Hatena::Grouporiginallove
トップ 最新の日記 ユーザー登録 ログイン ヘルプ

バベルの塔または火星での生活 このページをアンテナに追加 RSSフィード



[INFO]:情報 [LIVE]:ライヴ [RADIO]:ラジオ出演 [TV]:テレビ出演 [MAGAZINE]:雑誌掲載 [WEB]:Web掲載


オリジナル・ラブに特化したブログです。最新情報から個人的な雑感まで。
最近の情報は[INFO]をご覧ください。[INFO]の日付は、1次情報の出た日付としています。
情報の内容に関しては良心に基づき正確を期しますが、一切の保証はいたしかねます。各自での再確認を切にお願いいたします。

2010年1月12日より、ID変更に伴いURLが変わりました。旧ブログは、移行作業が完了次第削除します。permalinkを使っている方にはリンク切れとなってしまいますが、ご了承ください。

2007/01/23(火)

「東京 飛行」感想 その3~「微妙なあたりの曲」たちについて

| 「東京 飛行」感想 その3~「微妙なあたりの曲」たちについて - バベルの塔または火星での生活 を含むブックマーク 「東京 飛行」感想 その3~「微妙なあたりの曲」たちについて - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

d:id:rararapocari:20070123:OLと、たしかに内容が被りつつありそうなので、横目で見つつも、印象を忘れぬうちに急いで残しておく。

東京 飛行

ジェンダー

絶対にキライなはずがない曲なのだが、なんだか煮え切らなかった曲。

イントロの時点では、「1曲目」が来たと思った。これほど「1曲目らしい1曲目」の重量感のあるイントロは、自分の中では「ティラノサウルス」以来だった。「Wedding of the Housefly」~「築地オーライ」まではといえば、どちらかというと軽さを感じていて、本題前の前奏という感じに思っていたからだ。

まさにローリング・ストーンズの「Dancing with Mr. D.」的な理想的なイントロ。このリフがどのように展開していくのだろうとワクワクしながら、聴き進めていった。

しかし聴き終わってみれば、どうにも盛り上がり切れずに取り残された自分がいた。それはひとえに、あのサビ。「ジェジェジェジェンダー」と、タイトルそのまんまの歌詞と、工夫のないメロディ。これじゃまるで、友達とバンドを結成したての高校生が作ったみたいな曲。これでワクワク感がすべてぶち壊れてしまった。「ヘイヘイヘイヘイ!」というシャウトも、いっそう虚しく響くばかり。

最初の感想で、この曲は「10年前にも書けた曲」と書いたことについても触れておく。プライマル・スクリームや90年代U2のダンサブルさに、ブルース・エクスプロージョンのようなブルージーさ。田島なら間違いなく、1996年の時点でこの曲を書くことができたろう。

と、ここまで自信たっぷりに書くのは、『RAINBOW RACE』の後、『DESIRE』の1曲目として自分の頭の中によぎっていた曲が、まさにこのような曲だったからだ。もちろん実際には、田島がそんなこちらの思惑通りの曲を書くわけがなく、そしてその後もずっとそのはずだった…が、10年経った今、本当に形になって出てきてしまった。しかしそれは、喜びよりも悲しみの方が大きい。「変身」という田島の本質に惚れこんだ今となっては、「予想の範疇」のサウンドなんて、単なるお茶濁しにしか思えないからだ。

「Dancing with Mr. D.」についての捕捉

こちらなどで試聴できますが、イントロから聴けるものは見つけられませんでした。途中から聴くと、それほど似ているとは思えないかもしれません。なお、『山羊の頭のスープ』はストーンズの中ではマイナー扱いなアルバムなのですが、実際には素晴らしいアルバムですので、1曲といわず全曲聴いてください。「アンジー」も入っているし(ま、それはどうでもいいけど)。ちなみに「Mr.D」とは、『L』3曲目と同一人物のことです。

山羊の頭のスープ

オセロ

この曲に関しては、rararapocariさんのこの素晴らしい予想に中てられた。

d:id:rararapocari:20061124:othe

この文章に触発されて実際に『オセロ』(asin:4042106099)を読んだ。嫉妬に狂い死ぬ英雄の悲劇。それと同じタイトルの曲を、ラヴソングに「開眼」したという田島が書くというのだ。「嫉妬」がテーマのラヴソングなんて、想像するだけでゾクゾクする!…と思いきや、結局「白と黒」の話やんけ(ガッカリ)。

(もちろん、素晴らしい古典を読むキッカケをくださったrararapocariさんには、感謝の念以外なにもありません)

最近はようやくガッカリ感から開放されて、だいぶ平常心で聞けるようになってきた。本当の評価はこれからだ!(少年ジャンプ風)

ところで、田島はときどき、こんな聴いていてこっ恥ずかしくなるようなメロディをさらけ出す。田島は、自分ではジョン・レノンを引き合いに出すことが多いのだが、実はポール・マッカートニー的な音楽家なのではないかと思うのだけど、ビートルマニアの方、どんなもんでしょう?

(「ポールと田島」については、Lindaさんにコメント欄で詳しいフォローを頂きました。勝手な思い込みが強かったことを確認できました。ありがとうございます)

ゲスト



トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/keyillusion/20070123