Hatena::Grouporiginallove
トップ 最新の日記 ユーザー登録 ログイン ヘルプ

バベルの塔または火星での生活 このページをアンテナに追加 RSSフィード



[INFO]:情報 [LIVE]:ライヴ [RADIO]:ラジオ出演 [TV]:テレビ出演 [MAGAZINE]:雑誌掲載 [WEB]:Web掲載


オリジナル・ラブに特化したブログです。最新情報から個人的な雑感まで。
最近の情報は[INFO]をご覧ください。[INFO]の日付は、1次情報の出た日付としています。
情報の内容に関しては良心に基づき正確を期しますが、一切の保証はいたしかねます。各自での再確認を切にお願いいたします。

2010年1月12日より、ID変更に伴いURLが変わりました。旧ブログは、移行作業が完了次第削除します。permalinkを使っている方にはリンク切れとなってしまいますが、ご了承ください。

2009/11/18(水)

田島貴男参加 ピーター・ゴールウェイ 『TOKYO SESSIONS 1989 / Live & More』 初音源化!

| 田島貴男参加 ピーター・ゴールウェイ 『TOKYO SESSIONS 1989 / Live & More』 初音源化! - バベルの塔または火星での生活 を含むブックマーク 田島貴男参加 ピーター・ゴールウェイ 『TOKYO SESSIONS 1989 / Live & More』 初音源化! - バベルの塔または火星での生活 のブックマークコメント

久々にMixi見てたら、知った情報。

PETER GALLWAY TOKYO SESSIONS 1989

PETER GALLWAY TOKYO SESSIONS 1989

1989年夏、元フィフス・アヴェニューバンドのマレイ・ウェインストックを伴い来日した際、FM東京(現TOKYO-FM)のレコーディングスタジオに於いて、行なわれたセッション音源。

(略)

ギターに佐橋佳幸、ベースに湯川トーベン、ドラムに野口明彦、キーボードに中山努、コーラスは鈴木祥子、ブレッド&バター、田島貴男(オリジナル・ラヴ)と豪華メンバーが揃った。当時のマルチ・マスターをバンマスであった佐橋佳幸氏の手により完全リミックス。

こうして引用で済ませているということは、要は寡聞にして、この盤についてまったく知らなかったということ。へー、田島そんなことやってたんだ…。'89年ということは、『女王陛下のピチカート・ファイヴ』のころだね。

「ピーター・ゴールウェイ」という名前も初耳で、プロフィールを遡ってみても、辛うじて「オハイオ・ノックス」の名前を聞いたことがあるくらい*1。この周辺、情けないことに、突っ込まれるとぜんぜん知らないんだよなぁ…*2Napsterにもぜんぜんないし。

http://opknox.exblog.jp/11592568/ によれば(関係者のブログ?)、田島はバック・ヴォーカルとして参加している模様。

他にもこの盤についていろいろ詳細を知っている方がいたら、教えてください。もちろん、買って確かめますけど。

ベースの湯川トーベン氏ご自身のブログ発見
http://blog.livedoor.jp/kazekozo_blog/archives/51360735.html

[2009.12.22追記]

ディスクユニオンのページに詳細アリ(串さんありがとうございます)。

http://diskunion.net/jazz/ct/detail/0413RK12787

DVDは89年のツアーのライヴで、セッションメンバーとは別。

[2010.1.6追記]

CDジャーナルの記事

http://www.cdjournal.com/main/news/peter-gallway/28369




後は自分のために、参考ディスクを並べときます。

*1:むろんOhio Playersと間違えているのではない(笑)。もちろんハノイ・ロックスとも…

*2:実は未だに山下達郎をほとんど聴いていない。

ゲスト



トラックバック - http://originallove.g.hatena.ne.jp/keyillusion/20091118