トップ 最新の日記 ユーザー登録 ログイン ヘルプ

バベルの塔または火星での生活 このページをアンテナに追加 RSSフィード

IDを変え、引越しました。 現在は https://originallove.g.hatena.ne.jp/keyillusion/ です。

2009/03/19 (木)

[] GyaOにてCaocao「個人授業」Video Clip(映画 Ver.)配信  GyaOにてCaocao「個人授業」Video Clip(映画 Ver.)配信 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.gyao.jp/sityou/catedetail/contents_id/cnt0083324/

Daily Motionでも見られる。

http://www.dailymotion.com/relevance/search/caocao/video/x8pb2p_caocao-kojinjugyou_music


なお、今回の「個人授業」のPVは、ある中学校でCaocaoがシークレットライヴを行なう模様をドキュメンタリータッチで描くというテーマのもとに撮影。2月の中旬に某中学校とその学校に通う生徒達の協力により完成した。また、アーティスト写真は、PV撮影とともに中学校の教室にて。現場で笑い声が絶えない程、ふたりともリラックスした様子で、終始和やかに撮影された。

2009-02-28 BARKS Caocao:『おっぱいバレー』主題歌はもっちー&貴男

Lindaさんありがとうございます。

しっかり観ました。感想はネタバレ含むので以下に。

1番を持田香織が、2番を田島が歌っていて、ちゃんと公平に分担されていてホッとした。アレンジ的にも両者のいいところを分け合っているようで、非常に良いと思った。

田島がかなりハジけている。ライヴ映えするのが田島の面目躍如。PVでこんなにライヴのときの田島のキャラが出ているのは、そういえば珍しい。00:47のときの仕草はかなりかっこよく、切れてしまうのが惜しい。「映画Ver.」でないヴァージョンに期待したい。

他の人と仕事をするとキャラが立つのだろうか、オリジナル・ラヴのときよりも「田島らしい」と思ってしまうのが不思議。

LindaLinda2009/03/21 09:16PVにもうひとつのバージョンばあると知って、結局映画バージョンの方は繰り返し何回も観てしまいました。00:47のところは、田島さんの一番の見せ場だと思うのに、中途半端な映像でほんとに残念ですね。曲の方は、期待以上でホッとしたと同時に嬉しくなりました。これは短時間でアレンジしてしまったんですよね。きっと、「スターター」もbirdの曲のアレンジもエナメルブラザーズへの曲提供も(ちょっと前だけど)、ちゃーっと出来てしまったんでしょうね。でも、自身の曲が出てこないのは、やっぱり移籍の問題?なんだか締め切り感が感じられないもんなぁ。ツーリングの季節がやってきてまた出掛けてしまうの?Voiceで「頑張る、頑張る」と書かれるとなんだか辛くなりますが。やはり、「rararapocariさんの楽観的ストーリー」が実現することを信じて、神棚に祈るしかありません。
映画の方は、映画バージョンのPVを何回も観ているうちに、かなり観たくなってきました。うっす~ら生えてきたヒゲをむしっている息子が、かわいくみえてきたりして。

originalovebeeroriginalovebeer2009/03/24 02:24 Caocaoオフィシャルの田島本人のコメントで「ほぼ一日でアレンジができあがり」とありましたね。勢いがあり、いいアレンジだと思います。今回はたしかに「期待以上」だと自分も思いました。
 「Voice」での呑気ぶりには隔靴掻痒感もありますが、インプット期とアウトプット期を繰り返しているらしい、田島のインプットの過程が見られる貴重なドキュメントと割り切って楽しんでいます。Caocaoのときのように、動きが見えるのは突然なのでしょう。
 映画のテーマは、男子にとってはある意味普遍的なものですからね(笑)。

トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20090319