トップ 最新の日記 ユーザー登録 ログイン ヘルプ

バベルの塔または火星での生活 このページをアンテナに追加 RSSフィード

IDを変え、引越しました。 現在は https://originallove.g.hatena.ne.jp/keyillusion/ です。

2007/01/14 (日)

[][]『東京 飛行』感想 『東京 飛行』感想 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

東京 飛行

東京 飛行

発売から1ヶ月以上。ずっと沈黙を貫いてきたが、はじめて『東京 飛行』について書く。

最新の感想

はじめて、歌詞を読みながら聴いた。ついに「歌」が聞こえてきた。あぁ、こういうことを歌っていたのか。言葉を重視したアルバムだったのだ。音楽が「主」で言葉が「従」だった今までとは、まったく逆の関係なんだな。

色褪せた印象しかなかった歌詞カードが、ようやく色彩を帯びて見えてきた。「髑髏」というタイトルに代表されるように、漢字に非常に気を配っているのがわかる。このアルバム、歌詞を先に書いて、曲は後に付けたのかな?

「13号室」。へぇ、そういう歌詞だったのか。ハードなリフの必然性がようやくわかった。

明日の神話」の歌詞のなんとシンプルなことか。この曲の歌詞だけ他の曲とまったくカラーが違う。このアルバムの中で最も最初に書かれた歌詞なのだから、当然なのだが。メロディにぴったりと寄り添う歌詞。自分に馴染みの田島の歌詞だ。

それでわかった。このアルバムの曲の歌詞は、情報量が多すぎるのだ。よくいえば「文学的」なのだが、書き言葉で読まないと、それがまったく伝わってこない。少なくとも「音楽的」ではない。何を歌っているのかわからない、まったく染み込んでこないのも当然だった。聴き方を違えなければいけなかった。

「遊びたがり」は、ラスト曲には弱いと思っていたけど、歌詞を読んでその意義が少しわかった。これは「セレナーデ」のような、切なくも浮かれた曲だったんだ。そのままエクトプラズムが飛んで、「東京 飛行」というわけか。なるほどね。

引用っぽくしているが、もちろん自分の感想。ようやく、このくらいには気分が落ち着いてきたなぁ、とまるで他人事の気分で書いてみた。

しかしこの境地にたどり着くまでが、七転八倒だった。聴くたびに感想を残していたのだが、今読み直したら、とても載せられるような内容ではなかった。

以下に、今の時点でのありのままの感想を残してはおくけれども、とても心臓に悪い内容であることは、釘を刺しておきます。上の感想に共感するところのない人には、単なる罵詈雑言にしか読めないかもしれません。まぁ、こんな程度の耳でもファンブログをやっていけるんだな、というくらいの気持ちで読んでください。

全体的な感想

現時点では、ほとんど受け入れられない作品。今でも拒絶感がある。これほど反りが合わないのは、『結晶』の後にその路線を期待して聴いた『EYES』以来。

そのときは、ORIGINAL LOVEについて何の知識も情報も知らないころだったから「所詮、趣味ではなかったのだ」とアッサリ諦められたのだが*1、今回は状況がまったく違う。それだけに自分でも戸惑っているわけなのだけど。

結局今作は、『EYES』のとき持った印象と同じで、とても色の褪せたアルバムという感じがした。それを「大人」という言い方でポジティヴに捉えることもできるのだろうが、むしろネガティヴに「枯れた」という印象の方が強かった。いつも「新しい引き出し」を見つけられることにORIGINAL LOVEを聴く喜びがあったのだが、今回はその引き出しをまったく見つけることができなかった。手癖で作っている…とまで書いては言い過ぎかもしれないが、焼き直し感を強く感じた。

自分の側にも原因はあった。シングル「明日の神話」を聴いたとき、その内容の淡白さに、「ローテンション」な状態でアルバムを聴くことになるだろう、と予言した。アルバム発売までの短い時間にその気持ちも収まるかもしれないと、わずかな期待はあったが、結局状況は改善しないままに聴くことになった。さらには、私生活でも鬱的な状態になってしまって、耳も気持ちもガチガチに堅くなってしまった。

それで、何度聴いてもダメ。最初のハードルでつまづいてしまったために、飛ぶたびに次のハードルに絶妙に引っかかっていくような感じ。ポップであるのはわかる。聴きやすいのもわかる。しかし音に力がない。「音楽」がとにかく自分の中に入ってきてくれない。音に感情が移入できないから、歌もなにを歌っているのかさっぱりわからない。虚心坦懐に聴くように努めてもダメ。これは、『L』のように荒んだ心に水を与えてくれるようなアルバムではなかった。

今でもこのアルバムでなにがやりたいのか、うまく理解できない。いくつかのインタヴューを読むと「映画のようなアルバム」と言うのだが、自分は映画を観る人種ではないためなのか、それがサッパリわからない(ロードムービーってなにさ?)。音楽的なことから逃げている方便なんだろうか、というマイナスの感情さえ湧いてしまう。

ニガテなあたり

「2度目のトリック」「13号室からの眺め」「ZIGZAG」がまったくダメ。こんな凡庸な曲を聴くためにORIGINAL LOVEを聴いているわけではない。

大丈夫なあたり

「髑髏」「カフカの城」。しかし、「カフカ」がベストチューンなあたりも、ガッカリした原因のひとつ。なぜなら、今までなら"それ以上"の曲が必ず1、2曲はあったからだ。ただし、「遊びたがり」がそれになりそうな予感はある。

明日の神話」は、だいぶ好きになった。「夜とアドリブ」は、「明日の神話」~「ZIGZAG」という「シングルそのまんま」という流れを食い止めるには、少し弱かった気がする。もちろん曲自体は、キライなわけがない。セルフカヴァーということを差し引いても。

微妙なあたり

ジェンダー」「オセロ」。ローリングストーンズの『山羊の頭のスープ』の1曲目のような「ジェンダー」がキライなわけはないだろう?と自分でも不思議に思うのだが、サビがつまらないのと、このくらいの曲なら10年前にも書けたろうというイマサラ感があった。3年くらい経って、「新曲」という気分でなくなれば、気に入って聴くことになるだろう。「オセロ」も同様。

「飛行、エクトプラズム」は、単品では好きなのだが…アルバム全体が受け入れられない現状ではね。


*1:「接吻」のせいで、戻ることなった。

rararapocarirararapocari2007/01/16 01:20ご無沙汰しています。久しぶりにoriginalovebeerさんのエントリが読めて嬉しいです。内容については、共感できる部分と共感できない部分と半々くらいでしょうか。具体的なポイントについては、長くなるので、自分のところでエントリを立てて触れていきたいと思います。
いずれにしても、音楽を聴く側の状況というのは、当然のことながら「印象」に大きく影響して当然ですね。自分を振り返ってもつくづくそう思います。けなすベクトルでもいいので、早く「苦悩」から脱出して楽になれることを願っています。
今後もよろしくお願いします。

LindaLinda2007/01/16 10:50お久しぶりです。私もoriginalovebeerさんのエントリが読めて嬉しいです。originalovebeerさんの感想はきっと辛口なんだろうな~となんとなく予想はしていたので、大丈夫です。
私のOLの聴き方は、こんなファンはあまりいないかもしれませんが歌詞が絶対重視なんです。昔の作品はそうじゃないんだけど、「街男 街女」から。だから、1聴目は歌詞カードを見ながら聴きます。音を聴く前に歌詞カードだけ先に見ることもしません。とにかく音と歌詞を同時に初めて体感するんです。この聴き方で「鍵、イリュージョン」で体が震えるほど感動しちゃって、それからはこの瞬間が楽しみで生きてるって感じです。田島さんの歌詞を田島さんの声で音と同時に体感したいっていうのかな。それに田島さんの言葉はなかなか聴き取りにくいところがあって、歌詞カードは絶対必要。そんな聴き方で痺れちゃったのが「13号」と「遊びたがり」。「13号」は夏のライブで聴いているわけですが、何を言っているのかほとんどわからず、なんだかピンときませんでした。やっぱり歌詞は重要なんだと思ったしだいです。
田島さん自身が「サウンドより詞」だと今回のインタビューで言われていたけど、その分、音の方が力が抜けて凄くOLっぽくなっているような気がしました。力みがないというか。その力みが「新しい引き出し」になっていたのかな、と思います。
最近のインタビューで「合う人には合う、合わない人には合わないアルバムになってるのかな」とか「人が引いちゃうところもあるかもしれない」とかちょっと弱気的な発言もあるけど、私はやばいくらい引き寄せられてしまいました。多分、5年くらい前の自分だったら、OLファンでもなかったし興味が出なかったアルバムだったと思います。私生活やその時の考え方って、音楽を聴くうえで物凄く影響大だと思います。
アルバムに注文をつけるとしたら、塩谷さんのピアノもっと聴きたかったゾー、ということです。長くなっちゃってすいませんでした。

originalovebeeroriginalovebeer2007/01/17 10:51さすがにコメントは付かないだろうな、と思っていたので、コメントをいただける皆様は、それ以上の「さすが」です。ありがとうございます。

自分としては「辛口批評」は本意ではないのですが、ありのままを書くとこれ以外の書きようがありません。それだけ、最近の精神状態が荒んでいるのでしょう。

反りの合わないアルバムについて語ることは本当に苦痛なのですが、気持ちの許す範囲で、できるだけ正直に書き連ねていきたいと思っています。けなすためのけなしだけは、しないようにしますが。そして、ところどころツッコミどころもあえて用意してますので、どうぞ遠慮なくツッコんでください。

さて、歌詞の重要さは、最近の1回で痛感しました。しかし自分にとって、歌詞を読むときは、音楽自体が非常に気に入ったあとで、さらに理解を深めるときです。言葉を楽しみたいなら詩集を読んだ方がマシ、という考えがどうしても抜けません。また、良い歌詞であれば自然に耳に入ってくるものだという考えもあります。それは、洋楽から音楽に入ったせいなのだと思いますが。

音楽的にぜんぜんダメだったものが、歌詞を読むことによって180度見方が変わったアルバムは、いままでたったの1枚しかありません。それは、小沢健二の『犬は吠えるがキャラバンは進む』。もっともこれも、「今夜はブギーバック」リリース後に再発掘してのことだったので、『東京 飛行』もそれなりの時間が必要なのではないだろうか、と覚悟してます(いや正直、そこまでの歌詞世界かな、という不安もありますが)。

5155152007/01/17 22:03こちらではお初です。誰かわかるかな〜?(笑)
originalovebeer さんの感想。ずっとずっと心待ちにしてました。なかなか出ないという事は大絶賛ではないなとは予想してました。実は自分も最初ダメでした。いいと思ったのが「カフカの城」ぐらいで辛かった。それにライヴで聴いた3曲+シングル2曲+セルフカバー1曲+インスト1曲という事は耳新しい曲はたったの4曲だった訳で、そのへんの物足りなさも手伝って凹みました。でも最近聞き込むほどに「13号室からの眺め」と「遊びたがり」がずんずん良くなってきます。「遊びたがり」(タイトルはいまだに好きになれない)が実質ラスト曲というのは納得いきます。このアルバムで曲作りにおいては確かに実力があがってきている(歌詞の力やまとまりという点で?)のは実感できるんだけど、自分は田島にはまだまだ作曲やアレンジの点でも驚かせて欲しいという気持ちがあるんだろうなと。

originalovebeeroriginalovebeer2007/01/18 09:47>515さん 文体的にSさんでしょうか?
これはLindaさんへの回答にもなりますが、「歌詞重視」というのはやはり「新しい引き出し」ですよね。それは実感しつつあるのですが、うーん、でもなかなか繰り返し聞く気にはなりません。いつもの、本能の赴くままに繰り返しリピートする、というあの感覚が今回はありません。でも、「ニガテなあたり」を飛ばせば案外いいアルバムかも、と思えるくらいにはなってきました。

こないだ『brigde』を読んだのですが、田島自身の言う「ロック」は、自分がこれまで抱いてきたORIGINAL LOVEの「ロック」と相当に開きがあるようです。例えば、「カフカの城」はロックですが、「13号室」はちっともロックではありません。そんな「ロック」とは何ぞや、そして自分はORIGINAL LOVEのどのあたりが好きだったのか、そういうあたりの再確認作業が必要かな、と思っています。

今回インタヴューは、『音楽と人』『MARQUEE』を読んだのですが、他に読んでおいた方がいいものはありましたでしょうか?

LindaLinda2007/01/18 09:51今回のプロモーションで田島さんが「パッと聴きじゃわからない。本や映画もいい作品、深いものはパッと聞いてわかるものじゃない。」と言われていました。そうか~。でも、それが田島さんの言う「ポップ」なのかどうかっていうと、う~ん、わからない。それから声を大にして、「わかったことを言っちゃいけないよね。わかりません、でいいじゃないですか!ハハハ!」と言っておりました。
今回はサウンドについての話はあまりしてなかったですよね。新しいギターを買ったということは、興奮して話されていましたが。ちょっと気になってました。サウンドに関しては、自然体の田島貴男になってるんでしょうか。私もとくべつ歌詞重視で音楽を聴いてきたわけではないけど、田島貴男にそうされました。
originalovebeerさんの感想は、ぜんぜんけなしだと思ってませんし、けなすためのけなしも出てこないと思ってます。どんどん書いてほしいです。

originalovebeeroriginalovebeer2007/01/18 10:45>「パッと聴きじゃわからない。」
対田島の場合は、そのレーダーが働くと信じていたのです。『L』のときも『ムーンストーン』のときも、「これがわかるのはオレだけだろう」という自惚れにも似た直観があったのですが、今回はあのときの感じがまったくありません。それだけに余計に戸惑っているわけです。

まだ他の人の感想は斜め読みなのですが、ほぼ全員が絶賛だったのも、凹んでいた原因です。これから少しずつ、他の人のもきっちりと読んでいきます(ようやくそういう心持になってきました)。でもそうなると、「そうじゃないだろう」という気持ちが強くなってケナシになってしまいそうなのが怖いです。実はPC内にある草稿は、かなりドギツイです(笑)。非常に慎重に言い回しを変えています。

バラくまバラくま2007/01/19 23:39ご無沙汰しています。私もoriginalovebeerさんの記事を心待ちにしていました。余所様でも書かせていただきましたが、「このアルバムの恋愛観に同性である男性の方がどんな感想を持たれるのか?」にとても興味津々でした。皆さん、なかなかご自身の恋愛観についてはお口がお堅いご様子なのが正直とても残念です(笑)。と申しますのも、このアルバムは楽曲の精度云々以前に、まず個々の恋愛観がストレートに問われるような作品集だと思ったからなのです。その部分に何かしら響くものが有るのと無いのとでは、このアルバムに抱く印象そのものが全く変わって来るように思います。概ね女性ファン(私を含めて)に好評なのは、女という生き物は好きな男性(=田島氏)に「このような事(それぞれの歌詞)を語ってもらいたい」からだと私は勝手に納得しています(笑)。かく言う私自身も以前のOLの楽曲は歌詞よりもサウンド面で心惹かれる場合が殆どでした。ひとりユニットに移行後、プライベートな部分とフィクションの同居がなかなか難しい田島氏の歌詞は、時にとても重い内容でこちらの妄想が一方的に膨れ上がってしまって、聴くのに心の準備が必要だったり…。そうかと思うと、恋愛を歌っていてもどこか他人事のような現実味に欠けるような内容だったり。そのような以前の作風とは、今回は切り口がだいぶ違うように感じます。「東京 飛行」の歌詞は、とても映像的な描写だと私個人は思います。心情や背景を切々と語るようなタイプの歌詞ではなく、恋愛の一瞬の旨味やきらめきのようなものを鮮やかに場面ごとに切り取って、それぞれを一つ一つの作品に仕上げたように受け取っています。中でも「遊びたがり」の歌詞は本当に素晴らしい!私は単純?なので、このアルバムを聴くと恋したい気持ちがウズウズして大変困るのですが(笑)。やはりそれは私が女性だからかもしれないですね。ネットで色んな方の感想を読んでみて「髑髏」と「カフカ」に男性の支持率が高いのも同様の理由で頷けるような気がしました。長々と失礼しました。

originalovebeeroriginalovebeer2007/01/20 09:22上でもチラリと書きましたが、「遊びたがり」は歌詞がわかってからだいぶ聴き方が変わりました。あれは瑞々しくて大好きです(「セレナーデ」のような感じが自分のツボです)。愛という大げさなものじゃなくて、恋の軽やかさを歌っているというか。"結婚後"には久しくなかったタイプの曲かもしれません(ちゃんと確かめていませんが)。
バラくまさんの言う「切り口がだいぶ違う」というあたりが、今作のポイントなのだろうとわかってきました。歌詞を精読すればもっと聴き方が変わるに違いない、という予感はあるのですが、もう少し今までのやり方で聴いてみたい(で、できれば文章にまとめたい)と思います。そうすることで見えることもあると思いますので。

LindaLinda2007/01/20 10:22「遊びたがり」の歌詞についてですが、田島さんがラジオで話されていたそうですが、この曲のイメージはジャケットの後姿に繋がっていくそうです。未練たらたらで去っていくという。これを知ってから、さらにグッときてしまいました。なので、私の解釈としては、凄く重くて切ない曲。なかなか思いどうりにはいかないという、どちらかというと辛い曲。それが、軽やかなサーカス風の曲になってるのが、さらに哀愁を誘うというか。すいません。あくまでも私の解釈です。
バラくまさんのコメント、素晴らしい!すべてに頷いてしまいました。バラくまさんのブログでお話させていただいた時にに思ったんですが、「東京 飛行」についての感じ方が、怖ろしく近いです。とても文章がうまいので、読んでいて気持ちいいです。自分にはほんとに表現力がないな~と痛感します。
何度も登場してしまってすみません。「東京 飛行」の歌詞については、ほんとに深いものだと思っています。「東京 飛行」を肴に朝まで語ろう、というくらいです。

originalovebeeroriginalovebeer2007/01/21 02:04まだ歌詞を絡めて語るには早すぎましたかね。「遊びたがり」はまだ、浮かれ気分な曲という印象しかありません(なにせまだ1度しか歌詞を読んでないのです)。となると、ジャケットは落ち込んでいるのか、自棄笑いをこらえているのか。

いやでも、やっぱり歌詞を読み直してみたのですが。「なんていうか 君に逢って変わった(中略)きみのおかげさみんな」というあたりなんですよね、グッとくるのが。この恋が成就しているかどうかは2の次なんです。片思いでも全然オッケー。「君」に恋すること自体への感謝の気持ち。それが「君は僕に笑い方をくれた」と歌った「セレナーデ」と共通して泣けるんです。切なさ、哀愁さはもちろんあるのですが、「重さ」は感じないですね、自分の場合。孤独感が感じられないんです。「未練タラタラ」なのかもしれないけれど、その状況に酔っている感じがします。自分はそういう気持ちでいた時間が長すぎたから、そんな風に感じてしまうのかな…。