Hatena::Grouporiginallove
トップ 最新の日記 ユーザー登録 ログイン ヘルプ

バベルの塔または火星での生活 このページをアンテナに追加 RSSフィード



[INFO]:情報 [LIVE]:ライヴ [RADIO]:ラジオ出演 [TV]:テレビ出演 [MAGAZINE]:雑誌掲載 [WEB]:Web掲載


オリジナル・ラブに特化したブログです。最新情報から個人的な雑感まで。
最近の情報は[INFO]をご覧ください。[INFO]の日付は、1次情報の出た日付としています。
情報の内容に関しては良心に基づき正確を期しますが、一切の保証はいたしかねます。各自での再確認を切にお願いいたします。

2010年1月12日より、ID変更に伴いURLが変わりました。旧ブログは、移行作業が完了次第削除します。permalinkを使っている方にはリンク切れとなってしまいますが、ご了承ください。

2005/03/09(水)オリジナル・ラヴ マイランキング

マイランキング5位:『LOVE! LOVE! & LOVE!』(1991)1st

マイランキング5位:『[[LOVE! LOVE! & LOVE!]]』(1991)1st - バベルの塔または火星での生活 を含むブックマーク マイランキング5位:『[[LOVE! LOVE! & LOVE!]]』(1991)1st - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

LOVE! LOVE! & LOVE!

デビュー盤が2枚組というとフランク・ザッパが有名だが、CD時代になってからそんなことをしているのは、実はORIGINAL LOVEしかいないのではないだろうか? 「2枚組デビューアルバムをビルボード1位に押し上げて解散だ!」とぶちまけたマニック・ストリート・プリーチャーズも結局CDでは1枚だった。

普通の新人に2枚組ものデビューアルバムを作らせるわけがない。今でこそ、バンド時代のことがほとんど語られなくなってしまったのでピンと来ないが、そういえば、ORIGINAL LOVEは鳴り物入りでデビューした「スーパーバンド」だったのだ。ライヴバンドとして、すでにクアトロでワンマンをするほどの実績があったし、名目上も、元ピチカートファイヴのヴォーカルが、ピチカートVのサポートドラマーとBLUE TONICのキーボードと結成したバンドだった*1。例えては悪いが、今の100s以上のものがあったと思うのだ。

さて、そんな破格の2枚組だが*2、これがまた捨て曲がない。それもそのはず。'86年のレッドカーテンの結成から、ピチカート・ファイヴへの参加、都内各地のライヴサーキットなど、激動の4年半の集大成がこのアルバムなのだ。普通のデビュー盤とはレヴェルが違う。「ファーストにしてベスト」。当時のファンは大体そう思ったに違いない。

しかし、ライヴバンドだったはずのORIGINAL LOVEが、ここではその持ち味を出し切れていないのは、今聴いてもわかる。この後、ディスクとライヴのギャップは、田島のひとつのテーマとなったはずだが、ここでは多くは触れない。

ところでこのアルバム、後からファンになると、ヴォリュームに押されて手を出すのを躊躇してしまいがちだ(自分がそうだった)。だけれども聴いてしまえば、「あぁなんで聴いてなかったんだ」と後悔すること請け合い。

 イチオシ曲:「LOVE SONG」
 苦手曲:なし

*1:実際には正しい経緯ではない。

*2:しかし、もし「LOVE VISTA」があと2分短かったら…1枚になったんだよな、これ。

keyillusionkeyillusion2010/01/13 00:37tajimagraffiti管理人
2005/03/09 20:58
はじめまして。このたびはリンク&トラックバックありがとうございました。へっぽこ同業者ではありますが、こちらこそよろしくお願いいたします。
私もOLとサンボは全く切り離して聴いてたクチでしたので、「わあ!またつながっちまったよ!」と思ったものです。

keyillusion
2005/03/10 00:10
折り返しコメント、ありがとうございます。改めてよろしくお願いします。
知り合いのファンの一人でやはりハマった人がいたかと思えば、別のファンの一人は「いかにも田島好きが聴きそう」と醒めた感想を漏らした人もいました。それにしても決定的な記事でした。