トップ 最新の日記 ユーザー登録 ログイン ヘルプ

バベルの塔または火星での生活 このページをアンテナに追加 RSSフィード

IDを変え、引越しました。 現在は https://originallove.g.hatena.ne.jp/keyillusion/ です。

2007/02/05 (月)

[]『キングスロード』の再評価 『キングスロード』の再評価 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

キングスロード

この「独りカラオケ」で嬉しい発見があった。『キングスロード』は、全曲歌うことができる。

1,2,3,5,7曲目だけじゃないの?と思った方は甘い。スモーキー・ロビンソン&ミラクルズの「You've Really Got a Hold on Me」、ペトラ・クラークの「Down Town」、ロネッツの「Be My Baby」、フォーククルセダースの「青年は荒野を目指す」はオリジナルとしてちゃんと入っている。ここまでは、まぁわかる。一番驚いたのが、Pink Floydの「See Emily Play」があるということ! *1さすがシングルになっただけのことはある?

で、当然のように両方を歌い比べてみた。それでわかったのが、『キングスロード』の田島の日本語は、非常に「歌いやすい」ということだった。聴いている以上に、声に出してみると非常にかつぜつ(滑舌←なぜか変換できない。理由はこちら)がいいのだ。例えば、1曲目「ヒット曲が聞こえる」の「ハチのように刺して去った」という最初の一節。「ハ」という明るい音を曲の(アルバムの)冒頭に持ってきたのは、ぜったい偶然ではなく狙ったことだと思った。実際にそう歌ってもいるし。この一節は、「"さ"して"さ"った」と同じ音を続けているのも小気味が好い。

他にも「タッチ・ミー」の「さわってさぁベイベ」は、聴いていると恥ずかしい限りだが、歌ってみるとなんとも語呂がいい。大嫌いだった「さよなら、ルビーチューズデイ」も、それらほどには開眼する要素はなかったものの、サビの歌詞は、実に歌っていて美しく自然な日本語になっているように思った。しかも原曲の意味を損ねることなく、そういう芸当をやり遂げているのだから、田島の言語能力たるや恐るべし。

そういえば、アルバム発売当初に、

このアルバムは「歌詞」を重視したアルバムであると思っている。でも実は、まだ1回も歌詞カードには目を通さずに聴いている。歌詞をじっくり読みながら聴く楽しみはまだこれから、というつもり。それによってまた違う印象も出てくるだろうと期待しているので。

ORIGINAL LOVE - バベルの塔または火星での生活 - 『キングスロード』第一印象

と書いていたが、すっかりサボってしまっていた。これはきちんとやらなくては、と痛感した。

[補記]こちらでやりました。

http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20070314/


恋の片道切符

「恋の片道切符」は、平尾昌晃のも歌ってみたが、私情を排しても田島の訳詞の方が優れていた。平尾版(訳詞:音羽たかし)は、後半が英語のままだった。歌詞としても、何かこなれていない感じがあった。

調べていて知ったのだが、山下敬二郎、ミッキー・カーチスと並んで、「ロカビリー三人男」といわれていたそうだ。「恋の片道切符」は彼ら3人のレパートリーでもあったらしい

http://loveshop-record.com/modules/shop/index.php?main_page=product_info&products_id=57

さらに調べたら、細野さんがベース弾いているのもあった。

http://www7.plala.or.jp/keeplistening/1972rec.html

山口百恵も歌っていたりする。

http://www.who.ne.jp/modules/pukiwiki/?IdolDiscography%2F%A4%E4%B9%D4-%A4%E4%2F%BB%B3%B8%FD%C9%B4%B7%C3

*1:それよりも「Wish You Were Here」があったことの方がうれしくて、ついつい先に歌ってしまったことはナイショだ。

k.c.e.k.c.e.2007/02/06 18:35トラックバックありがとうございます&ひとりカラオケデビューおめでとうございます!!!ついに行かれましたか〜。ちょっと、じっくりコメントさせていただきたいので、ちょっと今は時間がないものでして、後ほどまたゆっくり書かせていただきますね!

k.c.e.k.c.e.2007/03/18 23:23お久しぶりです。ツアー後、このエントリについてコメントさせていただかねばと思い出した時が、originalovebeerさんが ”更新停滞宣言” をされてる最中だったので、いまコメントするとご迷惑かもと思い、そのまま保留にしていたのですが、yokoさんが最近「デビュー」をされ、それで、ハッ!と思い出した次第ですので、コメントさせていただきます。

>全機種OK「カラオケの鉄人」
そんなお店もあるんですね、知りませんでした...それにしても皆さん、いろんなカラオケボックス情報を、よくご存知なんですね〜。「カラオケなんか、けっ」とさげすんでいた自分は愚かでした。
 
>「カラオケ・人数1名」というのが結構いる
これは、”ひとカラ” はすでにブームであるということでしょうか。...もっと早く知りたかった、というかもっと早く思いつくべきでした。こんな楽しいこと...(笑)

そうそう、前回私が ”ひとカラ” に行ったのは、2週間くらい前なんですが、自分で「キングスロード特集」を組んで、歌詞カード持ってって、原曲に合わせて、歌ってきましたよ!「ヒット曲〜」、「きみのとりこ」、「ダウンタウン」、「Be My Baby」。原曲に合わせて歌うのって、難しいですね。「キングスロード」の「ヒット曲〜」は、「ああ、ちゃんとあれは、田島訳が歌いやすいアレンジに、ちゃんとなってるんだな〜」と、原曲に合わせて歌ってみて、初めてわかりました。なんだか少し、歌いづらかったですもの。(...当たり前ですかね、スミマセン)「ハチのように『さ』して『さ』った」は、確かに歌ってて気持ちよかった! 
「ルビー〜」は、私もかつてストーンズが好きだったし、あの田島訳が全く好きではないので、歌ってないです。(苦笑)でもそういう曲こそ、歌うべきかもですね、きちんと見直すために...。「さよなら〜」の部分だけは、原曲より数段良いと思うのですが。
あと、単純に、「キングスロード」の歌詞カードが、カラオケボックス内の照明では見にくいので、思うように歌えなく、ちゃんと本気で歌うなら(笑)、あらためて歌詞を大きめにプリントアウトして持ってかなあかんな、と思いました。

ところで、最近 noriさんに教えていただいた、主に首都圏でチェーン化している様子のおしゃれなカラオケ店「パセラ」では、「キングスロードバージョン」の、「青い鳥」「ルビー〜」「ヒット曲〜」が、あるようです。
http://www.pasela.co.jp/main.html
ご一緒できる機会がありましたら、ぜひ!!!

>『RAINBOW RACE』を順に歌った
私も次回はこれを、自分に課します。(笑)
originalovebeerさんはこの5枚目は、「名盤」とおっしゃってましたよね...。5枚目以前はすべて聴き込みの浅いわたくしのブログにまで足を運んでくださること、心から感謝いたします。

originalovebeeroriginalovebeer2007/03/20 09:24「ひとりカラオケ」でググると、2ページ目にここが引っかかってしまいます(笑)。

>これは、”ひとカラ” はすでにブームであるということでしょうか。

「ひとりカラオケ」は、1年位前から考えていましたhttp://allabout.co.jp/family/singlelife/closeup/CU20051219A/index.htm なども参考に、虎視眈々と狙っていたのでした。しかしきっかけは、k.c.e.さんでしたが。

>私もかつてストーンズが好きだったし、あの田島訳が全く好きではないので、

「13号室」の件もそうですが、案外聴くツボが似ているかもしれませんね。

>歌詞カード持ってって、原曲に合わせて、歌ってきましたよ!

これいいですね。今度やってみます。

>originalovebeerさんはこの5枚目は、「名盤」とおっしゃってましたよね...。

『EYES』にケチをつけたこともありますが(笑)、5枚目までは全ての曲に愛着があります。やっぱり東芝時代(プラス移籍直後)なくしては、今の自分はありません。「マイレビュー」で取り上げる日が来ると思うので、気長に待っていてください。