Hatena::Grouporiginallove
トップ 最新の日記 ユーザー登録 ログイン ヘルプ

バベルの塔または火星での生活 このページをアンテナに追加 RSSフィード



[INFO]:情報 [LIVE]:ライヴ [RADIO]:ラジオ出演 [TV]:テレビ出演 [MAGAZINE]:雑誌掲載 [WEB]:Web掲載


オリジナル・ラブに特化したブログです。最新情報から個人的な雑感まで。
最近の情報は[INFO]をご覧ください。[INFO]の日付は、1次情報の出た日付としています。
情報の内容に関しては良心に基づき正確を期しますが、一切の保証はいたしかねます。各自での再確認を切にお願いいたします。

2010年1月12日より、ID変更に伴いURLが変わりました。旧ブログは、移行作業が完了次第削除します。permalinkを使っている方にはリンク切れとなってしまいますが、ご了承ください。

2005/03/09(水)オリジナル・ラヴ マイランキング

マイランキング1位:『結晶』(1992)2nd

 マイランキング1位:『[[結晶]]』(1992)2nd - バベルの塔または火星での生活 を含むブックマーク  マイランキング1位:『[[結晶]]』(1992)2nd - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

結晶 SOUL LIBERATION

人生を変えた1枚。このアルバムにまつわる思い出はたくさんありすぎてとても書ききれない。

「スキャンダル」をはじめてラジオで聞いたときに受けた衝撃。日本にもこんな音楽をやる連中がいるのか!というショックは、12年経った今も続いている。そして「ヴィーナス」の比類なき美しさ(あれがシングルだったなんて!)。この2曲があるだけでも奇跡的。

一方で、ORIGINAL LOVE全曲の中でも個人的ワーストの部類に入る「愛のサーキット」が入っている瑕疵も、またこのアルバムの愛すべきところ。

このアルバムは、それまでHR/HMを中心とした洋楽至上主義(日本の音楽なんてつまらないと信じて疑わない偏見者)だった自分にとっては、本当に鮮烈なサウンドだった。しかも「A面」の舶来のジャズ的な部分よりも、「B面」の土着のポップス的な側面に非常に興味を感じたのは、自分でも意外なことだった。軽い音なのにどこまでも「ロック」を感じるのだ(そして今でも、自分にとってオリジナル・ラヴはロックである)。

このアルバムに取り付かれていたころは、日本のミュージシャンに関する知識も興味もほとんどゼロだった。渋谷系という言葉はもちろんのこと(もっともこのころその言葉があったかどうかは微妙だが)、田島貴男のキャラクターなど知る由もなく、ORIGINAL LOVEはどこまでも爽やかでおしゃれなサウンドを出す人たちだと思い込んでいた。その「誤解」が、後にシッペとなって返ってくる。

 イチオシ曲:「スキャンダル」「ヴィーナス」
 苦手曲:「愛のサーキット」

keyillusionkeyillusion2010/01/13 00:37tajimagraffiti管理人
2005/03/09 20:58
はじめまして。このたびはリンク&トラックバックありがとうございました。へっぽこ同業者ではありますが、こちらこそよろしくお願いいたします。
私もOLとサンボは全く切り離して聴いてたクチでしたので、「わあ!またつながっちまったよ!」と思ったものです。

keyillusion
2005/03/10 00:10
折り返しコメント、ありがとうございます。改めてよろしくお願いします。
知り合いのファンの一人でやはりハマった人がいたかと思えば、別のファンの一人は「いかにも田島好きが聴きそう」と醒めた感想を漏らした人もいました。それにしても決定的な記事でした。