トップ 最新の日記 ユーザー登録 ログイン ヘルプ

バベルの塔または火星での生活 このページをアンテナに追加 RSSフィード

IDを変え、引越しました。 現在は https://originallove.g.hatena.ne.jp/keyillusion/ です。

2009/03/23 (月)

[][]『この人を見よ! 歴史をつくった人々伝 5 岡本太郎』でオリジナル・ラヴの「明日の神話」が紹介 『この人を見よ! 歴史をつくった人々伝 5 岡本太郎』でオリジナル・ラヴの「明日の神話」が紹介 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.originallove.com/WebSite/news80.html

http://www.poplar.co.jp/shop/shosai.php?shosekicode=70750050

この人を見よ!歴史をつくった人びと伝 5 岡本太郎

この人を見よ!歴史をつくった人びと伝 5 岡本太郎

久しぶりのオフィシャル小ネタ。こういう情報はうれしい。言われなければ、見つけることは偶然に頼らざるを得ないから。

『この人を見よ!』(ニーチェですね)は小学生高学年向きの伝記本だそうだ。まさか、田島もマンガになっているのだろうか? 気になるので買ってチェックしてみます。

[追記]

P119「歌に込められた太郎と敏子の愛」オリジナル・ラヴが歌う《明日の神話

コミックではなく文章により、「明日の神話」のことが載っていました。

LindaLinda2009/03/26 09:19本屋でチェックしてきました。買おうか、どうしようか迷い中。わかりやすい文章で書いてあるので、「週刊こどもニュース」のような感じで、私にも本嫌いの子供にもちょうどいいです。田島さんって、グレートミュージシャンなんですよね、やっぱり。
本屋に「おっぱいバレー」の文庫本のコーナーがあり、そこにモニターが設置されていて、綾瀬はるかのコメントと映画の一部が流れていました。綾瀬はるかは、今、映画のプロモーションであちこちのテレビに出ているし、Caocaoも歌番組に出るべきだと思うんですが、予定なさそうですね。

LindaLinda2009/03/27 07:34ニコニコ動画でオリジナルVer.が見られるようになりましたね(Caocaoオフィシャルのニュースからの情報)。
タワレコの限定スリーブジャケットはもっちーが一人で写っているもの、mu-moのオリジナル・ジャケットサイズカードは、もう予約期間が過ぎてしまったので消えちゃったけど、
オフィシャルトップの二人背中合わせの写真を腰辺りから写したものが出ていましたが、それかな?私はタワレコで予約してしまったので、もっちーのジャケットだ。田島さんに紅茶持たせたっていいじゃない(泣)。

LindaLinda2009/03/27 09:43Caocao動画インタビュー!!

http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=1905705&GOODS_SORT_CD=101

kubotarenkubotaren2009/03/27 22:25私はオリジナルラブの初心者ですが、いつもこのブログを見て感心しています。田島氏に関するこんなにすごい情報網があるのだなぁと。勉強になります。そこで不躾とは思いますが質問をさせていただきたいのです。田島氏が使っているアコースティックギターは何というメーカの製品かおわかりでしょうか。ここで使っているやつです(http://www.youtube.com/watch?v=uddFCXIhq2Y)。いろんなところで使っているようですね。

突然ですみません。

LindaLinda2009/03/28 08:144月4日発売「音楽と人」にCaocaoが載りますね。
田島さん、音楽雑誌に載るの何年ぶり?この勢いでテレビにも出てほしい。ほんとはオリジナル・ラヴとしてだったら、100倍うれしいんだけど。

originalovebeerさん、どんどん書き込んじゃってスイマセン。「まとめ」お願いします。

originalovebeeroriginalovebeer2009/03/29 02:45Lindaさん、毎度ありがとうございます。ちょっと気を抜くと、一気に情報が出ますね。
田島が雑誌に出るのは、去年6月の『Esquire』と2月の『UOMO』以来ですね。音楽関連としては、一昨年のEMI再発時以来でしょうか。アルバム出してないわりには出てた方かもしれません。
『この人を見よ!』も、とりあえず立ち読みしてきました。マンガではなくて、コラムの扱いでした。本当に1ページ。内容は「ほぼ日」がらみという感じでしたね。でも、こういう「歴史の一部」という扱いは、なんかうれしいですね。
田島が太郎万歳なのには食傷気味なのですが、岡本太郎自身にはシンパシーを感じる方でして、面白そうなので、今度この本買ってみるつもりです。

originalovebeeroriginalovebeer2009/03/29 02:47>kubotarenさん
コメントありがとうございます。『日蝕』読了しました。思ったよりはスムーズに読めました。読了後に『Rainbow Race』の聴き方が劇的に変化するほどの、ほぼ「霊感」に近いような不思議な体験をしました。が、今度はそれを文章にまとめるのに手こずっています。そちらの感想は、また今しばらくお時間をください。

ご質問のギターの件ですが、田島の使用楽器の情報はあまり載ることがありません。最近のまとまった特集だった2000年の『Sound&Recording』を見直してみましたが、シンセサイザーのことしか書いてありませんでした。しかし、さらに1995年まで遡って、『月刊カドカワ』6月号を見たら、似たようなフォルムのギターが載っていました。「GUILD」のアコースティックギターだそうです。ただし、YouTubeのライヴは去年のもので、この10数年間、同じギターを使っているのかどうかはわかりません(当方、楽器の区別についてはまったく自信がありません)。
ご参考になれば幸いです。もし、これをお読みの方できちんとわかる方がいたら、コメントお願いします。

kubotarenkubotaren2009/03/29 22:11originalovebeer様

ギターのお答えありがとうございました。一つ大きな手がかりを掴みました。いま新しくギターを購入しようと考えているので、田島氏のギターを参考にようと思ったのです。

『日蝕』の件ですが、感想を楽しみにしています。