Hatena::Grouporiginallove
トップ 最新の日記 ユーザー登録 ログイン ヘルプ

バベルの塔または火星での生活 このページをアンテナに追加 RSSフィード



[INFO]:情報 [LIVE]:ライヴ [RADIO]:ラジオ出演 [TV]:テレビ出演 [MAGAZINE]:雑誌掲載 [WEB]:Web掲載


オリジナル・ラブに特化したブログです。最新情報から個人的な雑感まで。
最近の情報は[INFO]をご覧ください。[INFO]の日付は、1次情報の出た日付としています。
情報の内容に関しては良心に基づき正確を期しますが、一切の保証はいたしかねます。各自での再確認を切にお願いいたします。

2010年1月12日より、ID変更に伴いURLが変わりました。旧ブログは、移行作業が完了次第削除します。permalinkを使っている方にはリンク切れとなってしまいますが、ご了承ください。

2007/09/19(水)

『Barfout!』 (2007年10月号 Vol. 146)発売

|  『Barfout!』 (2007年10月号 Vol. 146)発売 - バベルの塔または火星での生活 を含むブックマーク  『Barfout!』 (2007年10月号 Vol. 146)発売 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

rakuten:book:12132502

http://www.barfout.jp/

P80~P81 インタビュー掲載

「1993-2007 Individualists' Now」 vol.1 田島貴男Original Love

Standard of 90’sシリーズ「結晶」(紙ジャケット仕様)』のボーナストラック「ミリオン・シークレッツ・オブ・ジャズ」が、「Tajima Takao Mix」と判明。本文中の田島の言葉から、アナログ盤として出た「シングル・ヴァージョン」であるようだ。

僕自身が、アナログ盤のヴァージョンをミックスしてて。ベースが打ち込みと生、2本入ってて、クラブで聴くと、ベースがゴーンとくるんだ。当時、日本のエンジニアは、クラブを想定してなくて、ベースやリズムの迫力が足らないっていつも思ってたよ。

『Barfout!』 (10月号 Vol. 146)より

結晶』の「ミリオン…」が「Album Version」となっているのは、このアナログ盤の存在があったためだ。

http://www.ne.jp/asahi/original/love/discography/analog/million.html

Prime Tuneの回報で「激レア」と書いてあった理由がやっとわかった。たしかにこれは激レア! 初CD音源化である。自分も人から聞かせてもらったことがあるだけで手元にはない。

そのわりに、みんなあんまり騒いでいないのが不思議。そんなにみんな「ミリオン…」のアナログを普通に持っているのか、自分の知らないところで盛り上がっているのか*1、みんなが知らないだけなのか…?

*1:まぁたしかに自分のブログチェックはユルいんだけど。

2007/09/18(火)

 その8『ビッグクランチ』 第3回(全3回)

|  その8『ビッグクランチ』 第3回(全3回) - バベルの塔または火星での生活 を含むブックマーク  その8『ビッグクランチ』 第3回(全3回) - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

全アルバムを改めて聴きなおす「マイレヴュー」シリーズの8回目のその3。

ビッグクランチ

ビッグクランチ

  1. 『ビッグクランチ』発売まで~ビッグクランチについて
  2. 「仮想A面」レヴュー
  3. 「仮想B面」レヴュー(このエントリ)

続きを読む

2007/09/14(金) このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

ハードディスククラッシュにつき、現在PC修理中です。うまいところ「仮想B面レヴュー」の前で飛んでしまって、勿体つけるようになってしまいましたが、そんなつもりではありません。

すみませんが、復旧まであとしばらくお待ちください。*1

*1:HD買いなおして、OS再インストールまでしなければなりません。

2007/09/07(金)

 その8『ビッグクランチ』 第2回(全3回)

|  その8『ビッグクランチ』 第2回(全3回) - バベルの塔または火星での生活 を含むブックマーク  その8『ビッグクランチ』 第2回(全3回) - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

全アルバムを改めて聴きなおす「マイレヴュー」シリーズの8回目のその2。長い前置きを終えて、各曲のレヴューです。

ビッグクランチ

ビッグクランチ

目次

  1. 『ビッグクランチ』発売まで~ビッグクランチについて
  2. 「仮想A面」レヴュー (このエントリ)
  3. 「仮想B面」レヴュー

続きを読む

2007/09/05(水)

OFFICIAL WEB に再発版情報

|  OFFICIAL WEB に再発版情報 - バベルの塔または火星での生活 を含むブックマーク  OFFICIAL WEB に再発版情報 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

http://www.originallove.com/WebSite/news66.html

ライナーノーツ付き。

Sunny Side』は山崎二郎(バァフアウト!)、『Sessions』は荏開津広。

http://barfout.exblog.jp/6280517/

山崎二郎と太田浩(タワーレコード)の対談もあるようだ。

http://barfout.exblog.jp/6107544/

 その8『ビッグクランチ』 第1回(全3回)

|  その8『ビッグクランチ』 第1回(全3回) - バベルの塔または火星での生活 を含むブックマーク  その8『ビッグクランチ』 第1回(全3回) - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

全アルバムを改めて聴きなおす「マイレヴュー」シリーズの8回目のその1。

マイレヴュー第5回『XL』で「『ビッグクランチ』へ続く」としたものの続きです。1年も待っていた人はいないと思いますが、とにもかくにも続きを書けてホッとしています。

ビッグクランチ

ビッグクランチ


参考資料

いつもは聞きながらあまり裏を取らずにダラダラ綴っていますが、今回は、以下の3つの資料を座右にしてある程度キッチリと綴ってみました。

『MARQUEE vol.20』 2000年8月発行

f:id:keyillusion:20070905235811g:image:left:h150

f:id:keyillusion:20070906000318g:image:right:h150

この号は、『月刊カドカワ』1994年7月号に匹敵する、今までのORIGINAL LOVE特集の最高峰の1つ。表紙がオリジナル・ラヴ、裏表紙が『ビッグクランチ』の宣伝。プロモでのみ配られた田島自身による「ビッグクランチ」全曲解説を全文掲載、ヒストリー、プロモまで含む完全なディスコグラフィ、田島に影響を与えた音楽の特集まで、非常に盛りだくさんの内容。2000年時点での田島貴男の大半が詰まっていると言っても過言ではない、まさに永久保存に相応しい1冊。


「The Original Love Pack BIG CRUNCH CD.VT.BK. promo」

f:id:keyillusion:20070906000631g:image:left:h150

上のような感想を書いて『MARQUEE』へ読者アンケートを送ったら、見事当選したものです。サイン入り。いや、自慢したいわけじゃなくて、ここでないと知りえない情報があるので。






ORIGINAL LOVE UnOFFICIAL PAGE」 BROADGRAPHY 「BURST!」

http://www.ne.jp/asahi/original/love/broadgraphy/burst/

BURST!」は製作中に放送されていただけあって、『ビッグクランチ』~『ムーンストーン』にかけての制作秘話が満載の番組でした。

聞き取りサイトは複数ありますが、今回はUnOFFICIAL PAGEを使わせてもらいました。ありがとうございます。

ところで、『東京 飛行』のディスクデータが未だに更新されていませんが、ぜひとも頑張っていただきたいものです(と、プレッシャーをかける)。

***

アルバム全体の評価は、http://originallove.g.hatena.ne.jp/keyillusion/20050309/p3を参照してください。これを前提に書いているところもありますので、先に目を通してください。


今回はなんと、3回に分けた構成です。

  1. ビッグクランチ』発売まで~ビッグクランチについて (このエントリ)
  2. 「仮想A面」レビュー
  3. 「仮想B面」レビュー

続きを読む

2007/09/03(月)

東芝EMI時代のアルバム再発売「Standard of 90'sシリーズ」のボーナストラック判明。

|  東芝EMI時代のアルバム再発売「Standard of 90'sシリーズ」のボーナストラック判明。 - バベルの塔または火星での生活 を含むブックマーク  東芝EMI時代のアルバム再発売「Standard of 90'sシリーズ」のボーナストラック判明。 - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

タワーレコードの新譜情報より。

全アルバム、「新装紙ジャケにて登場」。

LOVE! LOVE! & LOVE!

http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=1652397&GOODS_SORT_CD=101

「disk-2」に以下の2曲。

8.Body Fresher(Pre Debut CD Version)(BONUS TRACK)
9.夜をぶっとばせ(Brand new mix)(BONUS TRACK)

8.は『Wild Life』収録、9.は『SINGLES』収録。

結晶

http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=1652398&GOODS_SORT_CD=101

11.月の裏で会いましょう(Single Version)(BONUS TRACK)
12.ミリオン・シークレッツ・オブ・ジャズ ~MILLION SECRETS OF JAZZ(BONUS TRACK)

11.は『SINGLES』収録、12.は詳細不明。アナログ盤のみに収録されたシングルヴァージョンか?

『SESSIONS』

http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=1652399&GOODS_SORT_CD=101

9.Love Vista(Smooth Dub) (Bonus Track)

『Wild Life』収録。

EYES

http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=1652400&GOODS_SORT_CD=101

11.Let's Go!(Cosmo-Phase Mix) (BONUS TRACK)
12.ティアドロップ(Single収録)(BONUS TRACK)

11.は『Sunny Side of』収録、12.は『The Very Best of』収録。

なお、解説文中の「小松秀行が参加したサードアルバム」は誤り。小松の参加は『Sunny Side』から。

SUNNY SIDE OF ORIGINAL LOVE

http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=1652401&GOODS_SORT_CD=101

ボーナストラックなし。

Prime Tune回報によれば、「接吻」のシングル・ヴァージョン収録。『SINGLES』収録。

ジャケットは、「発売時のプロモーション用LPサイズ初回仕様ジャケットをもとに初紙ジャケット化」とのことで、CD版のジャケットと較べると、アングルが少し引いていて田島の腰のあたりまで写っている。

…そのプロモ、持ってないなぁ…。

風の歌を聴け

http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=1652402&GOODS_SORT_CD=101

11.The Rover(Takao Tajima Remix)(BONUS TRACK)
12.It's Wonderful World(Takao Tajima Remix)(BONUS TRACK)

11.12.共に『Wild Life』収録。

要するにボーナストラックとは、『Wild Life』の使いまわし乃至シングルのカップリング。コンピ盤まで持っている人には目新しいものではないようだ。残念ながら、お蔵入りした幻のヴァージョンなど*1というものはなかった。『結晶』の「Million」のヴァージョン名が不明なだけに期待が持てるが、『Wild Life』で既出の「UFOリミックス」のような気がする。

(追記:「ミリオン…」は田島によるミックスで、アナログ盤からものもだった。http://originallove.g.hatena.ne.jp/keyillusion/20070919/p1 を参照。)

しかし、「紙ジャケ」はCD世代のORIGINAL LOVEにとっては初めてのお目見えだし、なにしろ田島本人の監修によるリマスターなので、マニアにはやっぱり見過ごすことのできない再発ではある。

*1:そんなのあるかしらんが。