Hatena::Grouporiginallove
トップ 最新の日記 ユーザー登録 ログイン ヘルプ

バベルの塔または火星での生活 このページをアンテナに追加 RSSフィード



[INFO]:情報 [LIVE]:ライヴ [RADIO]:ラジオ出演 [TV]:テレビ出演 [MAGAZINE]:雑誌掲載 [WEB]:Web掲載


オリジナル・ラブに特化したブログです。最新情報から個人的な雑感まで。
最近の情報は[INFO]をご覧ください。[INFO]の日付は、1次情報の出た日付としています。
情報の内容に関しては良心に基づき正確を期しますが、一切の保証はいたしかねます。各自での再確認を切にお願いいたします。

2010年1月12日より、ID変更に伴いURLが変わりました。旧ブログは、移行作業が完了次第削除します。permalinkを使っている方にはリンク切れとなってしまいますが、ご了承ください。

2009/07/03(金)

『東京 飛行』にアンチはそんなに多くない

| 『東京 飛行』にアンチはそんなに多くない - バベルの塔または火星での生活 を含むブックマーク 『東京 飛行』にアンチはそんなに多くない - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

旧知の縁があるhiroumiさんが、拙ブログについて取り上げてくれた。(サイト移転に気づいたのはこちらも最近なので、お互い様なのです)

その中にアルバム『東京 飛行』への言及があったのだが、
筆者さんおよび、その記事についたコメントから、
このアルバムが意外に不評だということに驚いてしまった。

オリジナル・ラヴ『東京 飛行』にアンチが多くて驚いた件::トーキョーオンガクサイト

ほぼネット上のみで長い付き合いがあるので、hiroumiさんの「口調」はよく知っている。だから、ここで「アンチ」と書かれていても、決してネガティヴな意味で書かれていないのはわかっている。純粋に好きか嫌いかの話だけだ。

たしかに自分は、『東京 飛行』については「アンチ」な意見を持っている。そしてたぶん、最新のエントリでのやりとりが、たまたまアンチな方向での(それでもだいぶ前向きな結論での)やりとりだったので、hiroumiさんは上のように感じたのだろう。

だけれども、そんなにネガティヴなのって俺だけ、ですよ。たぶん。

リリース直後の感想は絶賛の雨アラレだったし、その後も、ここ以外でアンチな意見にお目にかかったことがない(某巨大掲示板を除いて)。

というよりは、実際はこういうことだろう。リリースから時間が経っている今、改めて『東京 飛行』について再評価している人がほとんどいない。その一方で、自分だけがリリース後2年半に渡ってネチネチとこのアルバムについて語っている。だからアンチだけが「多く」見えてしまうのだろう。

しかし、こんなにネチネチしてしまっているのは、ひとえに田島のせいだ(笑)。つまり、新作のリリースが2年半もないせいだ。もし新作が短いスパンで出たならば、きっとこのアルバムは、hiroumiさんの言うように上手に「スルー」できたことだろう。

目下このアルバムへの評価は、「ものすごく暗い悲しい作品」というものなのだが、その暗いトーンがイヤなのではなくて、暗い気持ちのままで放っておかれているあたりが耐えられないのだ。ライヴでもわかるように、田島の音楽の本質は、「生きる喜び」の音楽化にあるように思っているので。

hiroumiさんに一つだけ「反論」があるのだが、それは、

俺にとってその音楽が好きか嫌いかは体で感じればいいと思っている。

というところ。これは自分も同じ考えだ。音楽には体感がまずありきで、頭で考えるのは2次的なこと。ただし、考えることは嫌いではないし、しかもここはブログなので、どうしてもその「考え」だけが前面に出てしまう、というだけである。(まぁ、わかってくださっているとは思うが)


ところで、ここまで読んでくださったアナタ*1にお願いがあるのだが、『東京 飛行』が素晴らしい!と思っている方は、ぜひ下に肯定的なコメントを残していっていただきたい。一言でも結構。このままでは、あなたの大事なアルバムが誤解されたままになってしまうので。

***

あとは反論、ではなくて、自分と違う感じ方をしているのが面白いので、コメント返しです。

さらに驚いたのは、皆さん結構歌詞とかもじっくり読んでいるんだなと。

東京 飛行』の一番いいところは歌詞じゃないですかね。歌詞以外に見る所がない…と書いたら言いすぎになりますか(笑)。少なくとも、あくまで個人的な印象ですが、歌詞と音楽のクオリティとがチグハグな感じがします。歌詞がメロディからはみ出している部分が多いのも気になります。

俺は『街男街女』は好きじゃないし、『キングスロード』は無かったことにしたい。

街男 街女』の「鍵、イリュージョン」は、田島の音楽家としての一つの集大成だと思います。アルバム全体も、それを支えているように思います。そして『キングスロード』は、B面だけならば(笑)充実した傑作だと思います。

*1:ツアーのおかげで最近のアクセス数は普段の数倍である。

ゲスト



トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/keyillusion/20090703