トップ 最新の日記 ユーザー登録 ログイン ヘルプ

バベルの塔または火星での生活 このページをアンテナに追加 RSSフィード

IDを変え、引越しました。 現在は https://originallove.g.hatena.ne.jp/keyillusion/ です。

2009/07/03 (金)

[][]『東京 飛行』にアンチはそんなに多くない 『東京 飛行』にアンチはそんなに多くない - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

旧知の縁があるhiroumiさんが、拙ブログについて取り上げてくれた。(サイト移転に気づいたのはこちらも最近なので、お互い様なのです)

その中にアルバム『東京 飛行』への言及があったのだが、
筆者さんおよび、その記事についたコメントから、
このアルバムが意外に不評だということに驚いてしまった。

オリジナル・ラヴ『東京 飛行』にアンチが多くて驚いた件::トーキョーオンガクサイト

ほぼネット上のみで長い付き合いがあるので、hiroumiさんの「口調」はよく知っている。だから、ここで「アンチ」と書かれていても、決してネガティヴな意味で書かれていないのはわかっている。純粋に好きか嫌いかの話だけだ。

たしかに自分は、『東京 飛行』については「アンチ」な意見を持っている。そしてたぶん、最新のエントリでのやりとりが、たまたまアンチな方向での(それでもだいぶ前向きな結論での)やりとりだったので、hiroumiさんは上のように感じたのだろう。

だけれども、そんなにネガティヴなのって俺だけ、ですよ。たぶん。

リリース直後の感想は絶賛の雨アラレだったし、その後も、ここ以外でアンチな意見にお目にかかったことがない(某巨大掲示板を除いて)。

というよりは、実際はこういうことだろう。リリースから時間が経っている今、改めて『東京 飛行』について再評価している人がほとんどいない。その一方で、自分だけがリリース後2年半に渡ってネチネチとこのアルバムについて語っている。だからアンチだけが「多く」見えてしまうのだろう。

しかし、こんなにネチネチしてしまっているのは、ひとえに田島のせいだ(笑)。つまり、新作のリリースが2年半もないせいだ。もし新作が短いスパンで出たならば、きっとこのアルバムは、hiroumiさんの言うように上手に「スルー」できたことだろう。

目下このアルバムへの評価は、「ものすごく暗い悲しい作品」というものなのだが、その暗いトーンがイヤなのではなくて、暗い気持ちのままで放っておかれているあたりが耐えられないのだ。ライヴでもわかるように、田島の音楽の本質は、「生きる喜び」の音楽化にあるように思っているので。

hiroumiさんに一つだけ「反論」があるのだが、それは、

俺にとってその音楽が好きか嫌いかは体で感じればいいと思っている。

というところ。これは自分も同じ考えだ。音楽には体感がまずありきで、頭で考えるのは2次的なこと。ただし、考えることは嫌いではないし、しかもここはブログなので、どうしてもその「考え」だけが前面に出てしまう、というだけである。(まぁ、わかってくださっているとは思うが)


ところで、ここまで読んでくださったアナタ*1にお願いがあるのだが、『東京 飛行』が素晴らしい!と思っている方は、ぜひ下に肯定的なコメントを残していっていただきたい。一言でも結構。このままでは、あなたの大事なアルバムが誤解されたままになってしまうので。

***

あとは反論、ではなくて、自分と違う感じ方をしているのが面白いので、コメント返しです。

さらに驚いたのは、皆さん結構歌詞とかもじっくり読んでいるんだなと。

東京 飛行』の一番いいところは歌詞じゃないですかね。歌詞以外に見る所がない…と書いたら言いすぎになりますか(笑)。少なくとも、あくまで個人的な印象ですが、歌詞と音楽のクオリティとがチグハグな感じがします。歌詞がメロディからはみ出している部分が多いのも気になります。

俺は『街男街女』は好きじゃないし、『キングスロード』は無かったことにしたい。

街男 街女』の「鍵、イリュージョン」は、田島の音楽家としての一つの集大成だと思います。アルバム全体も、それを支えているように思います。そして『キングスロード』は、B面だけならば(笑)充実した傑作だと思います。

*1:ツアーのおかげで最近のアクセス数は普段の数倍である。

assamassamassamassam2009/07/04 00:25初めて書きます。ので、拙いところはご容赦ください。渋谷クアトロ最高でしたね。ジャンプしまくりでした、いい歳して。
東京飛行は、深読みしないといいアルバムだと思ってました。サウンドはロックでタイト。70年代のハードロックから、ブリティッシュサウンドのながれが垣間見えて、でもしつこくなく、流しておいて違和感はなかったです。逆に初期の頃のサウンドに通じるものを感じました。そして、今回のギターバンドスタイルのライブを見て、シンプルに戻りたいんだ、と感じました。歌詞をじっくり読み込んでないのでこんな感想を持ってましたが、歌詞ももっと検証してみます。

rinkorinko2009/07/04 20:51はじめまして。私も渋谷クワトロ行きました。最高でした。
ところで、東京飛行ですが、自分の中では上位のアルバムです。あの明るすぎない、陰のある歌詞がすごい好みなんです。メロディも結構好きです。今も、通勤時に聴いたりしてます。
余談ですが、苦手なのは「キングスロード」です。

assamassamassamassam2009/07/05 00:46「東京飛行」聴きなおしてました。やっぱりロックだと思います。ジャケの写真やタイトルの字面と最初の印象で暗いイメージがあり、苦手意識ができて一年くらい放ってありました。ある日、家事のBGMに流したら、曲想ロックじゃん!と気付きました。
ギターが前面に出ているし(明日の神話を除く)、各曲の終わりがフェイドアウトではなく、・・・ジャンというライブ的終わり方が多いのです。今回のギターバンドを意識したライブに通じるものを感じました。歌詞もアルバムが出たときは暗いと感じていたのですが、歌詞カードを見ながら聴いても暗く無いじゃん、と考え直しました。「この歳になると色々あるよなあ」っという内容で、若い頃みたいにピチピチした歌詞ではないだけなのではないでしょうか。逆に同じ年代として親近感が湧いたりして。
これには、私自身のオリジナルラヴに対する意識の変化もあると思います。「東京飛行」から何の音沙汰もなく、ホームページの更新も無く、飢餓状態の中悟りを開きました。「もう田島貴男が歌えばなんでもいい」と。そう思ったら、「東京飛行」が全然違って聞こえてきたのです。他のアルバムについても同じ現象が起こりました。これは男性ファンには分かりづらいかもしれませんが・・・。
なので、今はもう何処までも着いて行きます番長、
です。「東京飛行」、いいアルバムです!

そらみみそらみみ2009/07/05 20:54はじめまして。
ときどきのぞかせていただいておりました。

わたしも渋谷クアトロで
いい歳して跳ねまくっていたひとりです。

「東京飛行」は好きなアルバムです。
もっとも、わたしは田島さんの作られる音楽にたいして(歌詞も含めて)
ものすごく許容範囲が広いと思っているので、
他の方と比較できないかもしれません。

初めて「東京飛行」を聴いたときは
タイトルをチェックして
歌詞を読まずに聴いてみたのですが、嫌いじゃないなと思いました。

歌詞を追って聴いていると
「東京飛行」では
成熟した大人の男性が抱える喪失感や弱さを簡単に見せられないやるせなさ、
よる辺なさを感じるんです。
歌詞に感じるものがあるのか、ないのかで
「東京飛行」というアルバムが好きか嫌いかになってしまうのかなと感じています。

そこにロックという音楽と重いギターの音で
さらに大人の男の哀愁のようなものが漂い、
あのジャケット写真にたどり着くのかなと思っています。背中に哀愁みたいな…
聴き込むと音楽性と歌詞がしっくりくるように感じます。

暗さや重さはあるけれど、悲壮感はそれほど感じません。
大人のロックだなとわたしは思っています。

originalovebeeroriginalovebeer2009/07/06 07:49>assamassamさん、rinkoさん、そらみみさん

みなさんありがとうございます。やっぱりアンチが多くないことが立証されて、助かりました。
「アンチ」と書いてしまった手前、掌を返したように絶賛もできず、どうコメントを返したらいいのか悩みました(笑)。しかし、みなさんの仰りたいところは大変よくわかります。

『東京 飛行』の魅力は、翳のあるオトナの男の色気、というあたりなんでしょうね。

男の自分から見ても、田島はフェロモンのある強烈な個性を持った人物だと思います。
今までだったら、『風の歌を聴け』とか『ビッグクランチ』とかのような、生命力の爆発といった面からそういう個性を楽しんでいたわけですが、『東京 飛行』ではそれを裏側から楽しまなければならない、ということなのでしょうね。

自分はローリング・ストーンズが大好きで、このアルバム(とくに「ジェンダー」)がそれになぞらえられるのは頭では理解はできるのですが、身体が納得していません。ストーンズのロックが持つ「色気」に比べると、『東京 飛行』のそれは、ちょっと異質な感じがするのです。ちょっと歌謡曲的な風味が鼻につく、というか…まだうまく言葉にはできないのですが、とにかく諸手を挙げては賛同できない違和感があります。

この作品の良さが体感できるのは、あと2作くらい出てからではないのかな、と思います。リリース当時はそれほど感動できなかった『踊る太陽』が、最近ものすごくストレートに自分の中に入ってくるのを感じました。なんだ、こんなにいいアルバムだったんだんじゃん、って。

トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/originalovebeer/20090703