

ライヴ会場では、入口で配られるチラシに、「ほぼ日刊イトイ新聞」の「田島貴男のオレのニュース」ダイジェストペーパーが織り込まれているそうです。捨てないように。

トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20060729

2006/07/17 (月)

[]カレンダー再活用 カレンダー再活用 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://originallove.g.hatena.ne.jp/calendar

最近、スケジュールを追わずに取りこぼしなど*1あったりしたので、なんかカレンダーないかな、と思っていたら、そういえば、自分の手元にそういう機能があったのを思い出した。

もちろん、オリジナル・ラヴ専用です。スケジュール管理に誰でもご自由にご利用できます。ただし、はてなidの取得→グループ登録が必要となります*2

なお、体裁統一のため勝手に修正したりするかもしれないので、ご了承ください。

[]サイドバーにカテゴリー欄追加 サイドバーにカテゴリー欄追加 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

なんで今まで使ってなかったのか…。いまさら便利になった2周年の夏。

*1:7/7の「明日の神話」除幕特番の見逃し

*2:とても面倒なので誰も登録しないでしょうが…

トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20060717

2006/07/13 (木)

[]観念的と肉感的 観念的と肉感的 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

コメントは検索できないようなので、自分のメモとしてエントリ。

レコードとライヴと言い換えてもいいのだろう。オリジナル・ラヴの格闘の本質は、ここにあるような気がする。

「ロックってさ、気を抜いちゃうと
観念的なほうに流れてしまうことがあるんだよ。
からだありきの歌、ということは、
オレの頭の中に、いつもあります。
オリジナル・ラヴ
ずっと自分に課しているのは、そこです

(中略)
だから、いかにストレートになるか、
『自分のこの屈折が
 どうやったらなくなっていくんだろう』
ということがオレにとってのテーマだった。
へんにひねくれない歌を
どうやったらつくれんのかな、とね。
複雑な曲をつくったり
観念的な歌詞を書いたりするのは
わりとイージーで、楽なの。」

ほぼ日刊イトイ新聞 - 田島貴男のオレのニュース。 帰ってきた!田島貴男のオレのニュース(番外篇)。

2006/07/07 (金)

[]「真夏の夜の“祝祭”神話LIVE」 「真夏の夜の“祝祭”神話LIVE」 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

東京・日本テレビ

共演:山下洋輔、大倉 正之助、宇崎竜童&One Night Jam session Band with 琢磨仁、三村奈々恵遠藤賢司ZEEBRA、山口とも、河口 洋一郎・パラダイス山元ラッキィ池田・彩木エリ・猫ひろし、ブラボー小松・DJ MASA・DJ REE.K・SHINKILOW

田島は「明日の神話」を演奏。

観覧は、公募の当選者のみ。

[]日本テレビ岡本太郎作・幻の巨大壁画『明日の神話』除幕特番」に出演 日本テレビ「岡本太郎作・幻の巨大壁画『明日の神話』除幕特番」に出演 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.ntv.co.jp/asunoshinwa/index.html

21時より生放送。

上記ライヴとは別のイヴェント。田島はコメントのみで、生演奏はしなかった。番組のラストで「明日の神話」のレコーディング版が初演される。

トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20060707