Hatena::Grouporiginallove
トップ 最新の日記 ユーザー登録 ログイン ヘルプ

バベルの塔または火星での生活 このページをアンテナに追加 RSSフィード



[INFO]:情報 [LIVE]:ライヴ [RADIO]:ラジオ出演 [TV]:テレビ出演 [MAGAZINE]:雑誌掲載 [WEB]:Web掲載


オリジナル・ラブに特化したブログです。最新情報から個人的な雑感まで。
最近の情報は[INFO]をご覧ください。[INFO]の日付は、1次情報の出た日付としています。
情報の内容に関しては良心に基づき正確を期しますが、一切の保証はいたしかねます。各自での再確認を切にお願いいたします。

2010年1月12日より、ID変更に伴いURLが変わりました。旧ブログは、移行作業が完了次第削除します。permalinkを使っている方にはリンク切れとなってしまいますが、ご了承ください。

2005/03/09(水)オリジナル・ラヴ マイランキング

マイランキング2位:『L』(1998)8th

マイランキング2位:『[[L]]』(1998)8th - バベルの塔または火星での生活 を含むブックマーク マイランキング2位:『[[L]]』(1998)8th - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

L

ピチカート『月面軟着陸』の「これは恋ではない」を地でいくように、"音楽"それ自体に心底倦んでしまっていたこのころ。前2作および先行シングルに馴染みきることができず、このアルバムを聞いたらORIGINAL LOVEもろとも音楽を聴くのもやめようか…と思い詰めつつ聴いた。

ところが、「Wedding of Housefly」の、これまでの「アルバム1曲目」とはまったく正反対の軽薄短小な音にあっけに取られ、続いて流れてきた「水の音楽」に完全に打ちのめされてしまった。この近作の、「機材機材」と無理しているようにしか思えなかった音が、ここでは完全に田島の音になっていた。そして、聴き込むほどに気づくものすごい緻密な音の組み立て方。オリジナル・ラヴをはじめて聴いてから6年目にして、田島の本当の実力を知ったのだった。

正直なところ、アルバム内の個々の曲のできにはムラがあると思う。もっといえば、「水の音楽」だけでほぼ全体の印象を決めているようなものだ。しかし、アルバム全体にトーンが統一されているのがよい。ジャケット(中身のないグラマラスな女性)も、見事にそのアルバムのスッカラカンな音を象徴している。どうしようもない、閉塞された気分のときに聴くと、本当に染みてくる音だ。そして、その先に微かに見えてくる白い光が、このアルバムの「救い」となっている。実際、その救いのおかげで、いまこんな文章を書くことができている。

さらに、『L』ツアーにとどめを刺された。ターンテーブルのL?K?Oをフィーチャリングし、ほぼ全曲がアルバムでの鬱憤を晴らすかのような強烈なアレンジを施されていた。こうしてまた、田島に打ちのめされたのだ。まだまだ音楽の楽しみは尽きていないぞ!と両頬を叩かれたかのようだった。

なお、このツアーのアレンジは、次の「FIRE WALKING」ツアーでさらに拍車をかけられ、『XL』という形でディスク化された。

ところで、2004年の『街男 街女』ツアーでは、ライヴにてアルバムどおりの曲順を再現していた。個人的には、当時この『L』のツアーがそうならないかと大いに期待していたのだが、それはさすがに叶わなかったのだった。

 イチオシ曲:「水の音楽」
 苦手曲:「インソムニア

keyillusionkeyillusion2010/01/13 00:37tajimagraffiti管理人
2005/03/09 20:58
はじめまして。このたびはリンク&トラックバックありがとうございました。へっぽこ同業者ではありますが、こちらこそよろしくお願いいたします。
私もOLとサンボは全く切り離して聴いてたクチでしたので、「わあ!またつながっちまったよ!」と思ったものです。

keyillusion
2005/03/10 00:10
折り返しコメント、ありがとうございます。改めてよろしくお願いします。
知り合いのファンの一人でやはりハマった人がいたかと思えば、別のファンの一人は「いかにも田島好きが聴きそう」と醒めた感想を漏らした人もいました。それにしても決定的な記事でした。