トップ 最新の日記 ユーザー登録 ログイン ヘルプ

バベルの塔または火星での生活 このページをアンテナに追加 RSSフィード

IDを変え、引越しました。 現在は https://originallove.g.hatena.ne.jp/keyillusion/ です。

2009/04/27 (月)

[]賢者と愚者と 賢者と愚者と - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

田島の「Voice」。バイク話、映画話だと飛ばし読みする(笑)が、音楽話や創作裏話、あるいは今日のような田島の「雑感」が、「Voice」では好きな話題だ。

「賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ」って誰が言った言葉なんだろうなあ。

Tajima’s Voice 2009.4.27(月)付

中国の故事なのかな、と思ってちょっと検索したら、鉄血宰相ビスマルクだったのが意外だった。田島がこれを疑問形に留めたのは、調べるのを億劫がったとか、無知だとかではなくて、当然修辞だろう。いまどき、この程度のことを調べるのは「調べる」の内にも入らない。

今日の「Voice」は抽象的な話かもしれないが、先日の「SMAP草なぎ事件」を念頭において読むと、だいぶわかりやすくなるのではないだろうか。もちろん、だからといって、田島がそのことについて意見したかったのだ、と考えるのは早計だろう。

それよりも自分は、この「歴史(あるいは知識)」と「経験」を、「観念的」と「肉体的」の話に置き換えて読んでいた。

http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20060713

田島がやりたいのは、「賢者」の音楽ではなくて、「愚者」の音楽なのではないのかな。その意思表明のように、今日の「Voice」を読んだ。*1

あるいは、「ZIGZAG」の歌詞について絡めても、いろいろと話が広げられるのかもしれない。しかし、こないだケチョンケチョンに貶した自分がそれをするのは、虫が良すぎるというものだろう。

*1:あとで「追記」が入ってしまって、ちょっと具合が悪くなってしまったかな。最初読んだときは「ヘーゲル」のところで終わっていて、それが本音かと思っていたのに。

トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20090427